プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR
とりいでて 団扇も去年の 匂ひかな、いや~、昨日の大分は堪りませんでした。パラパラと降ったかと思えば強い日差しが来て、其の繰り返し、とんでもない湿気でして、もう僕、朝からビール呑みたくなりましたけれど、何とか夕方まで我慢しました。此の暑さの所為なんでしょうか、愛犬の甲斐犬のコロちゃん、どうにも動きが鈍くなりまして、早朝散歩に出たのですけれど、殆ど動けませんで、彼女も今年で17歳ですからね、流石に心配です…。

でも、此れだけの猛暑が続きまして、ちっとも収まる気配は無いでしょ。未だ7月なのに、此れが数か月続く訳でして、僕、つくづく思うんですが、もう夏休みですけれど、全国の学校にエアコンを付けてあげたら良いのにねェ。だって、毎日の様に、学校での死亡事故や救急車での搬送のニュースが流れてますでしょ。何だか未だに根性論が幅を利かせている様でして、何処だったかなァ、テニス部の部員がミスを繰り返すので顧問の先生が激昂、グラウンド80周を命じ、そしたらマラソンの最中、生徒さんが倒れてしまったと謂う事件がありました。僕だったら、こんな大馬鹿教師とは取り合わず、さっさと帰宅しますね。

僕、此の手の古臭い根性論、大嫌いなんです。閉鎖的かつ排他的で独善的な輩も好みません。どうもねえ、今の自民党の面々って、そんな奴らばかりでしょ。ゲイやレズの方に対し、「生産性が無い」と罵倒した、水田水脈なる女性議員が居たそうで、僕、余りにも間違っている見解に、心の底から呆れ、軽蔑しました。あの~、世界のトップ・ブランドのお洋服のデザイナーって、ゲイの方々が圧倒的に多いでしょ。だったらアンタ、国会に来て行く服なんてありませんぜ。ムーミンを書いたトーベ・ヤンソン、生きていればノーベル賞確実だった三島由紀夫、アメリカ初の女性宇宙飛行士のサリー・ライド、コンピュータの生みの親である天才数学者のアラン・チューリング、オリンピックで金を5つ銀を3つの水泳のイアン・ソープ、皆さんゲイじゃありませんか。まだまだ沢山、ゲイのクリエイターが居らっしゃいますけれど、彼らの何処に生産性が無いのか、此の水田議員、差別主義者であり、レイシストと謂われても仕方がありません。因みに、欧米では、レイシストって最大の悪口なのですけれど、其れすら知らないんでしょうねえ。無知であり無恥って、本当に恐ろしいです…。

さて僕、どうにも自民党の政策が気に喰わないんです。少子高齢化で人口は激減するのに、議員は増やし公務員の給与は上がる一方でしょ。カジノや原発や五輪で金儲けって、博打や危険な物やスポーツで金を稼ぐって、明らかに邪道でしょう。人間、額に汗して働くのが真っ当な道です。おまけに、大マスコミにはちっても出ませんでしたが、ベトナム人留学生を福島の除染作業に騙して連れて行ったりして、僕、人として許せないなァ。便所掃除を他国の人にさせている様なものですぜ。

閑話休題、弱肉強食かつ、差別的で排他的で独裁的な現政権に僕、ほとほと嫌気が差していたんです。でもね、一筋の光明と申しますか、昨日、大分のシネマ5と謂う映画館で、「おだやかな革命」なる映画を僕、観て来ました。いや~、本作は地味なドキュメンタリーですけれど、素晴らしい作品ですよ!!原発事故後、此の危険な原発に頼ったままで良いのか、日本の豊かな自然を次世代に残す為、どうすれば良いのかと、色々な地方で、様々な人達が立ち上がり、そして連帯して行くんですね。例えば、福島県の老舗酒造の当主が、地域住民の協力を得て、太陽光発電会社を立ち上げるんですね。こうしたムーブメントが、日本各地で始まっているんだとか。でね、もう僕、感動しちゃったんですが、岡山の山中にある、人口1500人の集落がありまして、過疎化や人口減少に悩み、消滅寸前だったと。其処で、地元の間伐材、廃材を使って、様々な事業に取り組み、豊かな森林資源を用い、村を立て直すんですね。タダ同然の廃材は燃料となり、灰は肥料となり、間伐材で楽器や家具を造る職人達が移住し、其の思想に共鳴した外国人達も住み出すんですよ。人が集まりますと雇用が生まれ、小さな発電所を造り、そして山中ですから水が綺麗なので、鰻の養殖を始めたり、起業家達が続々と集結していました。素晴らしいのは、かってこうした試みはありましたけれど、思想的な繋がりだったんですよね。コミューンの様な左翼的思考の人達の集まりだったり、或いは右翼的な連中の集団だったり。でも、本作に出て来る人達にはそうした感じは全くありませんでした。農家の方、酒造の当主、地元のリーダー、東京から移住して来た外資系の会社員、多くの女性達、生協、本当に様々な人達が協力し合って行くんです。

僕、自民党の面々が考えている様な、東京一極集中、一部上場企業だけが儲かる今の仕組みって、余りに古過ぎますし、破綻すると思います。全世界の歴史を見ても、最後に勝つのは必ず民衆でして、先の地方再生の試みの方が、現状に即していると思えてなりません。

だってね、ネットやTVで散見するのは、自民党の動きとは一線を画した、新たなムーブメントですよ。プロ野球がもしかしたら、16球団に拡張するかもしれないんですが、数年前、拙ブログに書いた事が実現するかもしれず、僕、嬉しいんです。其の企業って、ZOZOTOWNにRIZAP、セガサミーにDMM、皆さん夫々、今までの球界には居なかった企業ばかりでしょ。しかも、新潟から四国から静岡から長野から、全ての新チームが地方に出来るかもしれません。名古屋場所で初優勝を決めた御嶽海関、地元長野では絶大な人気を誇りますけれど、彼はフィリピンと日本のハーフでしょ。三菱電機のトップデザイナーの1人はイタリア人女性でして、彼女の存在が、閉鎖的だった社風を大きく変えたんだとか。彼女自身も日本人男性を伴侶とし、日本の良さが分かったそうです。名古屋の鮨職人がニューヨークのお店で働き、其処で黒人女性と結ばれ、帰国して一緒に日本に住み、ご主人はお鮨屋さんで大成功しました。奥様もオンラインビジネスで大成功、僕、お2人のお写真を拝見しましたけれど、凛々しい日本男児にカッコ良い黒人女性の、とっても素敵なカップルでした♡♡

此れだけ世の中は動いているんです。其れなのに、未だに五輪で金儲けを目論み、ゲイやレズを差別するなんて、世界の笑い者、僕、そう思うなァ。先に触れた自民党の差別主義者の水田議員、こういう国際化の流れに、どう謂うんですかねえ!?
スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム  »次のページ