FC2ブログ

 ALIEN

宿ごとに 絶えぬ朝餉の 煙さへ 冬の景色は さびしかりけり、いや~、時が経つのは本当に早い物でして、神無月も今日で終わり明日から霜月、もう年の瀬も直ぐですねえ。来月からは僕、そろそろ忘年会も入りそうですし、大分の街中でもイルミネーションが点灯、そうなりますと師走でありまして、どうにも落ち着かないと申しますか、気が急く思いがしますよね。読者の皆様、体調管理と暴飲暴食にはお互い気を付けましょうね。

さて、最近の世相は、何だか短絡的と申しますか、幼児化している感がありませんか!?と謂いますのも、此の前、渋谷はハロウィンで乱痴気騒ぎ、軽トラックをひっくり返して逮捕された若者も居たとか。何とまァ、大騒ぎをしているのが日本人で、其れを外国の方が必死に止めてたってんですから、どんな国なんだか、全く…。三重県の伊勢市では、「話が通じない」と男が市役所に放火しようとし、思い切り捕まってました。鳥取の米子城の石垣、そして岡山県備前市の国宝にも大きな落書きが書かれていました。世界遺産の姫路城の天守閣にも、誰かが飛ばしたドローンが衝突してましたでしょ。皆さん、もっと落ち着きましょうよ。ちりめんじゃこやししゃもでも食べて、カルシウムを摂って、苛々を鎮めては如何でしょうか。

でも、海外でも同様でして、ブラジルでは極右の新大統領が誕生しました。此のご仁、ブラジルのトランプと呼ばれている位でして、暴言連発、とんでもない野郎なんですよ。女性に向かい、「貴方はレイプするに値しない」。「黒人の子孫は何もやらない。子供を生む価値が無い」、「警察官はもっと犯罪者を殺すべきだ」、って、未だ沢山あるんですが、もういいですね…。こんなのが大統領ですぜ、ブラジルの皆さん、ホントに大丈夫なの!?フランスでは、極右政党が学校を設立しましたし、サウジでは政権批判したジャーナリストが惨殺されました。アメリカでは、押し寄せる移民を追い返すべく、5200人から成る大部隊の軍隊が、国境沿いに配備されました。しかもね、アメリカでは、ユダヤ教の教会に暴徒が侵入、信者の方々を銃撃、多くの方が亡くなったばかりでしょ。しかもね、今までのアメリカって、何処の出身でも、同国内で生まれたら、自動的に米国籍が貰えたんですね。でも、トランプは其れを廃止する由、こりゃあ猛反発は必至でしょう。其れ以上なのがインドでして、何と、移民やイスラム教徒を国民として認めないと謂う制度が出来まして、凡そ400万人が国籍を喪うんだとか。インド国内で半世紀以上暮らし、子供も孫も居て、同国のパスポートも持ち、其れなのにいきなり、「国から出て行け」と謂われては、こりゃ余りな仕打ちでありましょう。ホント、皆、もう少し落ち着いて、感情に走らず、ゆっくり考えましょうよ…。

日本に話を戻しまして、此れ又短絡的で嫌になるんですが、現政権の面々、移民を無制限に受け入れそうな勢いでしょ。どうもね、僕の見る処、発展途上国から奴隷を連れて来る様な、まるで中世のヨーロッパの植民地主義ですぜ。しかもね、法整備もせず、低賃金でこき使い、汚れ仕事ばかりさせては、折角来てくれても、定着しませんよ。昨夜僕、ニュース番組を見てましたら、広島の造船所の社長さんが出てたんですね。将に此の、外国人労働者について語っておられてまして、ご自身の会社にも沢山、東南アジアの人達が居ると。其の社長さん曰く、「日本はアジアから見れば、魅力的な国ではなくなりつつある。日本政府はそういう事を考えず、外国人労働者がどんどん増えるだろうと。でも、日本を選んでくれない、そういう時代が来ると思う。」、ですって…。

其の船の世界で思い出したのですけれど、最近、フェリー会社が突然倒産するケースが多いでしょ。去年は宮崎で、今月は長崎の五島で、かなりの負債を抱えての倒産がありました。此の日本の内海の海運業も、どうやらご多分に漏れず、日本社会の縮図なんですって。即ち、船員の多くは高齢化、激務で給与も安く、成り手が少ないと。でも、言葉の問題があり、外国人船員は中々難しいそうでありました。いや~、此の状況が進めば、日本の海上流通の危機ですよね…。

其れにしても、先の造船所社長のご意見が正しければ、もし外国人労働者が来ても、ずっと居てはくれず、と謂うよりも日本は選ばれない訳でしょ。此れ、日本政府は一刻も早く、考えを改めた方が良いんじゃないかしらん。

即ち、発想の大転換です。2065年には、日本の人口が8800万になるんでしょ。プリペア・フォー・ザ・ワースト、最悪に備えるのが危機管理の鉄則ですから、其の年には人口7000万と仮定しましょう。其処から逆算して、迅速に手を打たないと、本当に手遅れになると思います。ではどうするかなんですが、先ず、今までの政策の大失策の連続を見るに、責任を取って、自民党の政治家の皆さん、並びに官僚、そして東京電力の皆さんは、八丈島に島流しですね。又、増え過ぎて生産性の無い、公務員は9割削減でしょうか。新たな新幹線や道路など、此れからは不要です。だって、人口が減りますから、利用者が居ないでしょ。都市機能も集約してコンパクトにすべきです。そして人口が減れば、空き地が相当増える訳で、其処にはどんどん、太陽光パネルを設置しましょう。で、原発は廃止すると。農家を継ぐ人が居ないのならば、ロボットに田植えさせ、ドローンでチェックしましょうよ。工場だって、AIに管理させれば、人は不要でしょ。各自治体の権限を大きく増やし、夫々の都道府県は特色のある街造りをすると。此れは以前の拙ブログにも書きましたが、此処大分なんて、東洋一の湯量を誇る別府温泉があるんですもの。ドイツのバーデンバーデンの様に、医療と保養と介護を売り出した県にすれば良いのでは。そして、全国各地を活性化させ、あらゆる無駄を省き、子供を増やし、教育・福祉・医療に全力を注ぎ、国力の涵養に努めると。一見迂遠に見えますけれど、僕、此れしか手は無い様に思うんですが、読者諸賢の皆様方、如何思われますか!?

勿論此れ、田夫野人かつ、ど素人の妄想、或いは珍案であり奇案です。でもねえ、此の是非は兎も角、我が国の未来像を指し示す骨太な国家計画を、政治家の皆さんには語って欲しいんですよ。チマチマと消費税上げても何の効果もありません。ホント、与野党問わず、政治家の皆さん、真面目に真剣に此の国の将来を考えて下さいね、何卒宜しくお願いしますm(__)m。
スポンサーサイト
main_line
main_line
プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR