FC2ブログ

LIVIN' IN THE FUTURE

読者の皆様、こんにちわ。週末は如何お過ごしでしたか!?いやあ、それにしても暑かったですよね…。大分の日田、ここは盆地なんですが、土曜日だったかな、39℃だったそうで、もうね~、赤道直下、亜熱帯ですよ。熱中症で倒れる老若男女の方々も増えている様で、皆様、本当にお水をまめに飲んで下さいね。ところで僕、野球好きなんですが、アメリカの大リーグも時折見ます。あちらは時差や温度差や高低差が甚だしく、全米各地を、年間160試合以上のハイ・ペースで廻りますから、体調管理には、日本よりも一日の長がある様に思います。夏場のテキサスやフロリダでは、夜になっても猛暑ですから、プレイヤー達は試合後、12℃の水風呂に15分浸かるんですって。これでクール・ダウン完了、疲れもすっかり取れる由、僕、一度試してみて、成果を皆様にご報告しようかな!?尤も、酷い風邪を引いて、起き上がれなかったりして…。

これだけの猛暑、熱帯夜が続いている訳で、恐らく日本中でエアコンを使っていると思うんですよね。僕、絶対におかしいと思いますのは、特に今年は電力の消費量が凄い筈なんです。ところが、東京から関西から中部から、各電力会社の消費量って、使える電気の90㌫を超えていないんですって。中部電力かな、名古屋方面で、たった1日だけ、95㌫近くまで行ったそうです。だったらね、原発いらないじゃん!そしてね、僕、毎朝愛犬を散歩していまして、住宅街や神社仏閣の廻りを歩いたりしています。見るともなく、色んなお宅が目に入るんですが、皆さん、屋根に太陽光発電を付けてらっしゃるお家が多いんですよ。家々の屋根に付く太陽光発電、これをアベの馬鹿にも見せてやりたいんですが、あの福島の事故や地震を、日本国民皆が忘れる筈も無く、やはり安全な電力を欲しているんだと思いますよ。まだこれがね、何をやってもどうしても電力が足りないんだ、と言うならば、原発推進派の意見も聞いてみようかな、と思いますけれど、電気が足りているならば、あんな危険な物、使う必要なんて無いでしょ。それなのに、鹿児島の川内原発は今日にも再稼働だそうで、あのねえ、アベ君、君、電力会社やマスコミから、色々裏金貰ってるんじゃないの!?そのマスコミもね、数年前は頻りと、「このままでは電力が足りなくなって、日本経済が大変な事になる!」と大騒ぎしてましたが、大山鳴動して鼠一匹、かえって原発は不要、という証明になりました。今じゃあ口を拭って涼しい顔、何にも言わないですもんね、だからマスコミは信用出来ないんです。ところで僕、今月末、都内出張が決まってるんです。2日間の講習の後、国会議事堂のデモに参加して来ますから、拙ブログでその体験レポートをしますので、どうぞご期待下さい。

閑話休題、僕、非常に危惧している事があるんです。それはね、今、全国各地で、様々な立場の人々が立ち上がり、反安倍のデモを行っているじゃありませんか。それは、学生さん達だったり、普通の主婦だったり、また、それを学者達が支援していますよね。芸能界や漫画界、宗教界や法曹界でも、安倍のやり方はおかしいんじゃないか、と公言する人々が増えて来ました。ダウン・タウンの松ちゃん、長淵剛、坂本龍一らを筆頭に、本当に多くの人達が勇気ある発言をしています。アベや警察、マスコミの皆さんは、「俺達に反対する連中は皆左翼だ」、そう完全に取り違えてませんか?もうね、そんなカビの生えた古臭いレッテル張りは止めましょうよ。僕、数年前の国会議事堂のデモに参加した時、確かあの時、3時間ぐらいは現地に居てじっと観察していたんですが、政治や政党の匂いなんてちっとも無かったですよ。もっともっと純粋でプリミティブな衝動と言いますか、「アベの言ってる事はおかしいんじゃないか」「原発は危険だろう」「デモをして自分達の意見を訴えよう」という人達の集団でありまして、それを、「過激派だ!共産党だ!」と無理矢理に過剰に捉えているのは、現政権の人達じゃないかしらん。時代は変わって行くんですから、その状況の変化、人の心変わりを知らずして、政治が出来るのかなあ!?こういうのを所謂野暮天と言いますし、間違い無くストーカーとかになるタイプですよ。相手が明らかに避けているのに、「もしかして国民はまだ僕の事を好きなのかも…」って、いやいや、そりゃ違うでしょ。もうねえ、嫌になったら一緒の空間に居るのも駄目でしょ、男心も 女心も 秋の空、ってなもんですよ。アベもいい加減諦めたら良いのにね。大体ね、アベ達の分類では、僕なんてゴリゴリの左翼になるのかもしれませんが、どちらかというと、右翼に近い方だと思うんですけど…。生家では、祝日に国旗を掲揚していましたし、僕自身も、天皇皇后両陛下を心から敬愛しています。ただ僕は、偏った思想は苦手でして、右翼も左翼も大嫌い、正論が通る、真っ当な世の中になって欲しい、それだけです!!

さて僕、毎週土曜日か日曜日の朝には、大分の大きな書店の1つ、ジュンク堂に行って、本を探すのが常なんです。一週間で最もリラックスした、謂わば至福の時でありまして、誰にも邪魔されない、その時間を楽しんでいます。さて、敗戦の日が近付き、これ、毎年の事なのですけれど、この時期になりますと、フェアとして、戦争関連の本が沢山並ぶんですね。僕、人間のする事全てに興味がありますから、無論、戦争の本も手に取りますし、実際に沢山読んでいます。近年、頓に感じますのは、数多くの戦争についいて書いた書がありますけれど、歴史を修正したいのかな、という事なんです。

従来の考えですと、「横暴かつ無知な日本陸軍が、我が国をミス・リードし、渋る海軍を道連れに、戦争を始め、大敗を招いた」という物なんですね。ところが最近は、「戦略さえ間違っていなければ、戦には勝てる筈だった。陸軍は悪くないし、国民も戦を望んでいた。日本海軍の戦略ミスが、大敗を招いた」という按配でして、かなりの変化を見せているんですね。うう~ん、僕、太平洋戦争関連の本は、段ボール10箱以上は読んだ積もりなんですが、どう考えても、陸軍の夜郎自大さが、最大の敗因と思うんですけどね…。まずね、「日本陸軍が難癖をつけて中国大陸に攻め入った事で、欧米諸国の大反発を招いた」というのは、どの歴史家も大前提にしている筈なんですよ。そして、これは流石に否定出来ないと思うんですが、笑ってしまうのは、中国大陸の中には勿論海がありませんから、海軍は戦争したくても出来ないんですよね。でも、盛んに歴史を修正しようとする動きがある様ですし、危険な気がします。

僕が最も怖く感じますのは、そういう動きって、暴力的なクーデターに結び付きやすい事なんです。かって、三島由紀夫が自衛隊基地に乗り込んで割腹自殺を遂げた事件がありましたが、あれは、かなり思想的なと言いますか、実際に決起するという感じでは無かった様に思います。ところが、その数年前、三無(さんゆう)事件、というクーデター未遂の大事件がありました。それは昭和36年の事でありまして、当時は日米安保を巡って国内が大混乱、首相だった岸総理は責任を取って辞任したんですね。アベのお爺さんが、その岸ですけれど、安保反対--僕、この運動は、反米であり、反自民党の動きだった様に思えてなりません。--を訴え、何万人もの人々が国会を取り巻いた訳です。さて、それを、「共産主義が台頭している」として猛反発したのは、三無と銘打った運動をしていたメンバーでして、彼らは銃や日本刀で武装し、国会を占拠、自分達で新政権樹立を目指したんですね。その直前で、主要メンバー34人が一斉に逮捕され、事無きを得ました。ただ、この事件、分かっていない事や闇の部分が多過ぎて、何とも言えないんです。主要メンバーは旧陸軍関係者であり、現役の国会議員や自衛官も多数関与していたとの噂が根強くありまして、でも真相は闇の中、という次第です。本件に関しては、それを記した資料も少なく、何とも言えませんが、当時と現在と、状況が非常に似ている事だけは確かでしょう。国会をデモ隊が取り巻き、首相は岸の血脈であり、根っこには反米がある、となりますと、第二の三無事件が起こらないとも限りませんよね!?

何はともあれ、オウムの様な宗教同様、特定の思想にかぶれたり、人様にレッテルを張って判断するって本当に怖いもの、どうかこの日本で、暴力的なクーデターなぞ、金輪際起きません様に…。平和裏に、愛情を持って、1つ1つやって行くのが一番ですし、僕、どんなに荒れ果て、汚染された土地でも、其処が生まれた国ならば、決して諦めません。読者諸賢の皆様方、そう思いませんか!?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR