FC2ブログ

3の倍数と3の数字がつく時だけアホになります♡

此の季節、夜も長くなりましたし、読書の秋と謂う訳で、僕昨夜、漸く入手した本を耽読していました。「航西日乗」成島柳北著、岩波文庫です。此の成島先生、幕末から明治期の文人であり儒学者でして、江戸幕府の公式史書を編纂、そして将軍家の家庭教師をしていたと謂う大知識人なんですね。因みに、社長シリーズで有名な俳優、森繁久彌さんのご先祖様でもあります。さて、徳川幕府瓦解後、明治政府に文部大臣として務めないかと謂う話がありましたが、其れを蹴り、悠々自適で隠居していた気骨のある方なんですよ。で、此の「航西日乗」は、明治政府の要人が洋行する際に、アテンドして貰えないかと頼まれ、其れを受けた時の日記であります。横浜から万里の波濤を超えてフランスに達し、そしてイギリスに渡り、アメリカに至ると謂う、凡そ1年半の記録なんです。将に巻を擱く能わず、一気に読了したんですが、其の記述の正確な事、折々に挟まれる漢詩のセンスの良さ、流石は当時を代表する知性でありまして、感心したなァ。でね、物事の本質を見抜く視点と申しますか、興味深いのは、当時の西欧及び日本社会の、長所短所に付いても触れているんですね。道理で帰国後、明治安田生命保険会社を設立、早稲田大学の前身となる学校の設立に協力、そして新聞社を立ち上げ、何れも大成功するんです。

物事の本質を掴み、彼を知り己を知れば百戦殆うからず、其れにしても先日、ラスベガスで行われたボクシングの、WBA世界ミドル級タイトルマッチ、チャンピオンの村田選手の完敗でありまして、誠に残念でした。地上波では放送が無く、僕、YOUTUBEでダイジェスト版を見ただけなんですが、村田選手、顔面が腫れ上がり、チャンスもあったんですが、うう~ん、完敗ですねえ、悔しいなァ…。僕、以前の拙ブログで、確かこう書きました。「村田選手は決して弱く無い。上手く行けば世界は獲れるだろう。右ストレートと左ボディフックは破壊力抜群。しかし、左リードジャブとコンビネーションブローの少なさ、そして攻防分離傾向にあり、スピードに欠ける。よって、瞬発系のトレーニングを重視した方が良いのでは。」、大体こんな内容だったんですが、挑戦者のブラント選手、流石に其れを熟知していまして、回転の速いパンチで圧倒してましたもんね。でも僕、好漢村田選手のカムバックを切望しますし、今度復帰した際には、スピードアップで是非お願いします!!

閑話休題、かってノーベル物理学賞を受賞した、中村修二先生の発言が話題を呼んでいます。「日本は性別、年齢、職位で差別がある。まるで共産主義国家の様だ。此のままではこの国に未来は無い。」ですって。ロングインタビューでして、まだまだあるんですが、泣く泣く割愛します。僕、中村先生の仰る通りと思うんですが、だったら、社会をより良い形に是正すれば良いだけの話ですもんね。天下の名門、順天堂大医学部ですら、女性の受験者の点数を引いちゃうんですよ。そんな目に遭った方々には心から同情しますけれど、此れ、裏を返せば、女性の方が優秀だと謂う、何よりの証左じゃありませんか。実際僕、以前の職場から数えれば、優に1000人以上採用面接をしてますけれど、ペーパーテスト、小論文、会話の受け答え、礼儀作法、圧倒的に女性の方が優れてますもの。

現在、LGBTと呼ばれる人は、13人に1人なんですって。どうもね、日本社会は旧態依然としてますから、其の人達を排除したがりますけれど、同じ人間じゃありませんか。大体、ゲイの人達って、優れた感性と発想を持ち、世の中を動かした方が多い訳で、共存共栄が一番ですよ。僕、感心したんですが、レズビアンである事を公表し、現在はコンサルタント会社経営、執筆に講演に研修と、八面六臂の大活躍をされている、増原裕子社長なんて、慶應の大学院を出て、スイスのジュネーブ公館・IT企業・会計事務所勤務を経て独立された訳でしょ。未だ40歳でして、そんじょそこらの男より、数十倍仕事が出来ると思いますよ~。

話を戻して、本質を見極めるのが如何に大事かなんですが、家電量販店の業界で、ヤマダ電機が一人負けなんでしょ。ケーズやノジマは絶好調の由なんですが、此れ、ヤマダ電機は「脱家電」と称して、住宅やリフォームに力を入れ、店舗を改装しちゃったんだとか。やっぱりねえ、本質である家電販売を棄て、他業種に手を出して、上手く行く筈がありませんぜ。家電で思い出したのですけれど、今、携帯もパソコンも皆、中国台湾韓国の後塵を拝してますでしょ。日本は原材料輸入加工品輸出の国でして、ならば、技術者は国の宝であり、大事にしなくてはならないのに、其れを怠ったと。で、技術者達は、数倍もの給与と待遇を保障してくれる、中台韓にヘッドハントされたと。で、抜かれてしまったんですね。こんな馬鹿げた話は無いですよね…。僕、現政権が如何に本質を見ていないのか、本当に不安なんですが、此れだけ貧富の差が顕在化して来て、憲法改正よりも、そちらの是正が喫緊の課題と思うんです。でも、昨日ニュースを見てましたら、新たに政府専用機を造った由でして、其れ、680億円もするんだとか。いや~、其のお金で、ご飯も満足に食べられない子供達を救いましょうよ…。

僕、ヘエエと感心したんですが、かって、「世界のナベアツ」として、シルバーのスーツとちょび髭で、一世を風靡した芸人さんが居ましたでしょ。僕、彼が落語家桂三度となり、噺家の道に転進したのは知っては居たんです。そうしましたら昨日、NHK新人落語大賞を見事受賞、いや~、おめでとうございます!でね、僕、彼がピン芸人の時は左程好きでは無かったんですが、今回、YOUTUBEで噺を聞いて吃驚しました。米朝、枝雀の域にはとても達しては居ませんけれど、品は良いですし、滑舌も綺麗、人物描写も達者、此れがかっての世界のナベアツかと僕、感心しましたねえ。

此の桂三度師匠、非常に苦労人でして、お笑いコンビを組んで漫才をやり、ピン芸人として独りで舞台に立ち、コント集団を組み、放送作家として裏方も経験、ドラマや映画に出演、アニメの声優まで経験、そして噺家となった訳です。恐らく、長い下積みや様々な経験を経て、自分には何が本当に向いているかを考え抜き、噺家として大成したんでしょうね。いや、苦節27年間のお笑い人生の後、今回の栄冠を掴んだ訳で、本当におめでとうございますm(__)m。

僕、上から目線で説教臭い事を謂うのは嫌なんですが、此れからの日本を背負って立つ若者達は、己の本質を理解し、悔いの無い人生を送って欲しい、そう切に願っています。さて、今日は半期に1度の部門長面接の日でして、当院の若手幹部社員と、フェイストゥフェイスでじっくりディスカッションする、貴重な1日なんです。よおし、僕も若手に負けずに今日も頑張るぞ!!
スポンサーサイト

とび出した5つのえんどう豆

読者の皆様、おはようございます。何だか最近、朝夕共にめっきり寒くなりまして将に三寒四温、昼中の 残暑にかはる 夜寒哉、どうぞ皆様、体調管理には充分お気を付け下さいませ。此処大分でも風邪が流行っている由、全国的にも風疹が猛威を振るってますもんね。僕、毛布を1枚出しまして、其れと夏蒲団とタオルケットで寝ているんですが、此れだとどうも暑い様で、カラスカァと啼いて目が覚めますと全身汗まみれ、かと謂って蒲団を1枚減らすと風邪を引きそうですし、どうすれば良いのか、此の季節って悩ましいですよね。そろそろ衣更えなんでしょうが、着る物も、厚手のジャケットでは未だ暑苦しいですし、長袖のシャツだけでは肌寒く、どうすりゃ良いんでしょうか、お洒落な読者の皆様方から是非、ご教授願いたいものです。

さて僕、目ぼしい映画が無かったものですから、プロ野球クライマックスシリーズを観たり、惰眠を貪ったり読書に耽ったり、のんびりしていたんですが、ニュースを見ていて愕然としました。昨日のロンドンでは、EU離脱に反対する人達が60万人近く集結、僕、動画を見ましたけれど、ウェストミンスター宮殿が、人々で埋め尽くされていました。其れでもイギリス政府は、EU離脱の是非の国民投票は行わない由でして、でもね、此のまま行けば、「合意無き離脱」となりまして、大混乱ですよ。だって、イギリスはEUのメンバーだったからこそ、輸出入の関税も検査も無かった訳でしょ。其れが此れからは手続きも煩瑣になる上、税金も取られるんですもの、そりゃイギリスから逃げ出す人が急増しますぜ。だって、野村証券のEU支社も、ロンドンからドイツのフランクフルトに移すんでしょ。小売業にしたって、関税は死活問題でして、お隣アイルランドの首都ダブリンなり、海を渡ってフランスのブローニュやオランダのロッテルダムに、移転を考えているお店も多い由でした。世界中に植民地を持ち、「太陽の沈まない国」と呼ばれた大英帝国も、哀れにも一巻の終わりと謂う感ですねえ。此のEU離脱の問題の引き金を引いたのは矢張り、急増する移民問題でありまして、中南米各国の移民達がメキシコに集結、大挙してアメリカへの移住を計画中なんだとか。其の数5000人を超えるそうでした。ドイツでも、移民受け入れ政策を推進して来たメルケル首相の与党が、地方選で歴史的な大敗をしましたでしょ。EU全域でも、極右政党の合従連合の動きが活発化しており、此れ、思いの外大きなムーブメントになるかもしれません。

閑話休題、此の移民の問題、決して対岸の火事ではありません。日本でも近未来、必ず社会問題となると思います。断っておきますが僕、決して移民に反対していません。此れだけグローバルでボーダーレスな時代である以上、移民と共存共栄するしか道は無い、そう思っています。でもねえ、日本政府の無定見ぶり、無知で無恥な姿勢を見てますと、不安しか残らないんですよね…。だってね、最初は移民に対し、点数制で入国を認めると謂ってたんですよ。大学院卒=5点、高所得者=5点、医師や弁護士等の優秀な資格保持者=5点で、15点あれば滞在を認めるなんて謂ってました。其れも何だか、選民的と謂いますか、好きになれないんですが、其れが今では、事実上無制限で入国を認める形に持って行こうとしてますでしょ。謂ってる事とやってる事が、余りに違い過ぎて、僕、日本政府はどうにも信用ならんなァ。因みに今、外国人労働者は過去最多の128万人に達した由でして、食料品製造業では、13人に1人が外国籍ですって。でもね、こうした外国の方々、5年以内に退職される方は、47・8㌫にもなるんだとか。じゃあ、ほぼ半数の人が仕事を辞めちゃう訳で、此れ、雇用する側には問題が無いとは、とても謂えないでしょう。激安の給与と悲惨な待遇で外国人を扱うブラック企業も多いと仄聞します。又、所謂不良外国人の存在も決して看過出来ませんよね。でも、此の状況を放置していては、日本社会に深刻なフリクション、強い摩擦と緊張が生まれるだけじゃないかしらん。ならば、受け入れ側にも移民側にも、きちんとしたルール造りが必要不可欠と思うんですが、現政権に其れを望むのはとても無理でしょう。

だって、消費税に関する迷走ぶりも、酷いもんでしょ。コンビニで食べ物を買って、イート・イン・スペースで食べるなら8㌫の消費税、でも持って帰るなら10㌫だそうで、面倒臭くないですか!?実際、コンビニ業界のお偉いさんのインタビューを見ましたら、悲鳴を上げてましたもんね。此れ、牛丼屋や宅配ピザやハンバーガーはどうなるんですかね!?何だかもう、訳が分かんないですよね。そして菅官房長官、大企業の皆さんに、「消費税を上げるので、職員の給与を上げて下さい」と、珍妙なお願いをしてましたよ。おまけに、キャッシュレスで決済した人には、「プレミアム商品券」をプレゼントするそうで、もうねえ、こんなにややこしく煩瑣になるんだったら、増税しない方が余程スッキリしませんか!?消費税を増税しないと財源が足りないと謂うのならば、公務員や政治家の給料を下げれば良いじゃん、馬鹿馬鹿しい…。

どうもね、日本とイギリス両政府は、「現状にそぐわない目標設定をし、反対意見は無視し、無理な方向に突き進んでいる」としか思えません。そんなのねえ、現状を把握してないんですもの、大失敗するに決まってますぜ。もっと現実を見ましょうよ。少子高齢化で労働力が足りないのであれば、先ずは省人化であり機械化、そしてシングルマザーでも身障者でもご老人でも働き易い、様々な雇用形態を推進する事でしょう。で、移民に対しては、識者や諸外国の例をじっくり研究し、現実的かつ厳格なルール造りをするしかありません。そして、其れに加え、新たなビジネスモデルを造るべきでしょう。

実は僕、今、デンマークの農業に非常に注目しているんです。此の国は人口570万人、九州とほぼ同規模の広さであり、日本と同じく立憲君主制、医療と福祉と教育水準が高く、風力発電が有名な、北欧の小国であります。そして、凄いなァと感心しますのが、国造りの明確なコンセプトがあるんですね。農業の質の高さは有名な同国ですけれど、デンマークの多くのレストランは今、非常に人気の的なんだとか。使う食材はオーガニックであり、レストランは直営農家と契約しており、其の美味を求めて、世界中から観光客が訪れているんだとか。でね、高度な医療も受けられ、コペンハーゲンに多くの古城等々、観光スポットも多いんですね。ですから、美食を味わい、観光をし、医療も受けられると謂う訳です。しかも先のオーガニック食材、学校や病院や福祉施設にも提供、皆が安心で安全な食事を楽しめると謂う塩梅です。おまけに、デンマークには、玩具のレゴ、ビールのカールスバーグ、陶磁器のロイヤル・コペンハーゲン、製薬のノボルノルディスク、補聴器のワイデックス、ジュエリーのジョージ・ジェンセン等々、世界的な大企業も沢山ありますでしょ。そして、移民を認めない訳では無いんですが、厳格なルールを既に作成しているんです。因みに、世界一平和な国と呼ばれる日本ですが、現在の安全度ランキングは世界10位、デンマークは5位なんです。参考までに1位はアイスランド、2位ニュージーランド、3位オーストリア、でした。

さて、デンマークのスタイルがベストとは謂いませんけれど、我が国の此れからの行く末にとって、参考になる処も多い気がしてなりません。自民党の面々や高級官僚の皆さん、アメリカばっかり見てないで、デンマークにも目を向けてみてはどう!?

ゼロ・ダーク・サーティ

今日は先ずはお礼から。昨日、拙ブログの総拍手数が65万を超えていまして、読者諸賢の皆様方の、日頃のご愛顧には、ただただ感謝感謝であります。何時も本当にありがとうございますm(__)m。感謝を伝える上手い言葉が無いか、さっきからずうっと考えているのですけれど、平凡ですがもう1度、本当にありがとうございます。此のブログ、始めた頃はまさか8年も続くとは、思ってもいませんでした。でも其れも、読者の皆様方の拍手やコメント、そして暖かい励ましのお言葉を頂いたお蔭です。しつこいですがもう1度、本当にありがとうございます。こうなればもう、書ける処まで書いてやるぜ!

でも、ヒトって、強欲な生き物でして、欲深き 人の心と 降る雪は つもるにつれて 道を忘るる、なんて狂歌があります様に、あんまり高望みしちゃいけませんね。此れからも謙虚に、愚直に、拙ブログを続けて行きたいと思います。読者の皆様、今後とも、叱咤激励ご指導ご鞭撻の程、何卒宜しくお願い致します。

さて、此の拙ブログ、どうして此処まで広範なご支持を頂けたのか、自分なりに分析してみたんですね。取り立てて達意の文章でも無く、高尚な内容でも無い訳ですから、恐らく僕の個性が、皆様に受け入れて貰えたのではと、勝手に解釈しています。まァ、天馬空を行くとの諺通り、本当に自由奔放な両親に育てられましたから、其のお蔭ですかねえ。お情けで高校卒業後、半年足らずで医学部中退~豪州に渡り新婚さんの現地ガイド~国内外を放浪~帰国して関東圏の病院に就職~大学に再入学~生家に戻り病院事務長をしながら大学院通学~下郡病院に移る、此れが僕の簡単な略歴ですけれど、確かに個性的かも!?尤も僕、非常に温厚かつフランク、そして社会的常識をわきまえた本当のジェントルマンと自己分析しているんですが、廻りの評価は全く違う様で、少々腹が立つんですが、其れはさておき、個性ってやっぱり大事と思います。因みに、ドイツの子育ての記事がニューズウィーク誌に出ていまして、目から鱗でしたねえ。ドイツでは、子供の自由を最大限尊重する由でして、幼稚園では園児達全員が、真っ裸で水泳するんですって!しかも、4歳から子供達のお泊り会があり、学校への親の送り迎えは厳禁ですって。しかも、遊び場にはわざと障害物が置いてあったり、学校公認で火遊びもOKなんだとか。うう~ん、日本の教育との大きな違いを感じますねえ…。因みにドイツの子供達、皆元気溌剌でやる気満々らしいですよ。

尤も、自民党政府三役が揃い踏みで汚職事件のスキャンダルが出たり、免震メーカーのKYBや東電の様にデータを改竄したり、こういう悪い方向に個性が出るのは頂けませんよね。KYBや東電なんて、1000箇所以上も改竄や嘘を付いていたんでしょ。許せないなァ。僕、どうして東電を潰さないのか、不思議でなりませんもの。

其れにつけても女性の時代、僕、つくづくそう思います。だって、東電が訴えられた裁判の様子、皆様TVでご覧になりました?いい年こいたオッサン達が揃いも揃って、「私達に責任は無い」と逆切れしてまして、でも「東北の皆さんにご迷惑をかけた」と渋々頭を下げてましたよね。アレレ、迷惑かけたと頭を下げておいて、責任は無いんだ…!?東電の皆さん、思い切り論理破綻してません!?

其処へ行くと、現代を生きる女性達はホントに個性的、そして凛々しくてカッコ良いですぜ。ジェシカ・チャスティンと謂うハリウッド女優が居まして、彼女のフィルモグラフィを見ますと、所謂社会派、硬派な作品ばかりなんですよね。ウサマ・ビン・ラディンの殺害を描いた「ゼロ・ダーク・サーティ」が代表作でして、いや~、大変シリアスな演技には僕、身が引き締まる思いでした。でね、ジェシカさんは本当の叩き上げでして、貧しい家で生まれ育ち、其れでも刻苦勉励の結果、アメリカの超名門ジュリアード学院に入学、演劇人として舞台に立つんですね。僕、感心しますのはジェシカさん、売れない頃から脚本を慎重に吟味、良い作品しか出ていないんですね。結果としては急がば廻れ、其の姿勢が認められた訳ですけれど、やっぱりねえ、目先のギャラに飛び付くのが人情ですよね。で、ジェシカさんが偉いのは、女性の社会的地位向上の為、常に戦い続けている処でしょう。「女性が迫害されたり虐待を受けたり、あらゆるハラスメントを受けたり、過小評価される事に対し、『もう終わりよ』と言いましょう。その為に、あらゆる業界の女性達と共に立ち向かうわ。」ですって。うう~ん、カッコ良い!僕、ジェシカさんの意見に全面的に大賛成です!実際、ジェシカさんは、女性映画監督への資金援助、女学生への奨学金、若年層で妊娠した女性への支援等々、将に八面六臂の大活躍なんですよ。

でね、其のジェシカさんの代表作の「ゼロ・ダーク・サーティ」、鬼気迫る演出の大傑作映画なんですが、其の監督さんがキャスリン・ビグローさんでして、此の方も女性なんですね。今や、ハリウッドを代表する監督の1人ですけれど、女性で唯一、アカデミー賞監督賞を取った方なんです。元ご主人は同じ映画監督のジェームス・キャメロンでして、「タイタニック」や「アバター」や「ターミネーター」で有名な、世界的なビッグ・ネームです。さて、此のご両人、アッと謂う間に離婚したんですが、旦那の方はエンタテイメント重視、奥方の方はリアルな社会派ですから、合う筈が無いですよね~。で、キャスリン監督は地味ながらも渋い作品をコツコツ撮っていたんですが、余り売れませんでした。旦那の方は「タイタニック」がメガヒットします。そして2009年、両雄は夫々自信作を引っ提げて、アカデミー賞で激突するんですね。旦那は最新3D技術を駆使したSF映画「アバター」、元奥方はイラク戦争時の爆弾処理班のシリアス過ぎる状況を描いた「ハート・ロッカー」でした。僕、どちらも観てまして、作品のクオリティは「ハート・ロッカー」が圧勝と思ったんです。でも、元旦那のジェームス・キャメロンの映画界における政治力、資金力、コネクションは凄いですから、「ハート・ロッカー」は賞は取れないだろうと思っていました。すると、開けて吃驚玉手箱、「ハート・ロッカー」が主要6部門受賞、「アバター」は小さい部門で2つ受賞と、キャスリン監督の圧勝だったんですね。あれは痛快でした。さて、キャスリン監督は元々アーティストでして、大学院を出て映画理論を学んだ後、何と謂われようと、売れない映画を37年間コツコツ撮り続け、最後に大輪の花を咲かせた、本当に強い女性なんです。しかもね、モデルをやっていた程の美貌でして、才色兼備とは将に其の通り、ホントにカッコ良いんですよ♡特に、「ゼロ・ダーク・サーティ」「ハート・ロッカー」「デトロイト」の3つは面白いですから、皆様、週末にお時間があれば、是非ご覧下さいませm(__)m。

さて、此れからは晴天が続く由、快晴の週末となりそうです。皆様、素敵なウィークエンドをお過ごし下さいね。僕、久し振りに映画に行こうかな!?其れでは又来週お会いしましょう。ごきげんようさようなら(^.^)/~~~

♡ パリ、ジュテーム ♡

僕、毎朝恒例の、愛犬の甲斐犬のコロちゃんの散歩を済ませ、入浴し歯を磨き髪を梳り、身支度を整えて出社、そしてエスプレッソを淹れて全国紙各紙に目を通すのが、日々のルーティンでして、今朝も新聞を読んでましたら、いや~、吃驚する事ばっかりですねえ。僕が幼い頃の昭和40年代って、技術は進化していたんでしょうが遅々たる物でして、生家なんてダイヤル式の黒電話でしたもの。亡父は大変新し物好きでして、昭和50年代でしたか、当時の携帯電話を購入したんですね。何とまァ、通信兵と申しますか、携帯電話はリュック位の大きさでして、背中に背負うんですから堪りません。買ったのは良いけれど、殆ど使わなかったんじゃないかしら。其れが今では、掌サイズですもんねえ…。

さて、中国では雄のマウス2匹から子ネズミの繁殖に成功した由でして、精子の遺伝子情報を使えば、其れが可能なんだとか。倫理的にどうなのかと謂う気はしますけれど、テクノロジーの進化には目を見張る物があります。アメリカでは、災害時の人命救助に、ゴキブリを使う実験が行われています。此れ、サイボーグゴキブリとでも謂うんですかねえ。ゴキブリの体内に超小型のコントローラーを装着、遠隔操作すると。ほら、崩壊した家屋の中には、人は入れませんよね。ゴキブリならば易々と侵入出来、背中に超小型カメラを搭載してますから、被災した人の場所が分かると謂う訳です。凄いアイディア…。カナダの大学では、天然痘を人工合成で造る事が出来るそうですよ。天然痘って、罹患すると極めて致死率が高い感染症でしょ。折角根絶に成功したのに、此れ、生物兵器に転用可能じゃないかしらん。くわばらくわばら…。ソフトバンク傘下のアメリカのロボット企業があるんですが、僕、動画を見て本当に吃驚しました。2足歩行のロボットなんですが、走りながら障害物を飛び越え、段差なぞ何のその、しかもスピードがまるで落ちないんですよ。又、日本のベンチャー企業が開発したのが、着用ロボットでして、リュックの様に背負うと。圧縮した空気を用い、ゴムチューブの人工筋肉が作動、人間の腰や腕をカバーし、30㌔の荷物を軽々と運べちゃうんだとか。でね、此れも驚いたんですが、ミャンマーの山中で採取された小さな琥珀の中に、9900万年前のカタツムリが完璧な形で保存されていました。しかもね、此のミャンマーでは、先のカタツムリ同様、琥珀の中に閉じ込められた太古の生き物が、1000種類以上見つかったそうですよ!此れ、恐らく必ず、映画「ジュラシックパーク」の様に、DNAを抽出して、古代生物を蘇らせようとするんじゃないかなァ。

閑話休題、世紀の大発見や画期的な新技術が続々と現れている訳ですが、でも、其れを有効活用するには、世界の人達が協力し合い、仲良くしないと出来ませんよね。先のミャンマーにしたって、アウンサンスーチーは期待されてましたが、滅茶苦茶でしょ。僕、以前の拙ブログで彼女は宜しく無いと書き、其の予想が当たってしまい、でもちっとも嬉しくないんですよ。だって、民主化を謳いながら、今のミャンマーは、彼女の独裁体勢でしょ。しかも少数民族ロヒンギャへの迫害と見殺しは、世界中の非難を浴びてますもの。ホント、世界中がきな臭い感がありますけれど、先ずアメリカは白人VSヒスパニックの対立が激化してますでしょ。安定していると思われたドイツにしたって、つい此の間の地方選では与党が大惨敗、移民反対の極右政党が躍進、下手をするとメルケルさんの退陣にまで及ぶかもしれません。ロシアは相変わらず北方領土で実弾を使った軍事演習を繰り返してますし、北朝鮮も中国も、非常に怪しいでしょ。僕、昔の人達を見習って、皆もっと仲良くしなさいと、声を大にして謂いたいですよ!

古代ローマの壮大な建築物、コロッセオからパンテオンから神殿から、数えきれない程ですよね。ローマ建築って、元々は古代ギリシャの影響が強かったのですけれど、領土は広がるにつれ、様々な文化を吸収、多くの人種が刺激し合い、どんどん発展するんですよね。フランスやドイツに居たガリア人。ブリテン島に居たケルト人。元々イタリアに居たエトルリア人。其処に、中近東に地中海にインドにアフリカの民も集まり、ローマが形成されました。興味深いのは、ローマの建築家達は、新たな支配地で、新技術を試すんですね。成功も失敗もありましたが、其の試行錯誤を経て、ローマで建物を建てるんです。で、各地方にも新たな建築技術がもたらされ、其処で育った建築家は又ローマで学ぶと。本当にハイブリッドだったんですね。

日本の古代の情報システム、駅制と呼ばれるんですが、此れ、中国から輸入した物を独自に発展させたんです。即ち、道路を整備し、何十㌔毎に駅を置くと。其の駅には馬を常備しておくんですね。で、手紙を持った使者達が行き来し、情報を迅速に届けると謂う訳です。1日150㌔は優に走った由でして、此れ、現代ならばロードレースの世界記録に匹敵するんだとか。天武天皇の御代の時代ですから、今から1400年前でして、凄いですよね~。

僕、此の目で見て感動したのがインドのタージマハール、今から凡そ400年前に建てられた、総大理石の巨大なモスクであり、世界遺産ですよね。何十年も掛けて漸く完成したんですが、其の設計チームが凄いんですよ。当時から国際化していたと申しますか、少なくともイタリア・インド・パキスタン・イラン・シリア・イラクの建築家が参加した事が分かっています。又ねえ、モスクを造る材料も、中国にアフリカに中央アジアに中近東から集めてまして、確かに凄いスケールを感じました。

フランスの首都、花の都パリの象徴と謂えば、エッフェル塔ですよね。此れ、エッフェルと謂う人が建てたからなんですが、彼のルーツは元々ドイツ系なんですよね。彼の会社であるエッフェル社は、国際色豊かな社風で知られ、技師達は皆、スイスやイタリアやイングランドで修業してフランスで就職した形ですもんね。本邦に話を戻しまして、北海道にある五稜郭だって、フランス人の設計を日本人がアレンジメントした物でしょ。現在再建中の熊本城だって、完成当時の江戸期に、日本中の職人を集め、石垣には韓国の技術も取り入れられ、将にハイブリッドなお城でありましょう。

矢張り、物事が発展する為には、世界各国が協力する必要がある訳で、其の象徴がタージマハールであり、コロッセオであり、エッフェル塔と謂えましょう。プーチン君もトランプ君も習君も、皆仲良くしなさ~い♡

☀ rising sun ☀

しかし、積水ハウスが被害にあった詐欺事件、酷かったですねえ…。だって、55億円を騙し取られた由でして、男女に外国籍らしき人物も含めた、10数人のグループが犯人だそうで、主犯格は既にフィリピンに高飛びしてるんでしょ。犯罪も国際化と申しますか、凄い時代になったものですけれど、此れ、僕、幾つか原因があると思うんですよ。此の犯人達、俗に地面師と呼ばれているそうですが、今、都市圏では地価が高騰してますでしょ。なのに所有者は高齢化、殆ど放置されている土地が随分増えたんですって。よって此の地面師が暗躍する土壌が出来上がったんじゃないかしらん。少子高齢化って、犯罪にも影響を及ぼすんですねえ…。其れで思い出したんですが、日本の中小企業って、社長さんが高齢化し、哀しい事に後継者が居ないと。で、日本の中小企業の3分の1、凡そ127万社に廃業のリスクがあると。約650万人が失業するのではと謂われて久しいんです。で、経済産業省が、此れらの中小企業のM&A情報を集めたデータベースを、外資系企業に開放するんだとか。例えば宮城県の温泉旅館が香港企業に買われたり、大分のもやし生産大手会社は、アメリカの投資グループの傘下に入ったそうです。う~ん、企業存続の為にはやむを得ないのかもしれませんが、先ずは国内企業同士で、売買のマッチングをすべきじゃないですかね。じゃないと、其の企業の持つ技術力やノウハウが、外資に全部取られちゃいますよ。経済産業省って、誠に亡国の徒でありまして、許せんなァ。

医療業界のダークサイドの話になるんですが、国の医療費の締め付けで、凡そ3割の病院が赤字と謂われています。経営状態の厳しい病院には、怪しげなブローカーが近寄り、喰い物にされてしまうんだとか。もう1つ、アベ政権は地方創生とぶち上げてますが、真っ赤な嘘でして、僕、読んでて悲しくなったんですが、山梨県に、大正元年創業の「やまと」と謂う大型スーパーがあったんですって。此のやまとさん、山間部や僻地にも軽トラで移動販売、老人達に非常に喜ばれていたんだとか。又、障害者雇用や貧困家庭への食品の寄付等も行い、勿論黒字であり、地元では知らない人が居ない優秀企業だったんですって。ところが好事魔多し、イオン等の大型店が続々と参入した上、此処の社長さんは有名人でしたから、凄まじい嫉妬や中傷もあり、とうとう潰れてしまったそうでした。其の地域特有の事情や歴史的経緯、地方ならではの濃密な人間関係等、様々な問題が絡み合い、東京在住の世襲議員が、地方創生って謂っても、何の説得力も無いですよね。

以前の拙ブログでも触れましたけれど、日本の研究者のレベルは年々歳々落ちる一方ですし、経済成長率も、先進国で最低だったでしょ。アメリカ32㌫増、フランス24㌫増、日本1㌫減、其れなのに消費税を上げるって、最早常軌を逸してますぜ。あのねえ、景気が悪い時に税金を上げて、消費が増える筈も無く、此れすら分からない位、日本の政治家や官僚は頭が悪いんですよ、もう嫌になっちゃう…。筆の穢れですから詳しく書きませんけれど、今の内閣の面々、柴山に菅、アベにアソウ、下村に稲田、み~んなスキャンダルばっかりでしょ。本当に此の国は問題が山積しているんです。ですから、国民全員が、此の国の来し方行く末を、もっともっと真剣に考えなくちゃ!

外交にしても、政府高官が続々と辞めて行くトランプ政権と、此のまま付き合っていて良いんでしょうか。そして、増える一方の外国人ですが、どう対応するのか、もういい加減に腹を決めなくちゃ。日本政府は本当にいい加減でして、何も考えておらず、外国人の方々と付き合うのは結局は我々民間の現場でしょ。物事何でも一長一短でして、外国人が来日して、日本で診察し高度な医療を受け治癒し、高額な医療費を踏み倒して帰国、と謂うケースも頻発しています。かと思えば、外国人労働者の時給が200円と謂うブラック企業も多々あるそうです。栃木県では、過酷な労働に耐え兼ねて会社から逃亡、職務質問をされ民家に逃げ込み、射殺された事件があったそうですよ…。或る識者のコメントは、「此の国には強い差別意識があり、目に見えない鎖国状態にある」ですって…。そして、此れ又考え込んじゃったんですが、イギリスがEUを離脱しますよね。彼の国の医療システムが崩壊寸前なんですって。どういう事かと謂いますと、EUのお蔭で、イギリスには欧州各地やかっての旧植民地から、多くのドクターやナースが集まったと。多くの病院で、沢山の多国籍医療チームが勤勉に働いているそうです。でも、イギリスがEUを離脱すれば、差別意識や排他的になる可能性が極めて高い訳でしょ。となると、優秀な先生方や看護師さん達は、何もイギリスで働く必要は無い訳でして、そりゃドイツでもフランスでもスペインでも、何処でも働けますもんね。ですから様々なメーカーも既に、イギリスを見捨て、欧州本土に支社や本社や工場を移してますもんね。イギリス政府も、日本政府に負けず劣らず、極めて愚かですよね。

閑話休題、いよいよプロ野球はクライマックスシリーズが今日開幕、セ・リーグは広島VS巨人、パ・リーグは西武VSソフトバンクでして、果たしてどちらが勝つのか、僕、今からドキドキワクワクしています。日本シリーズは恐らく、広島VS西武、そして広島が悲願の日本一と予想しますが、当たるも八卦当たらぬも八卦、果たしてどうなる事やら…。

でね、僕、此れからの日本の再生は、西武のチーム造りに学べと、声を大にして謂いたいんです。西武を率いるのは、往年の名選手、辻監督です。辻監督は、現役時代は何度も日本一になり、好打攻守俊足の名プレイヤーでした。広岡・森・野村・落合と謂ったプロ野球史に残る名将の元で学び、野球日本代表WBCでもコーチとして世界一となったんですね。将に野球を知り尽くした男なんです。僕、現役時代のいぶし銀のプレイぶりが目に焼き付いてますもの。そして歴代名監督から仕込まれた、緻密な野球で日本はおろか、世界まで制したんですね。ですから僕、辻監督が就任した時、往年の西武黄金時代の様な、守備と投手力とサインプレイをベースにした、精緻な野球をすると思い込んでいたんです。ところがどうしてとんでもない、辻監督って本当に頭が良くて感性に優れていると感心したんです。と謂いますのも、辻監督の現役時代の昭和の選手と、今の平成のプレイヤーでは、考え方から気質から練習法から、まるで違います。そして、辻監督就任前の西武って、かっての強豪ぶりはまるで無く、最下位に転落する程でした。流石の辻監督も苦戦するだろうな、でも、投手と守備を鍛え上げ、渋い強さを発揮すると僕、思っていました。西武は今年ぶっちぎりで優勝したんですが、投手力は極めて弱く、守備も左程優れないんですが、明るく溌剌とした若手野手達が自由奔放に、打って打って打ちまくるチームだったんですね。サインプレイは殆ど無く、盗塁も選手の自主判断に任すと謂う采配でして、僕、現役時代の緻密なプレイヤーだった辻監督を知っているだけに、本当に吃驚しました。

辻監督曰く、選手の自主性と個性を重んじ、そして励まし、信じたそうでした。でね、辻監督が凄いのが、チーム状態を見た時、とても自分の現役時の様な、緻密な野球は出来ないと直ぐ分かったと思うんです。ならば、今いる選手達の長所を最大限に伸ばし、打ち勝つ野球をしようと、180℃方針転換したんでしょう。此の柔軟性と感性には脱帽であります。

ですから僕、日本の国も、西武流でやれば良いのにと思うんですよ。少子高齢化をきちんと認識し、ならばロボット産業に力を入れ労働力を機械化すべきでしょ。原発は危険極まり無いんですから、太陽光にどんどん切り替えると。国の財政がピンチならば、国会議員や官僚を沢山減らせば良いじゃありませんか。現状を把握し、従来の価値観を棄て、柔軟性を持って対応すれば、日本人のポテンシャルって凄いんですもの、西武の様に、直ぐに再生出来ると思うんだけどなァ。
プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR