文七元結

今日は先ずはお礼から。僕が臥せっている間に、総拍手数が33万を超えていた様でして、読者の皆様、何時もご贔屓の程、本当にありがとうございますm(__)m。この場を借りまして、厚く御礼申し上げます。もう1度、本当にありがとうございます。最近はまた新たなブロガーの方々、女性建築士の方や甲斐犬を飼われているデザイナーの男性、音楽や絵画関係の方々も、拙ブログをご覧になって頂いている様でして、恐縮至極、ありがたい限りです。今後ともご贔屓の程、何卒宜しくお願い致しますm(__)m。

もう1つ告知でありまして、当院は明日から来年1月4日まで休診となります。5日月曜日より通常の診察でして、詳細は来年早々にお知らせ致しますが、当院にまた新たな常勤医師が入職される事となり、患者様には、より一層の充実した医療を提供出来るのではと、自信を持っている次第です。

閑話休題、僕が高熱で倒れる前、日経に小さく出ていたのですけれど、福島県の子供達を対象にした甲状腺癌の検査が行われ、8月には57人だったものが、現在は84人に増えた、と掲載されていました。原発事故による放射能の影響かどうか、慎重に見極めたい、ですって!?あのねえ、そんなもん、原発事故の所為に決まっているじゃありませんか。そりゃあ、その因果関係を完璧に立証するのは難しいでしょうが、2011年3月前のデータと、今の数値を較べてみれば、一目瞭然と思いますけどねえ…。そして、東北は宮城から関東の日暮里までを結ぶ重要な幹線、常磐線ですけれど、未だに不通になっている部分があるんですね。謂わずと知れた、原発周辺のエリアですけれど、これが全面開通するのが2017年の春の由でありまして、幾ら何でもtoo late、遅すぎやしませんか!?原発事故以来、6年もかかるとは、政治家の皆さん、ちょっと怠け過ぎじゃない?僕達の税金でご飯を食べて、政治活動費まで一切合財、全て面倒見てるんですから、とっとと動いて下さいよ!!

昨日の夕方のニュースで、浅草寺の仲見世通りに、正月用の大きな絵馬が飾られていましたけれど、僕、ハッと思い出した事があります。おっとその前に、この浅草、亡父は両国高校出身ですから彼のホーム・タウンでありまして、その所為か、僕もこよなく愛する街であります。先ず、何と言っても庶民的な食べ物がとても美味しいんですよね~。これは少々値が張りますけれど、すき焼きなら「ちんや」か「いま半」。天婦羅なら「中清」か「三定」かなあ。どじょうなら「飯田屋」。これは勝手に僕が決めたんですが、洋食ご三家の「アリゾナ」「ヨシカミ」「フジキッチン」。忘れちゃいけない「神谷バー」。甘味処に出来たての煎餅にもんじゃ。綺麗処と共に人力車に乗ってスカイツリー見物も悪くないでしょうし、寄席も演芸場もありますし、意外と安価ですから1日楽しめます。屋形船も乙ですし、花やしきに浅草寺に伝宝院と観光名所は多く、外観も内装もボロボロですが、観音温泉なる銭湯も、レトロで堪りませんよ!?映画館が無くなってしまったのは残念至極ですけれど、傍にある錦糸町にでも行けばすぐに劇場がありますし、程近い合羽橋に行けば、ありとあらゆる調理器具が全て揃います。浅草から銀座線に乗れば、上野~神田~銀座~新橋~虎の門~赤坂見附~青山~表参道と一本道、終点は渋谷ですから、何処で途中下車しようと、楽しい処ばかりです。うん、僕ならば、5日は欲しい処でありまして、上野は美術館、神田の古書店、銀座や赤坂の綺麗なお姉さん方?を愛で?、新橋で居酒屋、青山のカフェ、表参道でお買い物、渋谷で映画かなあ!?

何だか浅草礼賛、都内観光案内になってしまって恐縮です!さて、話を本題に戻しまして、その浅草界隈には隅田川が流れているのですが、吾妻橋という赤い橋があるんですね。スカイツリーを背にここを渡れば浅草一丁目、老舗中の老舗ながら、安価で美味しいおつまみと、電気ブランが有名な神谷バーが右手に見えて来まして、そのまま道なりに暫し歩けば、雷門なんです。吾妻橋は浅草を象徴する橋の1つでありまして、元々は江戸期に出来たもので、ルーツは古く、もう300年近い歴史があります。面白く感じますのは、実はこの橋、政府=徳川幕府が造ったものでは無いんですよね。当所は渡し船しか無かったのですが、それでは余りに交通が不便だ、という事で、浅草の町人達が一致団結、「自分達でお金を工面して橋を造るので、お許しをおくんなさい。」という陳情をしたんですね。着工後5年で完成、橋を通る全ての人から夫々2文の通行料を徴集、見事完済、きちんと儲けも出たそうです。1文は約20円前後と言いますから、橋を渡る人から1回50円ぐらいを取ったと考えて良いでしょう。

この地に橋を架ければ、より商売が盛んになり、人々の流れも良くなる、と町人達が判断、お金を集めて幕府に陳情したんでしょうが、僕、これ、今の世にも応用出来ると思うんです。と申しますのも、福島や東北の復興について、政府や東電や官僚に任せていたら、何年掛かるのか、見当も付きませんでしょう!?何だかんだ難癖を言ったり理屈を付けたり、挙句の果てには中間マージンすら抜かれそうじゃありませんか。ならばいっその事、この吾妻橋方式を思い切って採用、民間でお金を集め、ファンドやNPO法人じゃありませんが、国に頼らない自助努力方式で、東北復興を目指した方が、断然速いんじゃないかしら!?

一富士二鷹三茄子、四扇五煙草六座頭、除夜の鐘どころか初夢にも少々気が早いですけれど、当院の患者様とそのご家族、スタッフ全員、下郡地区の皆様方、読者諸賢の方々、そして東北全域は勿論の事、日本人全てにとって、来年が素敵な年になります様に。それでは皆様、よいお年をお過ごし下さいませ。次回は年明け、そうですねえ、元旦は親友のMさんと一献傾ける予定ですので、2日か3日に拙ブログを更新予定です。それでは暫しの間、ごきげんようさようなら、ciao♡♡♡
スポンサーサイト