FC2ブログ

知られざる日本の面影

どうも僕、少々風邪気味の様でして、朝から鼻がグズグズ、読者の皆様、此れから徐々に気温も下がるでしょうし、体調管理にはどうぞお気を付け下さいね。そう謂えば、永井荷風先生の傑作に、「風邪ごこち」と謂う短編がありまして、或る男が全てを擲ち、芸者に養って貰って退廃した生活を送り、カップル共々、一緒に堕ちて行くお話でした。ゾクリとする様な艶っぽさがあり、精緻極まりない描写があり、昔の文豪って、漢文や和歌の素養があった所為か、本当に文章が上手なんですよね~、惚れ惚れします♡其の荷風先生ですけれど、大変な艶福家でして、モテにモテたんですね。先生が渡米や渡欧中、黒人のダンサーから白人の淑女からハーフから、あちらの女性達と濃厚なお付き合いがあり、或る意味国際親善?を盛んにされていました。僕、男女の間柄だけで無く、人と人とが理解し合い、仲良くするって、とっても素晴らしいと思うんです。

ところで僕、アメリカと謂う国、決して好きになれません。彼らの狡猾さや残忍さや執拗さ、そして其の歴史を鑑みるに、寧ろ大嫌いな国でありましょう。でもね、個人的な感情は兎も角、今の我が国において、アメリカと仲良くしなくてはならないのは、紛れも無い事実です。でもね、親子や恋人、友人や同僚、部下と上司が付き合う上において、片方の言い分だけをハイハイと大人しく聞いて従い続けるって、そりゃ真の友好関係とはとても謂えませんよねえ!?昨日、アベ総理とトランプが、日米の貿易について会談を行いました。日本の新聞各紙は、「アベ外交の勝利」と謂ったニュアンスの書き方ですけれど、僕、そりゃ大嘘と思いますねえ。だって、アメリカの牛の狂牛病の検査って、とても緩いんですが、今後日本は其の肉を大量に輸入するんでしょ。又、アメリカの農作物って、安いのは安いんでしょうが、遺伝子組み換えをした上、防腐剤等をふんだんに使っているそうで、そんな物を喰わされては、堪ったもんじゃありませんぜ。或る試算では、今回の交渉の結果、農業だけで無く、関税等を含めると、日本側は少なくとも2兆円は損をするそうでありました。こんなのねえ、只の奴隷ですよ…。謂うべき事を謂い、きちんとディスカッションをして初めて、両者の間に信頼関係が生まれると思うんだけどなァ。唯々諾々と従うばかりでは、馬鹿にされるだけですし、嵩にかかって益々要求が酷くなりますよ。

しかもトランプの野郎、世界中から非難囂々じゃありませんか。元ビートルズのポール・マッカートニーが「エジプト・ステーション」と謂う新譜を出しまして、来日公演も決定、元気過ぎる76歳と感心します♪其の新譜、いきなり全米1位に輝いたんですが、「ディスパイト・リピーティッド・ウォーニングス」と謂う曲があるんですね。「繰り返し警告したのに」と訳して良いと思うんですが、其の歌詞が、トランプ批判なんですね。僕の意訳で恐縮ですけれど、「繰り返し警告したのに、船長は決して耳を貸さない」「船長は狂っている」「何とかしないと、俺達は皆道連れだ」ですって。国連事務総長も、「世界は深刻な信頼感の欠如に陥っている」と発言しました。其の国連で各国首脳がスピーチしてましたけれど、皆さん、謂い廻しは夫々ですが、陰に陽にトランプを批判してましたもんね。支持しているのは我が国だけでして、オイオイ、トランプにきちんと諫言するか、或いは距離を置いた方が良いんじゃないですかねえ!?さもないと日本は、アメリカに道連れにされ、世界の孤児になりゃしませんか!?しかも、11月にはアメリカで選挙があるんですが、トランプの共和党は劣勢の由、多くのスキャンダルも抱えてますし、今後どうなるか分かりませんぜ。

閑話休題、米国に住む日系アメリカ人って、122万人も居る訳で、僕達の同胞ですよね。そして、日本に住むアメリカ人や其の家族が10万人居ます。僕、彼らの為にも、日米はなるべく仲良くして欲しいと切に願っています。日本は島国であり、肌の色が違う人達とは上手くやって行けないと思いがちですが、其れは大いなる誤解でありましょう。国際結婚をするカップルって、我が国では毎年2万前後でして、将にエディット・ピアフが唄う「愛の賛歌」の歌詞、其のままですよね♡

たとえ地の果てまでも 私は付いて行くわ 愛されるならば 月をももぎ取り 運命も変えてみせる 求められるならば 国籍だって変えるわ あなたの為なら 幾ら笑われようと気にしない

さて、偉大なカップルって、ホントに国籍なんて、何も気にしませんもんね。ジョン・レノンとオノ・ヨーコが最も有名でしょうが、国籍を超えて結ばれた2人や其の子供達って、本当に多いですし、優れた人が多いでしょ。例えば、世界的なウクレレ奏者である、ジェイク・シマブクロさん、其の演奏を聞く度に心が洗われる思いがしますけれど、彼はホノルル生まれの日系5世ですもんね。僕、TBSの夕方のニュース番組を見る事が多いんですが、メイン・キャスターのお2人は、ホラン千秋さんと国山ハセンさんでしょ。ホランさんはアイルランドの、国山さんはイランの血を引いた日本人です。時代を遡れば、千円札の野口英世先生だって奥様はアメリカ人でした。NHKの朝のドラマで一躍有名になった、ニッカ・ウヰスキーの創始者、竹鶴政考さんはスコットランド人女性と結ばれました。映画「ネバー・エンディング・ストーリー」の原作者、ミヒャエル・エンデさんの奥方は日本人女性でしょ。「怪談」で有名なラフカディオ・ハーン、小泉八雲はギリシャとアイルランドのハーフです。ハーン先生は日本人女性を娶り、其の曾孫さんが今、父祖の地である松江に住み、地元の大学教授を務める傍ら、「怪談」を通じて、地域の活性化に励んでおられるんだとか。

文藝の力って凄いと、僕、涙が出たんですが、実はハーン先生の影響は非常に大きく、「山陰日本アイルランド協会」ってあるんですね。ハーン先生の遺徳を偲びながら、其の故地である松江とアイルランドのご縁を深めているんです。アイルランド人のハープ奏者と日本の琵琶奏者のジョイント・コンサート。出雲神話とケルト神話のシンポジウム。駐日アイルランド大使を招いての夕食会。アイルランド料理の講習会。アイルランド文学の研究会。小泉八雲先生の諸作品の輪読会。会報の発行。毎年盛大に開催される、アイルランド・フェスティバル。アイルランドへの海外ツアー。アイルランドの人達と松江市の方々の、国境を超えての交流はもう、20年を超えたんだとか。今ではもう、企業や自治体や学校も全面協力の由でした。ハーン先生が没して114年が経つんですが、松江市とアイルランドの仲は、深まる一方だそうです。松江市って、人口僅か20万人の小都市なのに、こんなに文化的で、国際親善にも大きく寄与していて、本当に素晴らしいと思います。やい、トランプの野郎、松江市とアイルランドの絆をちっとは見習ったらどうだい!?

さて、どうやら大型台風が接近中でして、週末は日本を横断する可能性があるんだとか。どうぞ皆様、戸締りを厳重にされ、素敵なウィーク・エンドをお過ごし下さいませm(__)m。其れでは又来週お会いしましょう。さよなら、さよなら、さよなら(^.^)/~~~
スポンサーサイト
main_line
main_line
プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR