会議は踊る

今朝の新聞に、3000年前の古代の楽器を吹いてみた、という記事が出ていました。スカンジナビアから出土した物の由、北欧のバイキングの末裔達が、霧深きフィヨルドで、朝に夕に吹き鳴らしていたのでしょう。大型のホルンやトランペットの様なフォルムの管楽器でして、ややかすれた音色の由、無限の興趣を覚えます。でもね、其の音が鳴っていた当時の言葉が、現代に蘇るかもしれませんよ~。と申しますのは、連日此の話題で恐縮なんですが、ほら今、スコットランドを中心に、ケルト系の人達が英国から独立しそうじゃありませんか。実は彼らの母国語は、英語ではありません。所謂ゲール語、ケルト語、と呼ばれる言葉でして、夫々、スコットランド語・アイルランド語・ウェールズ語があるんですよね。日本語のありがとう、英語のthank youが、ゲール語では確か、ゴ・レ・マハガト、或いは、マジン・バー、だったかな!?何だかマジンガーZみたいですけれど、言葉1つ取って見ても、大英帝国とは、アングロサクソンであるイングランド人が、ゲール語を話すケルト系の人々を侵略した、という事がお分かりと思います。さて、古語であるゲール語ですけれど、現在も細々と残ってはいますが、今回、英国からの独立を機に、古の母国語をもっともっと広めて行こうという動きがある由、先の古代の楽器とリンクするかの様なニュースでして、誠に喜ばしい限りと言えましょう。

でもね、EU首脳の会議を見ていて、ハハア、さもありなん、と思ったんですよ。と申しますのは、EUの会議においては、近い将来、英語を使わなくなるそうです。吃驚はしたんですが、其れもそうでして、よくよく考えれば、EU諸国で、英語を使っているって、英国だけですもんね~。欧州の中では寧ろ、仏独両語の方が余程ポピュラーです。今暫くは、英語が世界の公用語ですけれど、今回の英国の没落を機に、何世代か後には、違う言語が最重要となる可能性があります。そうですねえ、未だ小さいお子さんなぞ、今後はスペイン語・ロシア語・フランス語・中国語、そこら辺を学んでおくと、将来の就職に有利になるかもしれませんよ~。今ならまだ、学んでいる人が少ないでしょうから、チャンスでしょう。僕、常々思うんですが、学生さんって、今現在の花形産業に職を求めますよね。其れ、大きく間違っていると思うんです。日本の会社の平均寿命は、かっては30年と言われましたが、最新のデータでは、23年ですって。となりますと、例えば20歳前後で就職したとして、40を過ぎてそろそろ課長かな、という頃には、其の会社が無くなっている可能性があります。ならば、「今、流行っている業種」では無く、「これから伸びる業界」を選ぶべきでしょう。

閑話休題、其のEU、欧州議会において、ドイツのユンケル委員長が激昂する場面があったとか。何だか栄養剤みたいな名前の委員長ですけれど、欧州議会に英国議員が居たのが、腹に据えかねた様でした。「何でお前らが此処にいるんだ!」と噛み付いたそうで、まァ、英独両国は、2度に渡る大戦で、熾烈な戦いを繰り返している歴史的因縁もありますからね、分からんでは無いんですが、そんなに怒らなくても…。

会議は踊る、という有名な映画がありましたけれど、ちょうど本邦でも、株主総会がピークを迎えています。僕、これまた不思議なんですが、商法上、本来ならば、会社って株主の物なんです。だってオーナーなんですから。でもね、我が国ではどうも其れがいい加減でして、余程株を持った大株主で無くては、発言力が弱過ぎるんです。一般の株主の謂う事は、ちっとも通らないんですよね。つい先日行われた、九州電力の株主総会でも、「川内原発を止めて欲しい」との訴えが、複数の株主からあったそうです。ところが、途中で質疑が打ち切られ、怒号が飛んだとか。株主の方が、社長より立場は上な筈なんですが、何で言う事聞かないの?そうだそうだ、此れも書いておこうと思ってたんですが、東京電力の大株主は東京都です。という事は、原発を止めたければ、都知事に反原発派を選べば、自然と原発は止まる筈なんですが…。さて、今年はどうも、業績不振の企業が多かった所為か、フジテレビ、シャープ、東電等々、何処も大荒れの総会だった様でした。僕、断然株主側に立ちますし、其れが物の道理でもあるんですが、毎年何だか微苦笑するのは、僕のこよなく愛する阪神タイガース、阪神電鉄の株主総会です。本来ならば此の株主総会、阪神電鉄の営業成績や利益率、電車の稼働率や採算性等々、そういった質疑応答が飛び交うのが本当でしょう。でもね、そんなの見た事がありません。毎年毎年の株主からのコメント、ちょっと拾ってみますね~。

「入場券が買いにくい、チケット販売方法を改善して欲しい」「万が一優勝したら、パレードは神戸でもすべき」「新人や外国人選手の補強をするにあたって、どういう点に注意しているのか」「アルプス席の金網を外すべき」「何故若手を育てないのか、高齢選手ばかりで、不良債権化している」「采配が訳が分らない」「どうして地元大阪の選手を取らないのか」「送りバントの失敗はいつもの事だが、細かいミスが多過ぎる」「右投手ばかり取るのに、どうして左投手ばかりが活躍するのか」「今年は、若手を抜擢し良くやっているし、私どもはずっとこれを求めていた」「もう自分も82歳になる、生きている間に何とか日本一の姿を見せてくれ」

タイガースが、熱烈に愛されているのは良く分かりますし、世界一のファンに囲まれて幸せだなァと思います。とは思いますけれど、お~い、野球はいいから、誰か阪神の本業の、鉄道経営の話をして下さ~い!?

ところで、今まで縷々綴って来た、其の会議なんですがね、日本人って、あんまりこういう形式は不得手なんですかねえ…。僕、当院が4つ目の病院なんですが、うちは大丈夫ですけれど、かって所属した処では、将に会議は踊る、されど進まず、でありました。僕、此の年齢の割には、院内外を問わず、時には議事進行を務めたり、オブザーバーだったり、或いは一参加者として、会議や会合には出ている方だと思います。でもねえ、中には酷い会議もありました~。

先ずね、時間を守らないんです。例えば、10時開始なのに三々五々集まるもんですから、開式が遅れちゃうんですよね。其の会議に参加する、全員のスケジュールが狂ってしまいます。総論賛成各論反対で、ちっとも結論が出なかったり。そして会議中の私語。此れなぞ、きちんと挙手して発言して欲しいです。やけに発言の長い人。意見は頭の中でまとめてから、発言して下さいよ~。空気を読まず、ぶち壊す発言を連発する人。やたらとアピールする人。質問や意見を遮る人。人の発言中なのに、自分の言葉を被せてくる人。司会者が強引。後ろ向きでネガティブ。屁理屈に小理屈を捏ね廻す人。人の話をちっとも聞いておらず馬耳東風。会議では何も言わず、後からぐちぐち言う人。黙っている、其れは其の場の意見を肯定した事になるんですがねえ…。黙認、という言葉があるでしょうに、は~あ…。もし思い当たる人が居たら、猛省すべきでしょう。でも此れ、実は日本全国津々浦々で、日々繰り返されている光景と思います。

では、会議を上手く進めるにはどうすれば良いのか、という事なんですが、僕、答えは簡単と思うんですよね。開催が 目的ですか その会議、という川柳がありますけれど、先ずは、自分の属する部署の利害は考えず、全体の利益を考える。そして、意思決定に感情を挟まない。きちんと現状を認識し、物事の本質を掴む。司会者はバランスの取れた議事進行を心掛ける。時間厳守、空気を読む、他者の発言をきちんと聞く、決まった事には異論を挟まない、自分の発言には責任を持つ等々、社会人の常識を遵守する。以上、至極真っ当な事をする、此れだけでアラ不思議、EUから国会から、村議会から小さな会社まで、会議がスムーズに行くと思いますよ!
スポンサーサイト
プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR