FC2ブログ
当院は、大分市にある384床の精神科病院です。このブログでは、病院内の出来事やスタッフのお仕事日記、またアフター5に関することなどをざっくばらんにお伝えしていきます!






プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



☀ 大空の あくなく晴れし 師走かな ☀
いや~、今朝は寒かった…。毎朝恒例、愛犬の甲斐犬のコロちゃんの散歩に出たのですけれど、犬の影 犬に添ひゆく 霜柱、シャリシャリサクサクと、霜を割りながら歩きまして、しかも折悪しく強風、もう僕、爪先の感覚が無くなりましたもんね。其の所為かどうか、僕、尾籠な話で恐縮ですが、鼻は出るわ咳が止まらないわ、おまけに微熱もありまして、こりゃ風邪ですね…。読者の皆様、体調管理にはどうぞお気を付け下さいませm(__)m。

さて、読者諸賢におかれましては、平成最後の年は、如何でしたでしょうか!?僕、当院にとっては、非常に実り多い年だった様に思います。30人を超す新入社員も入りましたし、未だ正式な書面は来てませんが医療機能評価もパス、お蔭様で外来も入院も増え、新たな患者様も沢山お見えになり、そうそう、春に行われるカルチャーフェスティバルも、過去最多のお客様でした。当院を支えて下さる、患者様と其のご家族、地域の皆様、そして全てのスタッフに、此の場を借りて、厚く厚く御礼申し上げます。1年間、本当にありがとうございました。でもね、此の成果って、現状に甘んずる事無く、常に進化しようと、全スタッフが日々努力を重ねた故でありましょう。もう1度、全スタッフの皆さん、本当にありがとうございました。此れからも宜しくお願い致しますm(__)m。

僕が此処に来て10数年、英語で謂う処の decade が過ぎ、外来の改装や院内LANの導入、共同住宅や保育室の設置から始まり、数え切れない程の、様々な改革を行って来ました。まァ、其れは当然でして、「変わらずに生きて行く為には、自らが変わらねばならない」ですよね♡

でもね、其れを全く怠っているのが、現政権与党の面々でして、何時まで、古臭いビジネススタイルにしがみ付いてるんですかね!?だって、五輪に万博にリニア新幹線って、もう半世紀前の考え方でしょ。平成の今、どうして昭和のやり方をするのか、僕、理解不能ですよ。だって、当時とは人口も社会状況もGDPも、何もかもが異なる訳じゃないですか。ホントに馬鹿だなァ…。外国人労働者の受け入れにしたって、今になって自民党から、異論反論が続出してるんでしょ。あのねえ、自民党総裁のアベ総理が、此の政策を推し進めたんじゃありませんか。今になって何を謂ってんの!?僕、法整備しておらず、人権意識も無い、此の状況下で、外国の方を受け入れても、混乱と混沌だけが待っている気がします。だってね、暫く前に、九州のブロック紙、西日本新聞を読んでましたら、「外国人労働者受け入れ 地方に丸投げ」と大きく出てましたぜ。ホントにいい加減過ぎる国と思いません!?

僕、納得が行かないんですが、先日ノーベル医学賞を受賞した本庶先生、ご自身の賞金全てを、若手研究者の為の基金としましたでしょ。其の意志に賛同する人達が集まり、2億近く集まったそうで、人材育成の為に私財を擲ち、本当に偉い先生だと僕、感動しました。でもね、此の国を支える研究者の育成って、1個人がやる事なんでしょうか。其れは僕、国の仕事と思うんですが、読者の皆様は如何思われますか!?アベノミクスにしたって、株価は暴落、しかもね、可処分所得、税金等を引いた僕達が実際に使えるお金って、減る一方なんですって。大和総研の調査によると、2011年に年収300万の家庭で、当時の可処分所得は、281万だったと。其れが今では、261万ですって。此れ、どの年収の家でも同じだそうです。で、実際に使えるお金が減り、消費税が上がり、物価も上がっているんですから、景気が良くなる筈がありませんよね。僕、アベノミクスって、世紀の大失敗と思うのですけれど、新聞もTVも、何も謂わないんですよね…。もうねえ、自民党の様な古臭い経済政策って、とっくの昔に賞味期限切れですぜ。

閑話休題、此の国の為政者はどうにも無能ですけれど、民間だけが頑張っている気がしてなりません。今、有名企業に属する、優秀な若者達の間で、都内で仕事をしながら、副業として地方で起業するケースが急増しているんだとか。勿論、既に高額なサラリーを得ている訳で、彼らの目的はお金では無いんだとか。人に、地域に、故郷に貢献し、其の経験を通じ、自分も成長したい、其の思いだそうで、本当に偉いなァ。僕、思わず涙が出ましたよ。そして、広瀬茂男さんと謂う、東工大の71歳の教授がいらっしゃいまして、育てた博士が40人、修士が300人と謂う凄い先生なんですね。先生と教え子達の発明が、もしかしたら原発の後処理を可能にするかもしれないと、注目の的なんだとか。僕、動画を見て驚愕したんですが、其れは何と、かなりのスピードでニョロニョロと軽快に動く、ヘビ型ロボットなんですよ~>゜)~~~

此のヘビ型ロボット、水陸両用でクネクネと動きまして、伸び縮みも可能、障害物もへっちゃらでして、破壊した原発の内部に入り込むのも可能だそうです。でね、先生と弟子達は、クモ型ロボットも開発しまして、4本足で階段を登れるんですって。其の他に先生達が造ったのは、地雷撤去ロボに配管内ロボ、惑星探査ロボに水中探査ロボ、何と150種類にも及ぶそうです。そして今、少年少女達がロボットに興味を持つ様、幅広い世代の後進の育成に尽力されているんだとか。広瀬先生のモットーは、「数え切れない程の失敗をしているが、挫折は1度も無い。」だそうで、僕、こういう方が、本当にカッコ良いと思えてなりません。何時までも過去の栄光にしがみ付く、何処かの政党とは大違いですよね。よおし、来年の当院は、より一層の進化を目指し、スタッフの育成に全力を注ぐ事を、此処に誓います!!

さて、明日から年末年始のお休みと謂う方も多いかと思います。でもね、残念ながら日本列島を大寒波が襲う由、皆様、風邪には充分お気を付け下さいね。では、お名残惜しいですけれど、暫しの間のお別れですね。拙ブログを1年間ご愛読の程、心より感謝しますm(__)m。来年4日朝に、又お会いしましょう。其れでは皆様、良いお年を(^.^)/~~~。
スポンサーサイト