FC2ブログ

ラグビーの 天を落下の 楕円球

読者の皆様、おはようございます。今日で長月も終わり、いよいよ神無月、もう今年も終わっちゃいますよね~。月日の流れって本当に早いもの、ところで皆様、週末は如何お過ごしでしたか!?

僕、土曜日の夕方は、放心状態でした…。ラグビーの 雄叫び 城に轟けり、そう、我らが日本代表、よくぞやってくれましたねえ…。僕、小さい頃にラグビースクールに通い、まるで才能が無いのでプレイは諦めましたけれど、40年来のファンですからね、先日の快挙は本当に嬉しいんです。気付いたら号泣してまして、我ながら恥ずかしかったです…。僕、第1回ラグビーワールドカップから全て観てますけれど、日本代表、まるで勝てなかったですもんね。前半の立ち上がりでオタオタ、中盤は何とか見せ場を作るものの、後半に体力が切れて押し込まれて完敗、フラストレーションが溜まる、そんなゲームばかりでありました。でもね、待てば海路の日和あり、2007年のフランス大会辺りから、「あれ、何だか行けるかも!?」、そういう雰囲気になって来たんです。そして2015年のイングランド大会では、強豪南アフリカに勝つ大金星、そして今回のアイルランドからの勝利でしょ。僕自身も勝てるとは思ってなかっただけに、いや~、嬉しいなァ。

だって、戦前のオッズは、アイルランド勝利が1・07倍、日本勝利が10倍でしょ。全ての選手が大奮闘、全員に拍手を送りたいと思います。そして、最も光ったプレイヤー、マン・オブ・ザ・マッチは、2番の堀江選手と6番の姫野選手でありましょう。身体を投げ出して何度もチームの危機を救い、福岡選手の逆転トライに繋げた訳でして、いや~、本当におめでとうございます!!!話を戻しまして、日本代表って、1970年代は世界トップクラスに近い実力があったんです。実際、ニュージーランドやイングランドと僅差の試合をしてますからね。ところが、世界のラグビー界がプロ化した80年代から、まるで勝てなくなったんです。しかも、非常にドメスティックと申しますか、日本人監督ばっかりだったんですね。此のままでは永遠に弱小国となると、流石にラグビー協会も焦ったのでしょう。先に、日本代表復活の兆しが見えたと書いたフランス大会では、ニュージーランド人のジョン・カーワンさんが指揮を執りました。カーワンさんは、第1回ラグビーワールドカップのトライ王になった名選手であり、イタリア代表も率いた経歴なんですね。そして、南アフリカに勝った時の監督、エディ・ジョーンズさんは、オーストラリアと日本の血を引き、豪州やイングランド等々、世界の強豪国を率いたキャリアをお持ちです。現在の監督、ジェイミー・ジョセフさんは、世界最高峰のスーパー・ラグビー--南半球の強豪チームによるリーグ戦です--で、ハイランダーズを率い、優勝に導きました。此の3人の優れた指導者達から、世界トップクラスのラグビーのエッセンスを吸収した蓄積、そして己を信じる強いメンタルを獲得した事が、今回の歴史的勝利に繋がった気がしてなりません。

閑話休題、其の興奮も冷めやらないまま、僕、昨日、映画に行って来たんです。「ホテル・ムンバイ」と謂う作品でして、お客さんはまるで入ってなかったんですが、いや~、凄い映画でした。2008年にインドで起きた、超高級ホテルを襲った、無差別連続テロ事件を映画化したものでして、実話なんですね。本当にリアルでありまして、イスラム原理主義に憑りつかれた若者達は、何の躊躇も無く、機関銃を乱射し続けるんですね。身の毛もよだつ恐ろしさでありました。だって、ホテルの部屋を1つづつノック、「ルームサービスです」「洗濯物をお持ちしました」と謂い、宿泊客がドアを開けた途端に発砲ですもん。僕、映画を観ながらドキドキハラハラ、結構な量の冷や汗が出ました…。またねえ、無名の役者さんばかりが出てますから、余計にリアルでして、もし本作にご興味があれば、是非劇場でご覧下さいませm(__)m。緊迫の2時間を、僕が保証します!!

さて、「ホテル・ムンバイ」を観ながら思いましたのは、排他性や独善性の怖さでありました。非常に観念的に、アラーの神しか信じておらず、其の戒律に従わない者は殺していいだなんて、そりゃ滅茶苦茶でありましょう。諸外国の様な唯一神、一神教の国は乱暴でいけませんや。日本の様に八百万の神、万物に神が宿る考え方の方が、平和で良いですぜ。先の日本ラグビーが好例でしょ。だって、かっては、「日本人が日本チームを率いるべきだ」と謂う、独善的で排他的な考え方でして、何と1勝22敗と謂う悲惨な結果でした。其の後、先に触れた様に、外国人監督が率いる様になってからは、5勝7敗2分でして、一目瞭然ですよねえ。

当院は勿論、多様性と寛容性、いきいきとフランクで笑いのある職場がモットーでして、男性だろうと女性だろうと、年齢も経歴も関係無く、やる気があって真面目な方ならば、国籍も問わず大歓迎です。よおし、当院もラグビー日本代表の快進撃を見習い、今週も精一杯頑張るぞ~!!
スポンサーサイト



main_line
main_line
プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR