FC2ブログ

♢♦♢ BREAKFAST AT TIFFANY’S ♦♢♦

さっき、朝日新聞を読んでいて吃驚したんですが、『東大総長が「朝食を食べて」と挨拶する時代』という記事がありました。総長曰く、「規則正しい生活をする秘訣をお教えしましょう。まず、朝、きちんと起きて朝食を摂りましょう。そして授業に出席しましょう。」ですって。…。……。………。僕、どうなってんだこの国は、と思いまして、他の新聞やネット等で早速調べてみたんですが、東大は勿論の事、慶應早稲田立命館、福大駒沢大阪芸大、この100円朝食を実施する大学が、全国各地津々浦々で、どんどん増えている由でした。いやね、そりゃあ、イングランド・スタイルのフル・ブレックファスト、ベーコン・エッグにブラッド・ソーセージ、ポリッジと呼ばれるお粥、スコーンとトーストとオート・ミール、トマトとマッシュルームのソテーとビーンズ、そして僕の大好きなキッパード・ヘリング--鰊の燻製ですね--にシリアル、そしてフレッシュな果物とミルク・ティー、こんな豪華な朝餉を摂れとは申しません。何だか猛烈に食べたくなって来ましたけれど、温泉旅館で一泊、美女と共に朝湯を浴びて寝汗を流し、お部屋に戻ったとしましょうか。今朝獲れたばかりの烏賊刺し、湯葉刺しに湯豆腐、関鯵の開きか城下鰈の一夜干し、ほうれん草のおひたし、温泉卵、地鶏と根菜の煮物、味噌汁、お釜で炊いてお櫃によそった新米、糠漬け、焼海苔、梅干。これだけ揃えば、思わず朝から麦酒の小瓶の一本でも、そう感じますけれど、ここまでの朝食なんて、必要ありません。丼飯にお味噌汁、納豆に卵に香の物、強いて言えば焼海苔は欲しい処ですが、これだけあれば、もう充分ですよね。

僕、今の大学生については何も知りません。彼らのキャンパス・ライフについては無知ですけれど、親の教えが悪いのか、そういう習慣が無い所為か、いやしくも天下の東大生に向かって、「朝ご飯を食べましょう」だなんて、幼子を諭しているんじゃないんですから、ホントにこの国は大丈夫でしょうか!?そうそう、知り合いの知り合いに聞いた話なんですが、最近のカップルは男性が非常に弱い立場にあるそうで、毎日毎日、ただひたすら女性の愚痴を数時間聞き、自分が生贄となり、八つ当たりの対象になっているとか。「自分が棄てられたらどうしよう、なら言うがままを聞こう」という事らしいんですが、こういう男性、かなりの数だそうですよ!先の朝ご飯なぞ、ある筈も無く、ご飯を所望しても、トーストが出れば良い方らしく、これも聞いた話ですが、残業続きのご主人が疲れて帰って来たら、カップ・ヌードルが1個置いてあっただけ、そういう思いやりが全く無い女性も居るんですね~、くわばらくわばら。そのご主人、「せめてお湯ぐらい沸かせや!」と、キッチンを睨みつけていたそうです…。そんな無礼な女は蹴り上げろ!と言いたくなりますけれど、こういうのに限って、内面の醜さが外面にも出てきちゃうんですよね。きっと、おかちめんこでひょっとこで、悪女で醜女の深情けに違いありません。作家の故池波正太郎先生曰く、「気に入らない食い物が出て来たら、黙ってお膳をひっくり返せ。じゃねえと、一生好きな物も喰えねえぜ。」とおっしゃっていました。草食系男子も悪い人ばかりじゃないんでしょうが、主張すべき事は言うべきじゃないですかねえ…。同じ男性として、ホント情けないですよ。

閑話休題、僕、昨日、阪神タイガースの試合を観ていたんですが、まァ酷いゲームでした。6回を終わり、8-0と大量リードをしていたんですね。この試合はもう勝った、気が緩んだんでしょう。守備の乱れ、首脳陣の油断と楽観、そして打つ手の遅さ、起用した投手の人選ミス、これらが重なり、7回表にロッテ打撃陣が勢いづき、一挙8点を取り、試合は8-8の振り出しに戻ってしまったんですね。延長の末、タイガースが9-8で何とか逃げ切りました。でもねえ、これ、プロのゲームじゃないですよ。チャンスに浮かれ舞い上がり、ピンチに慌てふためく、これでは、勝てる勝負もおかしくなるのは自明の理であります。

まァ、プロ野球ならば、国民の生活に直結する訳ではありませんから、「阪神馬鹿だなァ」と笑って済ませて構いません。ただね、この問題は決して看過出来ません。もう皆様、疾うにご存じでしょうが、年金の事です。外部からのハッカーが、日本年金機構のパソコンに侵入、少なくとも125万件の個人情報が流出した問題です。しかもこれ、担当の天下りの官僚どもは、「まだ広がる可能性がある」と平気で言ってますもんね。これ、海外からの侵入の可能性も大きいらしく、そうなると、被害は千万単位に及ぶ恐れがあるそうです。しかも、このハッキングの事実が判明してから1か月経つのに、何も把握出来ていないそうじゃありませんか。この年金機構の天下りの人達、人としての感情が麻痺し、壊れているとしか思えませんよ…。

そしてね、毎日新聞に出ていましたけれど、福島県大熊町、福島原発1号機から僅か9㌔だそうですが、この地に、第三セクターですから、自治体が主導で、大規模の野菜工場を設立するとか。除染は終わった、という事らしいんですが、以前の拙ブログで書きました様に、福島産の食べ物は、全世界からシャット・アウトされている状態ですよ。でも日本だけが「風評被害だ」「アンダーコントロール出来ている」と怒っていて、これ、諸外国は口には出さねど、「この国は正気か!?」と思っているに違いありません。もう書くのも嫌ですけれど、もう前科1万ぐらいある気がしますが、東電がまたやらかしました。計画よりも随分高い濃度の放射能汚染水が漏れ出したそうですが、この報告を怠っていたそうです。あのね~、病院って非常に厳しい監査が毎年何度かありまして、東電の様に悪質な事をやっていたら、業務停止で倒産ですよ。何故、東電だけは everything is ok なんでしょうか。

ここからは僕だけの仮説でして、外れる事を切に願いますが、日本政府の面々は、もうこの国を再建する心算が無い様な気がしてなりません。破綻するまで滅びるまで、大嘘をついてでも突っ走る、こう思い、自暴自棄になってるんじゃないかしら。安部だけは本当に頭が悪そうですから、脳天気に考えているかもしれませんが…。だってね、ずっとアメリカの植民地状態にされ沖縄ではレイプ等の犯罪が何十年も続き、拉致された自国民はそのまま放置、年金も赤字国債も原発も、何1つまともに処理してないでしょ。そして戦争はしたがるって、もうこりゃ特攻と言いますか、やけくそでしょ!?

とは言っても、総理を始めとする、頭のおかしな妙な輩と、僕らは心中する必要はありません。ここで歴史を紐解きましょう。実はこの国は、割れる可能性が非常に高かったんですね。それは、第二次世界大戦に負けた直後の事です。勝者側の連合国は、ドイツを東西に分けた様に、日本を4つに分割しようとしていました。即ち、北海道・東北はソ連、関東・中部はアメリカ、四国は中国、中国・九州はイングランド、近畿・東京は4か国共同管理、という計画です。ですから、北方領土の問題は、この計画の名残なんですね。さて、アメリカが日本を植民地として独占してしまいましたけれど、もし、先の計画が実現していたら、この国は随分違った歴史を歩んだでしょうね。例えば、僕、親戚が関西や千葉に居ます。イングランド人の僕が、アメリカ人の叔父さんに会いに行く、といった形だったかもしれません。

さて、僕が提案したいのは、現状のこの国のままで良いのか、という人達が1つの自治体に集まり、市長なり県知事を出すんですね。そこで、日本からの分離独立を宣言する、というのはどうでしょうか!?勿論、政治家の汚職や官僚の天下りや、アメリカの干渉や原発が無く、税金も安く--税務署の搾取が無く、役人は必要最小限ですから充分可能です--て、タックス・ヘイブンにすれば、世界の富裕層もこぞって来訪、豊かな国となるでしょう。そして、国が成立するには、住民・土地・政府・外交能力が必要です。これは国際法に認められています。最初の3つはそう大変ではありませんが、最後は少々大変です。でも、アメリカに反発する国々も多いですから、新たな国を承認してくれるんじゃないですかね!?

最後は夢物語となりまして恐縮ですけれど、我が国は、こんな事を続けていて、本当に大丈夫なんですかねえ…。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR