THE SIGN OF FOUR

何だか、石原サンの新党に注目が集まっている様な雰囲気ですが、マスコミの皆さん、正気ですかね。このご仁、下手糞な文章と詰まらない小説はさておき、政治家としては、何の実績もありゃしませんし、期待しても裏切られるだけと思いますよ~。きちんと彼の言動をチェックしていれば、直ぐに化けの皮が剥がれてしまいます。毎日悪口ばかりで気が引けますが、ご存じ無い方もいらっしゃるかと思いますので、少しだけお付き合い下さいませ。

まず、このヒト、都民の台所とも言うべき築地市場を、豊洲の地に移転しようとしています。洲、とは海や川に土砂が溜まり高くなった、という意味ですから、地盤が弱いのは当たり前ですね。僕、画像でしっかり確認しましたが、ちょっとした地震でも液状化現象が起きているんです。そして、この土地、東京ガスや石川島播磨の工場、火力発電所もあったぐらいでして、汚染が酷く、土壌調査をしたところ、ヒ素にシアンにベンゼンという発癌性物質が、基準値の1000倍も検出されたとか。東北で放射能汚染されたお魚を、この汚れた豊洲の地で売りさばくなんて、正気の沙汰とはとても思えませんし、その様な地に、生鮮食品を扱う市場を置くなんて、無茶過ぎるでしょ。確かに、現在市場がある築地の地は、都内最後の一等地である事は分かりますし、再開発したいんでしょう。でもねえ、人の命の危険を考えず、テメエらの利権のみの移転じゃないですか。とんでもない野郎です。そして、今時オリンピックで経済を良くしようなんて、発想が古すぎます。昭和30年代の夢をもう1度、ってねえ…。もうハードを充実させて、雇用を生み出すなんて経済モデルは終わってますよ。おまけに五輪招致費用で200億もつぎ込んで、結局失敗しています。ついでに、その費用を何に使ったかという文書、18億円分の書類が無くなってるそうでして、そんな馬鹿な話がありますか!?大見得を切って立ち上げた新銀行東京は1100億円の大赤字。そして、このジイサンが都知事を辞めて選挙になる訳ですが、都知事選の費用は50億円だそうです。そして、1週間に1~2度しか都庁に出勤せず、それも精々1時間しか居ないんですって。最後に、このヒト、元々自民党議員だったんですが、いきなり辞めちゃって、その辞任の弁は、もう国政には戻らないみたいなニュアンスでしたもんね。このジジイ、耄碌して人を舐め切ってますよ。皆さん、ゆめゆめ騙されない方がご自分の為ですよ!

悪口はこれでお終い、スカッとするお話に参りましょう。田中史郎、というラグビー選手の事なんです。この田中選手、身長は僅か166㌢ですから、僕よりも小兵でありまして、ポジションはスクラム・ハーフ、スクラムを組む巨漢達の後ろのポジションでして、ボールを味方に供給する役割なんですね。現在のラグビー界の平均的サイズは、190㌢100㌔はざらですから、その小ささで果たして大丈夫かな、と思うのですが、彼はクイックネスとクレバーさで勝負するタイプの選手です。さて、その田中選手がこの度、世界最高峰のプロ・リーグ、南半球はニュージーランド・南アフリカ・オーストラリアの3ヶ国15チームから成る、スーパー・ラグビーに日本人として初参戦する事と成りました。このスーパー・ラグビー、日本では余りに知られていないのが残念でなりませんが、全世界の一流ラグビー選手が、6か月間のリーグ戦に集結、41カ国で中継され、視聴者は軽く1000万人を超すという大イベントなんですね。田中選手曰く、僕が日本人の可能性を示す、と意気軒高、誠に天晴れ、日本ラグビー界始まって以来の大快挙ですし、柔よく剛を制すで、是非とも頑張って頂きたいと切望しています。

さて、田中選手が所属するのは、ニュージーランドの名門、ハイランダーズなんですね。このハイランダー、という名称でピンと来る方も多いと思いますが、スコットランド北部の住民の総称でして、ほら、タータン・チェックのキルトを穿いてバグパイプを演奏する兵隊さん達の事なんですね。このタータン、5世紀には既に着用されていたと言いますから、最も古い民族衣装の1つと言えましょう。そして、愛犬家の方々にはお馴染でしょう、ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア、この白い犬--胴長短足、アナグマやネズミを獲る猟犬ですね--は、そのハイランダーの族長がこよなくこの犬種を愛し、品種改良を重ねて産まれたものです。僕、以前この犬種を飼っていたんですね。骨を好み、川に入る事を楽しみ、やんちゃで少々おつむは宜しくありませんでしたが、多感で陰鬱な青春期の慰めとして、何時も僕の側に居てくれたものです。そうそう、ネッシーで有名なネス湖もハイランドにあるんですよ。シャーロック・ホームズで有名なコナン・ドイルもスコットランドの産であります。

スコットランドにアイルランド、そしてウェールズ、彼らケルトの民の、インドランドから数世紀に渡り搾取され続けた悲惨な歴史については、以前の拙ブログで触れましたから、省略しましょう。僕が最もハイランダーを身近に感じる場所と言えば、やはり都内でありまして、2か所あるんです。まずは随分前でしたが、友と行った、確か中央線沿線の中野辺りですね。都内でも数少ないスコットランド料理の専門店でして、ここでは、有名な郷土料理が食べられるんです。ハギス、耳慣れない料理と思いますが、羊の内臓肉を刻み、ハーブにタマネギににんにくや香辛料を利かせます。そのミンチ状のものを羊の胃袋に詰めて蒸したものなんですね。これを、タリバーディンやフェッターケアン、或いはエドラダワーか勿論ボウモア辺りのスコッチ・ウヰスキーと共に食し、そのお店にはタータン・チェックにバグパイプの楽団も演奏を奏でていますから、そこは最早、北大西洋の強い潮風の香りがする感があります。もう1つはやはり、ホテル・オークラ東京別館1階にあります、バー・ハイランダーでしょう。スコッチだけで200種類を優に超える圧巻のコレクションは唸るばかりですし、ジョン・レノンが何時も座っていたという窓際の席を押さえて、彼の愛飲したカクテル、ジン・ベースの甘めのアレクサンダーを飲めば、気分はもうビートルズ、ノー・リプライ、アイ・シュッド・ハブ・ノウン・ベター、ミスター・ムーンライトと言った珠玉の名曲群が鳴り始める気さえして来るんですね。

何だか今日のブログは少々散漫な感もありますが、本日夕刻は急遽入りました送別会もありますし、田中選手の成功も祈りまして、フルーツの薫りがするモートラックか、キックの強い個性的なグレンギリー辺りのスコッチで、乾杯して参ります!
スポンサーサイト
プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR