FC2ブログ

ろくでなしBLUES

ホントね、日本人全体が幼児化してるんじゃないかなァ。非常に selfish と言いますか、我儘で自己本位な人が非常に増えている様に感じます。精神科的な用語で言うと、「防衛」という言葉らしいんですが、自らを守る為に平気で嘘を付くんですって。悪質なのは、自分にはその嘘を付いた意識が全く無く、何も気付いていない由、こりゃあ困った人達であります。自分を守る為とは言え、しかし、そりゃ性質が悪いなあ…。自己完結してしまっている人、空気の読めない人、自分の利害にしか興味の無い人、ただひたすらに流される人、余裕の無い人、意図的に論旨をずらす人、まァ色々と居ますけれど、そんなのね、具眼の士が居れば一目瞭然、直ぐに分かってしまうんですけどね、自分はバレていないと思ってるんですから、お目出度い限りではあります。でもね、廻りは堪ったもんじゃありませんから、自分自身の努力で、何とか気付いて欲しいな~。これは推測ですけれど、自分を客観視出来ない上に、耳に痛い事を言ってくれる親しい人も居ないんでしょう。だから、負のスパイラルをひたすらに墜ちて行くんでしょうか。おっと、若輩者で未熟者の僕なのに、少々言葉が過ぎました。妄言多謝、お耳を汚して恐縮ですし、大変失礼致しました。

この我儘さ、自己本位さ、これを最も感じますのが、現在の自民党の面々です。我が大分選挙区の参議、磯崎氏は、安全保障関連法案に対し、「法的安定性は関係無い」と発言しました。そして、武藤貴也衆議院議員が、デモを行っている学生さん達に対し、「自分中心、極端な利己的な考え」とツイッターで非難しました。先ず、磯崎に対してですが、アンタね、国会議員は立法府に属する訳で、法律を造る立場にある訳でしょ。それが、法律は関係無いとか言い出したら、自分の存在すら否定している訳です。そしてね、国民主権、法治国家において、法律を軽視したらもうお終い、ファシズムも独裁も何でもアリでして、コイツ、生まれながらの本当の馬鹿です。武藤に関してですが、お前が「自己中心、極端な利己的な考え」じゃないの!?少しでも自分と違う考えは排除するだなんて、幼稚かつ危険極まりない発想と思います。僕ね、思うんですが、人の気持ちになって考えて、ってよく言われます。でもこれね、その人の器、感性、ライフスタイル、性格がありますから、容易じゃないんですよね。それが出来る様になるには、酸いも甘いも噛み分けた、人生経験豊富な、真の大人じゃないと難しいと思います。

話は変わるんですが、僕、親戚に占い師がいまして、もう亡くなられたんですが、その人に、随分熱心に、人相や姓名判断を教えて貰いました。確かに面白く、良く当たりますし、自分なりに研究もしました。そして、仕事のキャリアを積むに従って、沢山の方と会いましたから、より人を見る目は磨かれたとは思います。でもね、人相にせよ手相にせよ、四柱推命に星座、血液型に動物占い、どれも面白いんですが、僕、ちっとも信用しておりません。と言いますのは、僕、動物占いではペガサス、星座では射手座なんですね。「自由奔放」「小さい事は気にしない」「束縛されるのを嫌う」、うん、確かに僕の性格はそうですし、しっかり当たっています。でもね、では何故、ペガサスであり射手座ならそういう性格になるのか、その因果関係を立証出来ないですよね。これ、全ての占いがそうでしょう。依って、全幅の信頼がおけないんです。ただ、僕の占い師?としてのキャリアから言いますと、先の自民党議員の2人、顔に全く節が無いと言うのかな、屈折や苦労、艱難に辛苦をちっとも感じさせない、老成や円熟といった気配の無い、のっぺりとした、とっちゃん坊やの面なんですね。ご両人のキャリアを調べた処、案の定、磯崎は官僚上がり、武藤は政策スタッフから政治家、でありまして、共に実社会での経験が皆無なんです。政治家ならば、大所高所から判断すべき時も勿論あるでしょう。ただそれは、様々な世界の人々の暮らしや考えを知った上の事です。そして、時には弱者の立場にも立たねばならない訳で、現場も知らずに、上からの物言いでは、こりゃ只の机上の空論、偏った観念論になりませんかね。俗に、鳥の目、虫の目、魚の目、と言います。鳥の目で全体を俯瞰し、虫の目で細かな部分を見て、魚の目で世の中の流れを把握する訳でしょ。これが出来る人こそが政治家になるべきでして、先のご両人は、その感性が全く無さげでありまして、1つの観点でしか物事を判断出来ない、それじゃあ妖怪の一つ目小僧ですよ。こんな上司が職場に居たら堪らないでしょうね、自分と異なる意見は小理屈や嘘を捏ね廻し全て黙殺、抹消しそうですもん…。

こういう輩がもっと権力を握るとどうなるか、得てしてこういう連中、密かに自分のやっている事はおかしいと分かっていますから、国民を監視する方向に行ってしまうんですよね。小せえ下らない奴らですよ!先週末のNHKニュースで、「アメリカの情報機関--恐らくCIAでしょう--が、日本政府や企業を相手に盗聴を行っていたと、ウィキリークスが発表した」と放送されました。アメリカ側は、「事実確認はしていないが、この問題は日本に影響は与えない。我々と日本との関係は強く、殆どの問題は克服出来る。」と、寝言をほざいていました。あのねえ、勝手に人様の会話を盗聴しといて、問題は克服出来るって、盗人猛々しいとはこの事ですよ。これ、日本がアメリカ政府や企業を盗聴していたら、滅茶苦茶怒りそうですし、自分がやられて嫌な事はするな、って、学校で習わなかったのかな!?さて、このアメリカ、世界中の会話を盗聴していたのは記憶に新しい処ですが、これね、インディアンにも黒人にもヒスパニックにもやってるんだと思いますよ~。そして、日本においても、2000年に通信傍受法が成立しておりまして、もう万を超す電話が盗聴されています。その数なんと9万件近く、でも、そのうち9割は事件に関係無かったんですって。ペーパー・テストだけ出来る奴に、国の舵取りを任せていては、僕、大変な事になると思います。国民皆でチェックしないといけませんよね!

閑話休題、今夏の甲子園大会、僕の注目校は、大阪代表の大阪偕星学園なんです。大阪と言えば、最近は全国制覇5回の、大阪桐蔭校の独り勝ち状態なんですね。ところが、先の偕星学園が大金星で大阪桐蔭を撃破、見事代表の座を掴みました。この偕星学園、まるで大ヒット漫画ルーキーズの様でして、監督から選手から皆、かってトラブルや挫折を経験したメンバーばかりなんですって。エースの光田君は一度は野球を諦め、キャプテンの田端君は何処も行く高校が無く、ドラフト候補の姫野君も強豪校からの転校生です。それを率いる山本監督は、或る事件に巻き込まれ無罪になったものの、前の学校を解雇されています。その山本監督が、道を外しかけた子供達を、先ずは挨拶から丁寧に指導、毎日の睡眠は2時間、常に寝食を共にし、生徒達のお弁当まで作り、そして甲子園出場を勝ち取ったんです。監督のモットーは、「全ての根本は愛です」との由、こりゃね、応援せざるにいられませんよね。今年の甲子園は100回大会でもあり、始球式は世界の王選手、そしてスーパー・ルーキーの清宮君も登場、地元大阪からはこの人情味に溢れた初出場の偕星学園でしょ。お客さん、滅茶苦茶入るだろうな~。ところで、先の自民党の馬鹿2人より、僕、山本監督の方が、余程人の気持ちが分かる方だと思うなあ!?
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する