FC2ブログ

逆境こそ覚醒の時

読者の皆様、おはようございます。週末は如何お過ごしでしたか!?僕、昨日はひたすら惰眠を貪り、1週間の疲れを癒していました。おっと、忘れてました。今日で拙ブログは2000回目の更新でして、我ながら、良くぞ此処まで書き続けて来ました。読者の皆様の日頃のご愛顧には、感謝しかありません。何時もご愛読頂き、本当にありがとうございますm(__)m。今後ともご贔屓の程、何卒宜しくお願い致します。

さて僕昨日、眠っている以外の時間帯は、ずうっとニュースを見ていました。サンデーモーニングに日曜討論、CNNにBSニュース等々、コロナ一色でしたねえ。世界177か国で70万人が感染、3万人の犠牲者が出た由、太平洋上で展開中の米軍の空母にも罹患者が出て、5千人が検査ですって。日本に目を向けましても、全国では連日、100人を超す感染者が出ています。京都の大学で、熊本の温泉施設で、岐阜のスポーツクラブで、都内や茨城や群馬の病院で、千葉の障害者施設で、夫々クラスターが発生、昨日だけで193人の感染者が出ています。此処大分でも昨日、別府の女子大生と、大分市内のドクターが感染したと、大きく報道されていました。

僕、不気味に感じますのが、有識者の意見を見聞きしますと、現在の東京は、2週間前のニューヨークの状況と酷似しているそうなんです。3月11日時点でのニューヨークの感染者は、212人だったんですって。其れから2週間後、感染者は3万2千人にまで達したとか。実は、3月25日の東京の感染者が、212人だったそうで、其れからどんどん増え続けてますでしょ。ニューヨーク市の人口は817万人、東京都は1395万人なんですね。となりますと、単純計算ですけれど、もしニューヨーク並みに感染者が増えたら、5万5千人位の感染者が出てもおかしくありません…。

こうなりましたらもう、非常事態宣言を出し、外出禁止令と謂った、厳しい制限を掛けるしか無いのかもしれません。でね、思い切った財政出動をしなくては、此の国難は乗り切れませんぜ。先ずは、予算案は全面的に見直し、不要不急の出費は全面廃止ですねえ。議員や官僚の給与は大幅ダウン、全ての予算を10㌫づつ削り、コロナ対策に充てるのは如何でしょうか。其れでなくとも、4月から様々な値上げばっかりでしょ。東京ディズニーランドも入園料が700円アップ。日清もマルハの缶詰も値上げだそうで、こんな事をしていては、国民が日干しになってしまいます。消費税は廃止すべきですねえ…。

僕、日本のみならず、欧米も、コロナの初動対策が甘かった気がするんです。実は、コロナを早目に食い止めた国々がありまして、其れは、モンゴル・台湾・シンガポールなんですね。先ずモンゴルですけれど、1月27日の時点で国境を封鎖、幼稚園から大学まで全て休校、あらゆる行事も止めさせました。台湾については、以前の拙ブログで触れましたので割愛します。凄いのはシンガポールでして、先々週だったかな、感染者と接触した人を追跡する、スマートフォン向けアプリを造ったそうです。此れは人権問題も絡む気がして、少々やり過ぎの感がありますけれど、此処までしないと防げないと謂う事なんでしょう。

感染者が減らず、増え続けている現状を見る限り、日本はもう、待った無しの危険な状態にある気がしてなりません。先ずは、PCR検査を増やす事でしょう。そして、中国がコロナ専門病院を10日で造りましたよね。日本でもすべきです。中国は、大手ゼネコンに依頼、かってSARS専門病院を造った際の設計士チームを再結成、1時間ちょっとで図面を引いたとか。パワーショベルやブルドーザーにローラー車にダンプカー等々、300台を投入、一晩で小さな山を平らにしたそうです。其の間に大量の物資を調達、凡そ10日間で1000病床の病院が完成したんだとか。

我が国でも、個別に頑張っておられる方は多いんです。旭化成は、アメリカの子会社に、人工呼吸器の量産を命令、何と今までの25倍の生産量を可能にしたんだとか。都内の国立国際医療研究センター、富士フィルム、帝人、武田薬品、中外新薬が夫々、コロナ対策の新薬を開発中です。藤田医科大学病院や群馬大学病院でも、臨床試験を検討しています。皆さん、どうか頑張って下さいね!!そうそう、ドイツが、イタリアにエアバス機を飛ばし、コロナ患者の受け入れを始めたんですって。僕、此処は政治家の出番と思うのですけれど、もし日本で感染者が急増した際、無人島に病院を造り患者さんを移送、コロナ対策に長けた台湾のドクターやナースを招聘してはどうでしょうか。日台両国で、コロナをやっつけるんですよ♪

さて、今日は理事会がありまして、僕、司会進行の大役を仰せつかっています。しかも年度末であり、もう直ぐ年度替わりでありまして、中々忙しく、今週は、拙ブログの更新が不定期になるかもしれませんが、どうぞご了承下さいませm(__)m。
スポンサーサイト