20TH CENTURY BOY

それにしても、週末の荒れ模様の天気が嘘の様です。稲妻に へそも隠さぬ 女かな、永井荷風先生の句じゃありませんが、急にゴロゴロピカピカ、風神と 雷様が 喧嘩かな--これは僕の駄句です--、といった風情でしたけれど、朝夕は随分涼しくなりまして、今朝も愛犬の散歩に出たのですが、短パンにTシャツではもう肌寒い感じでして、秋なんて来るのかなあと感じていましたけれど、日本の移り行く四季は、本当に上手く出来たものです。秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ わが衣手は 露に濡れつつ、天智天皇の御製、百人一首の巻頭の句ですけれど、あともう少しで実りの秋、食べ物が美味しくなる季節ですよね。

拙ブログも春夏秋冬を繰り返して早3年となります。月日が経つのは本当に速いもの、一期一会という訳で、人付き合いの下手な僕にも様々な出会いや別れがありました。花に嵐のたとえもあるさ、サヨナラだけが人生だ、涼しくなり秋が来ると、何だかメランコリックでセンチメンタルになるのは僕だけでしょうか。

それにしても、よくまあ3年も書き続けましたし、凝り性で飽き性の僕にしては、我ながら感心しているのですが、ほぼ毎日小一時間かけてこのブログを記すのが、すっかり仕事前のウォーミング・アップとなりまして、これからも出来る限り続けて行きたいと思っております。そして、最近とみに訪問される方が多い様で、今日明日中にはどうやら、総拍手数が20万を超える勢いです。拙ブログを始めた頃には、ここまで支持されるとは、全く想像もつかなかったですし、読者の皆様は勿論の事、毎日の様に来て頂いているブロガーの方々には、心より感謝しております。「このブログに悪いところがあったら直すから、どうかどうか、お願いだから棄てないで♡」、当院の或る色男がしょっちゅう言われてそうな、これは冗談ですけれど、何時も本当にありがとうございます。この場を借りまして、厚く御礼申し上げます。今後ともご贔屓の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

継続は力なり、無事是名馬、中日の山本昌投手が来期も現役を続行の由、なんと来年は御歳49歳ですよ!?僕は彼がルーキーの頃から観ていますが、まさかここまで投げ続けるとは思ってもいませんでした。恐らくご本人もそう思われているでしょう。何だか投げる度に、プロ野球の年長記録を塗り替える感がありますけれど、もうこうなったら行ける処まで行って欲しいものです。今日の拙ブログは、折角の20万拍手記念ですし、末長く続けて行く事を願いまして、ロング・レンジで気の長い話と参りましょうか。題して、この1000年を振り返る、数行ずつで1世紀毎を整理しちゃおう、という結構乱暴な企画であります!

ではまず、11~12世紀から参りますか。この200年は、日本では平安から鎌倉時代、貴族の連中の恋愛ゲームが終わり、武士が台頭し出した頃になります。世界に目を向けますと、イスラム王朝が急成長、西欧諸国は十字軍を結成、幾度となく聖地エルサレムへ遠征を繰り返します。「宗教と戦争の2世紀」でしょうか。13世紀は、何と言っても、世界最大の領地を支配したジンギスカン、「モンゴルの世紀」でありましょう。1人の存在が、世界史にこれだけ影響を及ぼしたのは彼だけでしょうし、ユーラシア大陸の殆どを収めたんですから、凄いもんでして、アレクサンダー大王もナポレオンもカエサルも真っ青、束になっても敵いません。一説に依りますと、ジンギスカンの遺伝子を引き継ぐ男性は1600万人居るのでは、との事でして、話半分としても、どれだけ女性好きなんでしょうか!?14世紀は、日本では室町期、モラルや秩序が乱れに乱れた時ですけれど、世界でも同様でして、ペストが大流行し、当時の欧州の人口は、1/3に減ったと言われています。その憂さを晴らす訳ではないでしょうが、ルネッサンスを軸とした文化活動が盛んとなりました。「疫病と混乱と文化の世紀」でしょうか。

15世紀は大激動期、日本史上最大の天才、織田信長が颯爽と登場したのが象徴的ですが、開拓者の時代であり、コロンブスやマゼランの「大航海の世紀」でしょう。16世紀は、日本では長い戦国時代が漸く終焉を迎え、徳川幕府が成立、世界では南北アメリカの古くからの文明--インカ・アステカ・マヤ--が侵略・略奪・征服され、植民地化されました。「新支配の世紀」と名付けましょうか。17世紀は、日本では江戸幕府が安定期に入りましたけれど、世界中は大混乱、と言いますのも、小氷河期となり寒冷化、大飢饉となったんですね。そのお陰か、戦争や宗教改革や内乱が相次ぎました。「飢えと寒さと混乱の世紀」と言えましょう。18世紀になりますと、日本は鎖国が続き惰眠を貪っていましたが、世界では産業革命が起こり、先進国は近代化するんですね。「産業と市民の近代化の世紀」でしょうか。19世紀になると、日本も明治維新の革命が起き、遅ればせながら先進国の仲間入りを果たします。欧州でも数々の王朝が倒されフランス革命が起こり、先進国は植民地の大争奪戦となるんですね。「弱肉強食の世紀」が相応しいかな。20世紀は、2度の世界大戦と冷戦がエポック・メーキングと言えるでしょう。共産主義と民主主義の戦いでもありました。従って「戦争とイデオロギーの世紀」と言えます。

では、今の僕達が居る21世紀、これからどうなるかなんですが、「環境と技術と混乱の世紀」と断言します。環境問題、地球温暖化や原発を含めて待ったなしですし、石油や水資源は徐々に枯渇するでしょう。携帯端末やロボットやパソコンといった、技術力の発達については言わずもがな、書くまでもありませんよね。そして、大国アメリカや中国にも綻びが見えつつありますから、新たな強国が出現する可能性があります。

僕、この新たな世紀を、人類がより良く過ごすには、勉強と自立と共生しか無いと思うんです。おかしなメディアに踊らされない為には、自ら学び、自分の意見をしっかり持つ事が肝要ですし、これだけボーダーレスとなった以上、様々な国籍や異文化を持つ人々と交流するのは当たり前の事でしょう。とは言え、それはアメリカの言いなりのTPPに賛成する事では決してありませんで、己の主張する処はしっかり言わなくては、誰にも理解されませんよね。沈黙は金、秘すれば花、日本的で大変素晴らしいですけれど、それでは中々外国人には理解されないのが現状なんです。論理的かつ倫理的、かつ冷静に、日本人のあるべき姿を正々堂々と主張すれば、様々な問題も、時間が掛かるでしょうが、解決の糸口は見えてくる筈です。

何だか、20万拍手記念と言う事で、大上段に構えた大仰な物言いになりまして、大変恐縮ですが、楽しんで頂ければ幸いです。さて、僕、明朝より出張でありまして、大分に戻るのは土曜日の予定です。不在中も、旅の空から、1度は更新したいと思っております。読者諸賢の皆様方、時折拙ブログを覗いて頂ければ、とても嬉しく思います。それでは明日より行って参ります!皆様、残暑に負けずお元気でお過ごし下さいませm(__)m
スポンサーサイト
プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR