FC2ブログ

軽薄なジャーナリスト ~>゜)~~~

は~、それにしても毎日暑いですねえ…。顔かくし 行過ぎたりし 日傘かな、これは虚子の句ですけれど、さっきちょっとだけ外に出まして、冷たい飲み物を買って来たのですが、それだけでもう汗びっしょりでして、営業の方は、皆さん連日ご苦労様です。廻りを見廻しても、夏バテ気味の方が多いですし、そうですねえ、暑気払いで皆でビアガーデンでも行こうかな。でも、屋上で呑むスタイルですと、照り返しもありますし、ビールは直ぐに温かくなってしまい、僕はビヤホールの方が良いなあ。それはさておき、最近僕は雲丹の瓶詰が無性に食べたくなりまして、手頃な大きさと値段の物を購入、それをご飯のおかずにしています。まァ、雲丹はビタミンが豊富に含まれていますから、疲労回復には持って来いかもしれませんね、きっと身体が欲しているのでしょう。この雲丹、何と遥か古代ローマの時代から食べられているそうです。噴火で壊滅したポンペイの都から、雲丹の殻が沢山出土したそうですから、きっと古代の民も、喜んで食べていたに違いありません。さて、その古代ローマ、一体全体何を食べていたのか気になり、その手の本を沢山読んだ事があるんですね。やはりと言うか案の定、地中海に面している上にイタリアの人達ですから皆さん大変な食いしん坊、結構美味しそうなんですよ~。

主な調味料はガルムと言われる魚醤ですから、日本の東北地方の名物、しょっつると同じであります。ローマは世界初の大帝国ですから、百種類以上の香辛料もあり、蜂蜜入りのワインをアルプスの雪で冷やして飲んでいたそうですよ。ありとあらゆるジビエがあり、新鮮な海鮮も豊富で養殖も行い、温暖な地域ですから果物もふんだん、原始的なパンもあったそうですし、農薬も放射能汚染も遺伝子組み換えも無い、平成の現代よりも余程豊かな食生活の様に思います。尤もね、縄文時代の日本においても、今の東京都の北区に中里遺跡があるんですが、此処は大規模な貝塚でして、どうやら古代の水産加工場だったそうです。牡蠣と蛤ばかり、長さ1㌔に渡ってその貝殻が大量に出土した由、どうも、縄文人も牡蠣の養殖をしていた可能性が高い様ですねえ。話は現代に戻って、今の時分なら、夏バテ防止に、佐伯産の岩牡蠣を生でチュルッといきたいですねえ、キンキンに冷えた純米大吟醸と一緒に、だなんて堪りません!!

閑話休題、先週末から、様々な業種の方がお客様でお見えになり、色々と興味深い話を聞く事が出来ました。何かね、物悲しくなったんですが、どの職種でも、男性のレベルが下がっているんですって。或る会社では、ここ十数年ずっと、優秀な社員のTOP10はずうっと女性が占めているとか。今日見えたのは、二十年近い付き合いがある、Mさんという、とっても愉快な方だったんですが、彼は中々競馬に詳しいんですね。彼が言うには、「種馬ってあるじゃないですか。あれも、不思議な事に、年を取ると雄を産ませられなくなるんですよ。死ぬ前に、凄く強い牝馬を産ませて、あの世に行きますわ~。」、ですって。彼の属する業界でも、女性優位である事は間違い無いらしく、「日本男児はもう滅ぶんじゃないですかね。」という事でした。それとね、これは又違う職種ですけれど、其処の会社は、新入社員向けの小冊子を造る由なんですね。其処には、様々な事が、逐一箇条書きされているそうです。1、あなたが残業となり、その夜は上司にご飯をご馳走になりました。その翌朝、出社してまず、「昨日はご馳走様でした。ありがとうございました。」と挨拶しましょう。、といった塩梅で、10ページぐらいびっしりと、微に入り細に入り、懇切丁寧に書かれてるんですって。それって、親の躾が足りなかったのか、部活動の経験が皆無なのか、ゆとり教育の所為なのか、ホント、この国の将来が不安になりますよね…。かって、歌手の美輪明広さんが、「昔の日本人は容姿の差がありました。でも、今の日本人は、容姿は平均的になったけれど、知性の差が甚だしい。」と嘆いておられましたが、これ、徒や疎かには聞けません。勿論、僕を含めてですが、日本男児の皆さん、共に頑張りましょうね!

さて、これはどうしても書いておきたかったんです。話題はいきなり変わりますが、早稲田実業の1年生スラッガー、清宮君、中々やりますねえ。つい数か月前まで中学生だったのに、いきなり名門早稲田の3番を打ち、予選では打率5割ですか。お父さんはラグビー日本代表、恵まれた体躯でスター性も充分、将にサラブレッドと思いますし、0-5をひっくり返しての甲子園出場、お客さんも連日3万人を集めるんですから、久方振りに表れた麒麟児であり、スーパー・ルーキーでありましょう。僕、勿論、彼の大成を心から願う者なんですが、現時点では、ポテンシャルに溢れた優秀な選手ではありますが、かっての清原、松井、中田、といった強打者の迫力は感じません。バット・スイングも速いんですが、かっての松井の様な圧倒的な凄味と迫力、長打力はまだまだかなあ。松井なぞ、高校生なのにまるでオッサン、既に役職者の様な風格がありましたもん。清宮君は、長距離打者と言うより、巧打者って感じなんですよね。でもまあ、お父さんも超一流のアスリートですし、未だ1年生ですもんね。これで体重を一旦落とし、筋力を付けて増量すれば、将来が楽しみな存在となるでしょう。

閑話休題、清宮君や、反安倍でデモを行う若者を見ていますと、日本男児もまだまだ大丈夫、と何だか心強くなりますが、僕、ここで問いたいのは、今の日本を動かしている諸先輩方です。あのね~、誰もあんまり言わないから僕が書いちゃいますよ。天に代わってお仕置きよ!って古過ぎますか…。さて、僕がお仕置きをしたいのは、先ずはフジテレビです。このTV局、数年前まで、節電だと大騒ぎ、原発が無ければ電力が足りなくなり、日本は大変な事になる、と頻りにニュースを流していました。ところがね、「27時間テレビ」と銘打って、愚にも付かない下らない放送を垂れ流してるじゃありませんか。視聴率も大した事が無かった様で、それこそ節電をして、こんな詰まらない放送は止めちゃえば!?大体、今は節電しておらず、原発も止めているのに、27時間放送出来るんですから、電力は足りているんじゃありませんか?

そしてね、大新聞はあんまり記事にしたくない様ですが、東芝の粉飾決算の問題です。これ、かなり悪質な様で、何人か関係者がお縄になるでしょう。本来ならば、上場廃止は間違いありません。明記しますが、この問題の本質もまた、原発でしょ。東芝が原発事業に力を入れ、過大な投資をした挙句、福島の忌まわしい事故が起こり、新たな原発は造れず、結果大赤字となり、決算を大きく誤魔化した、という極めてシンプルな図式が実情と思います。でも、これを言ってくれるメディアが殆ど無いんですよね。だから僕が書いちゃうんですが、これにしたって、マスコミ内部の心ある人は皆、熟知している筈ですよ。「新聞は社会の木鐸である」、この木鐸とは、世の中の人を指導する、という意味でして、随分上から目線で偉そうな事を言ってますが、本当の事を決して書かず、政府のデマゴギー、プロパガンダ、偏向報道を繰り返すんですもん。新聞やTVこそ、百害あって一利なし、最早獅子身中の虫、ゴキブリやゲジゲジやムカデの様な、単なる害虫ですよ。僕が劣等生だったから、余計そう感じるのかもしれませんが、学校の先生の様なエラそうな話し方、上から目線の奴って、大体においてフェイク、偽善者でしょ。故忌野清志郎、僕の永遠のアイドルの一人ですけれど、彼が率いるRCサクセションのライブ・アルバム、「コブラの悩み」で、この東芝を20年以上前に揶揄していました。では、最後にその一節を。

♪ はめられて消されたくはない 好きな歌を唄って 色んなところに行って 見てきたものを唄うだけさ 頭のいかれた奴らが 世の中を動かして この俺の見る夢を 力で押さえつける 日はまたのぼるだろう 東の芝にも いつの日か いつの日か 自由に歌えるさ ♪

よおし、昨日はお昼が食べられませんでしたが、今日は長い1日ですし、これからダッシュで食堂に行って来ます!皆さんも、ご飯と水分をしっかり取られて、熱中症にはお気を付け下さいね~。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR