✿ 悪い奴ほどよく眠る ✿

おはようございます。いやあ、しかし、それにしても腹が立って仕方がありません!!この憤懣、憤りを何処にぶつけようか、と思っていたんですが、ブログをやっていて良かったです。拙いものですが、誰かが読んでいてくれますもんね。

朝日・産経、そして福島で行われている集団訴訟の意見書を引用します。まずは朝日です。「福島第一原発で事故後に働いた、約2万1千人が浴びた放射線量について、東京電力は、全国の原発作業員の被曝記録を一元的に管理する公益財団法人『放射線影響協会』に全く提出していない事が分かった。東日本大震災による事故から2年たった今も、ずさんな被曝管理は続いている。~中略~この管理を徹底しなければ、被曝限度を超えて働き続ける人が続出しかねない。」。……。続いて産経です。「東京電力は昨年4月から実施した企業向けの電気料金値上げを拒否し、契約が切れたまま電気を使っている顧客に対し、供給を止める方向で検討を始めた。~中略~東京電力は昨年4月、家庭向けに先駆け、政府の認可が必要ない企業向け料金を平均16.7㌫値上げした。だが、値上げには顧客の了承が必要なことを充分に説明しなかった点が批判を浴び、契約更新を拒否する顧客が相次いでいた。」。……。

馬鹿に付ける薬はない、良く言ったものでして、東電の連中、とんでも無い輩です。あれだけの事故を起こしておいて、作業員の健康診断はまともに行わず、3兆円を超す税金を投入して貰っておきながら、値上げなんて、これ、最早常人の発想じゃありませんよ。乞食、○○ザ、ゆすりたかりの考えです。人非人でありまして、東電の連中が、まともな謝罪なんてしましたか!?僕、寡聞にして知りませんよ。値上げの前にする事は山の様にある筈です。まず頭を丸めて東北全域を廻り、謝罪行脚が必要でしょう。お金が必要ならば、テメエらの給与やボーナスを減らし、会社の資産を売って、東北の人々に支払うべきです。日本人であり、人としての情があるならば、そうすべきと僕は思います。盗人猛々しい、泥棒に追い銭とは将にこの事でして、中国人と同じじゃないですか。ま、僕が遠山の金さんならば、東電の幹部全員、資産は全て没収、市中引き回しの上、打ち首であります。これでもまだ足りないぐらいですよ!何万人の犠牲者が出たと思っているんですか!?まあ、東電の連中、かっての通産省、今では経済産業省ですか、半世紀近く延々天下りしてますからね。おまけに、毎年大手メディアの連中を海外旅行に接待で連れて行っている訳ですから、同じ穴の狢であります。こんな腐れ外道どもに、自浄能力を求める方が間違っていますよね。

そして、極めつけは集団訴訟の事です。この裁判、福島県郡山市の小中学生14人とその親御さん達が、集団疎開を求めて裁判を起こしているんですね。北海道深川市立総合病院内科部長、松崎道幸先生がこの裁判に意見書を提出しました。「今、福島の子供達に発生している甲状腺癌について」と銘打ち、詳細なデータを記されています。それに依ると、「チェルノブイリでは事故後5年経ってから、1万4000人に1人の割合で甲状腺癌が出ている。福島では3800人に1人(疑いを持つ子供が7人いる)と極めて高く、しかも発見された期間が短い。チェルノブイリより危険度が高く、このまま福島に居住する事は、医学的に全く推奨出来ない。」由です。

民主党政権時代に、悲しい大震災が起き、忌まわしい原発事故が発生しました。よりによって、そういう有事の際に、カンにノダという、まあ無能極まりない総理だったのも不幸でしたけれど、この原発、全国に58基ですか、建設しちゃったのは自民党ですからね。おまけに、自民党の選挙前のポスターなぞを見ると、「ウソつかない。ブレない。TPP断固反対。」って書かれているんですよ。あのねえ、いきなりの掌返し、こりゃ幾ら何でも酷過ぎませんか!?君を愛している、結婚してくれ、と迫られ、その積もりで居たら、「ご免、実は結婚していて子供も5人いるんだ。」なんて言われたら、一生怨みませんか!?歴代の自民党政権って、悪質極まりない結婚詐欺師と変わらないと思うんですが、いい加減騙されるのは止めにしませんか。

閑話休題、この裁判、世界的にも注目を集めていまして、その経緯を綴ったブックレットが既に発売されています。僕もアマゾンに発注済みなんですが、表紙のイラストは、漫画界の大御所、ちばてつや先生ですし、推薦文を寄せた人が余りの大物なんで、本当に驚きでした。「この裁判は、日本にとって、世界中の私達にとって、失敗が許されない試練なのです。ノーム・チョムスキー」とあったんですね。このチョムスキーさん、書いた書物は100冊を優に超え、言語学論理学哲学を極めた、世界最高峰の知性を誇る、偉大な学者です。イングランドに200年近く続く、ガーディアンという新聞があるんですね。その新聞が各界著名人にアンケートを取った結果、チョムスキーさんは、「世界最高の論客」と認められたんです。そこまでの知性の持ち主が言う事、そして、先のドクターの意見、よもや蔑ろにする事は無いでしょうね。僕、この裁判に何か協力出来る事は無いか、無い智恵を絞っている所です。読者の皆様方も、何か良いアイディアがあれば、是非教えて下さいませ。

随分長い前置きになっちゃいましたが、この福島の子供達、何処かでホームステイとか出来ないんですかね。とりあえずそれしか無い様に思うのですが…。という訳で、ここからはホームステイについて少々綴ってみます。

僕が小学生の頃でしたか、母親の教育の一環だったのかな、どういう経緯かは知りませんが、1度、アメリカ人の大学生をホームステイで我が家に受け入れた事がありました。金髪碧眼、長身の二枚目でして、中々カッコ良かったんですが、この人、食べ物が全然合わず、ご飯もお味噌汁も全く駄目、結局母がステーキばかり焼きまして、家族一同、何だか太ってしまった記憶があります。余り印象に残っていないのですが、この学生さん、何時もUSA、と胸にプリントされたTシャツを沢山持っていて、色違いのそればかり着ており、みんなお前がアメリカ人って知ってるよ!と心の中で何時もツッコミを入れていました。でも、外国人が家の中に居る、これって中々出来ない貴重な経験でして、僕、割と物怖じしない性格なのは、母親のお陰ですね。感謝感謝であります。

親友のMさん、長崎北高校--ラグビーの強豪校--の出身なんですね。Mさんの学友のお話なんですが、ラガーマンとして花園に出場した程の猛者だったそうで、ラグビーの本場、ニュージーランドで己を試してみたいと思い、旅立ったそうです。その心意気や誠に良し、大変素晴らしいと思うんですが、何処でどう話が変わったのか、ラグビーはちっともプレイ出来ず、半年間ずっと飲食店で皿洗いばかりさせられたとか。やはり最低限度の語学力は必要ですよね。

僕がオーストラリアに居た際、日本人のみならず、アジア全域の人達と友人になりましたが、ホームステイ先と揉めているケースが多かったです。やれ食事が不味い、掃除を強要させられる、アンフェアと言われた、等々。でも、異なる国の人と住むって、本当に異文化交流ですし、若いうちに経験しておいて損は無い様に思いますよ。当院でも、他国の看護師さんやドクターなど、受け入れても面白いかもしれませんね。

さて、話を戻しまして、福島の子供達とその親御さんに、熱い連帯のエールを送りたいと思いますし、もしこのブログを読んで下さる機会があれば、私で出来る事があれば何でも協力致します。是非、遠慮なさらず、お声を掛けて下さいませ。よし、ではこれから会議に行って参ります!
スポンサーサイト
プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR