♪ MIDNIGHT RADIO ♪

今朝、現代ビジネスと謂う雑誌のデジタル版を、ネットで見ていて、僕、思わず考え込んでしまいました。阿部幸大さんと謂う、新進気鋭の文学者の先生が書かれた記事なんですね。阿部先生は、北海道の港町の釧路生まれ、東大に進学し、現在はニューヨークで文学博士号を取るべく、勉学に励んでいると謂う大変なインテリです。でね、阿部先生が東大に入った時に衝撃を受けたんですって。其れは、大学のレベルでは無く、「文化と教育の地域格差が、想像以上に大きかった。」からですって。ほら、辺鄙な地方の小都市ですと、大型書店も美術館も映画館もありませんよね。都内には其れが全てあると。ですから、「田舎者は、金が無いから諦めるのでは無く、教育や文化に金を使うという発想が無い。見た事が無いから知らないのである。アカデミックな教育を受け、文化を享受出来たかもしれない、田舎の子供達の多くが、その選択肢すら与えられないまま、生涯を過ごす事を強いられている。」、うう~ん…。阿部先生の育った釧路は人口約20万、札幌まで300㌔、近隣には大学生なぞ皆無だったんですって。ですから、大学進学と謂うイメージすら湧かず、阿部先生が東大に行けたのは、本当に運が良かったと語っておられました。勿論、大学に行かずとも、立派な人は沢山居ます。でもね、生まれ落ちた場所で、既に格差が生じてしまうって、どうなんでしょうか。余りに不条理と思います。ところで僕、社会生活を営む上で、競争は避けられないと思うんです。だって、係長でも課長でも部長でも、1つの部署に沢山造る訳には行きません。となりますと、努力した人、人柄の良い人、マネジメントに長けた人、或いは特殊なスキルを持つ人が昇進しますよね。其れは、其の人なりの努力の成果な訳ですが、でも、上記の釧路の子供達の様に、スタートラインで大差があるのって、アンフェアでしょう。せめて、よーいドンの時は、同時じゃないとねえ…。

実は此れ、アメリカでも同様なんです。「ヒルベリーエレジー アメリカの繁栄から取り残された白人達」と謂う、昨年大ベストセラーになった書がありまして、僕、随分前に読破したのですけれど、著者は先の阿部先生同様、オハイオ州の相当な田舎で生まれたと。周りは貧しいアイルランド系の労働者階級の人達ばかり、大学って何?と謂う環境だったとか。著者は海兵隊に入隊、其処から大変な苦学の末、大学院を出て弁護士資格を取るのですけれど、此れは本当に僥倖であり、自分は偶然に恵まれて幸運だったと何度も語っておられました。

話は変わるのですけれど、明日公開の「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」と謂う映画があるんですが、僕の大の贔屓のマーベル社の作品なんです。実は此の映画、大変な出来の良さらしく、全米では公開前から前売り券が爆発的に売れ、既に社会現象化しているんだとか。もう、世界的な大ヒットは約束されていると謂っても過言では無いでしょう。僕、近々の内に映画館に行く心算ですから、拙ブログでレポートしますけれど、先に触れた釧路やオハイオの子供達は、本作を観る事すら無いんですね…。

僕、此れでも一応法学士でして、大学院で国際政治を学びました。当時、新自由主義の考え方が全盛でして、「資本主義の社会において、努力した者が全ての成果を得るのは当然」、其れが絶対だったんですね。僕、時折疑問が生じながらも、テクストを読む日々でした。でも、其れから月日が流れ、僕も社会に出て経験を積み、知恵も増えました。此れだけ格差が広がりますと矢張り、新自由主義は間違っていたと思わざるを得ません。共産主義にせよ、新自由主義にせよ、「此の考えは絶対だ」と謂い出したら、もう其処で間違ってますぜ。だって、世の中に絶対ってありませんもの。ですから、現政権の考え方、都会偏重地方軽視、富裕層優遇貧困層冷遇、其れを絶対視している訳で、此れは大きなミステイクでありましょう。

閑話休題、イギリスはポーツマス大学の、ジョン・マギーハン教授が、先日論文を発表しました。僕、此の研究が進めば、ノーベル賞確実と思うのですけれど、プラスチックを食べる酵素が造れたんですって。何でも、研究室で偶然出来ちゃったそうなんですが、此の酵素がより進化発展すれば、プラスチックを瞬時に分解出来るかもしれないそうです。プラスチックのゴミ、実は大変な問題でして、先ず、数百年は残ってしまいますよね。だって、日本だけでも、プラスチックゴミって年間800万㌧、スーパーの袋だって、年間300億万枚ですって。日本だけでそうなんですから、気が遠くなる程のプラスチックゴミが出ている計算となります。マギーハン教授には是非とも頑張って欲しいですよね。

さて、此のマギーハン教授、姓から察するに、恐らくスコットランドかアイルランド系の方と思うんですが、先生が属するポーツマス大って、勿論ポーツマスと謂う街にあります。でね、此のポーツマス、人口20万の港町でして、ロンドンから100㌔以上ある、辺鄙な場所なんですね。読者の皆様に、冒頭の話を思い出して欲しいんですが、釧路も人口20万の港町であり、札幌まで300㌔、どうですか、ポーツマスに酷似してませんか!?でも、ポーツマスには伝統ある名門大学があり、世界的な教授が居て、釧路には全く無い訳ですよね…。

僕、日本の行政は間違っている、声を大にして謂いたいです。だって、例えばドイツでは、学生が25歳になるまで、児童手当が支給されますよね。イギリスでも、18歳になるまで国が積立をしてくれ、其の銀行口座は親でも触れないと聞いた事があります。フランスでは、18歳の若者が、書籍購入や観劇等々、文化関連ならば7万円、自由に使って良く、其れを国から支給する、カルチャーパスと謂うシステムを来年から導入するそうでした。

ホント、此の国が何とか持っているのは、行政では無く、民間の努力の賜物、僕、つくづく其れを感じます。此処大分では、宇佐の麦焼酎が名産なのですけれど、生産過程で、大量の麦カスが出て、其の処理に困っているんだとか。でね、感心したんですが、其のカスを回収、発酵させる過程でメタンガスが出ると。其のガスで発電をし、残った液体は肥料とし、宇佐名産のカボス畑に撒くとの事でした。北海道では、小さな町のベンチャー企業が、小型ロケットを開発、今週の土曜日に打ち上げる由です。大阪にニューエラーと謂う、電装品中堅メーカーさんがあるんですが、其処はタイに現地法人を造ったんですって。何と、其のタイ支社の社長は、26歳の女性でして、何と昨年は、過去最高益を更新したとか。此の社長、新たな服飾会社も立ち上げ、こちらも大成功とか。やはりねえ、地方のポテンシャルを馬鹿にしちゃあいけませんぜ。全ての地方出身者に幸あらん事を…。
スポンサーサイト

ザ・グレートジャーニー

いや~、其れにしてもしかし、自民党の醜聞は止まらないですね。アソウ副総理は、未だにセクハラについて擁護し続けてまして、彼の謂い分に依れば、「女性側のハニートラップだ」「はめられた」ですって。謂うに事欠いてと思うんですが、もうねえ、何とかに付ける薬はありませんぜ。しかもね、ハヤシ文部科学大臣が白昼堂々、公用車で、キャバクラヨガ?なる風俗店に日参してた由、週刊文春に動画まで撮られちゃいまして、己の罪を全面的に認めていました。しかも此のハヤシ、昨年はタクシーに当て逃げした挙句、其の運転手さんに暴行を働いたとネットに出てましたけど…。でね、僕、アベ政権の公約を思い出したのですけれど、「全ての女性が輝く社会を創ります」でしたよね!?もうねえ、質の悪いブラックジョークにしか思えませんし、呆れ果てて空いた口が塞がりません。しかもね、総理夫人のアベアキエ、極右団体のデモに感謝のメッセージを送った由、もう此のヒト、表に出すべきじゃないでしょう。拙ブログでは再三再四述べてますけれど、差別的でファナティックな団体に、ファースト・レディが賛同の意を表明するなぞ、先進諸国では其れだけで大問題になるのは必至です。此れ、国際的な常識なのですけれど、其れすらご存じ無いんですね~。老婆心ながら総理、もう潔く退陣した方が、此の国の為になる、僕、そう思うなァ。

閑話休題、朝から罵詈雑言の連発、本当に失礼しました。話題を変えまして、広島カープの看板選手であり、国民栄誉賞の衣笠祥雄選手がお亡くなりになりました。享年71歳、謹んでご冥福をお祈り致します。安らかにお眠り下さい。僕、衣笠選手の現役時代、TVは勿論、甲子園の阪神-広島戦でも見た事があります。無事之名馬の諺通り、本当に怪我に強い名選手でした。骨折しても試合に出続けたのは有名ですけれど、常に豪快なフルスイングで三振が多いのはご愛嬌、盗塁王を取った程の俊足ですし、守備も抜群でした。でもねえ、17年連続全試合出場って、不滅の大記録ですよね。如何に彼が身体が強かったかの証左でありましょう。将に超人と思いますけれど、各界には凄い人達が沢山居ます。

僕の大好きな、ファンク・ミュージックの帝王、ジェームス・ブラウンなんて、73歳で亡くなる其の直前まで、ワールドツアーで全世界を飛び廻ってましたもんね~。ロック界のボスであり、生きる伝説のブルース・スプリングスティーンは、御年68歳ですけれど、彼のライブは未だに、4時間半と謂う長さです。此れ、若手のミュージシャンのライブでも、2時間半程度なんですから、一体全体、どんな声帯をしてるんでしょうね!?そして、彼の新作が来たら僕、必ず劇場で観る様にしているんですが、クリント・イーストウッド監督は87歳にして、ドキュメンタリータッチの新作が今年公開されました。来年公開予定の作品は、ミュージカルでして、こりゃ100歳まで撮って欲しいものです。日本だって負けてはおりませんで、新藤兼人監督は100歳で亡くなりましたが、99歳にして新作を公開、映画雑誌のキネマ旬報では、其の年1位を見事獲得しました。

でね、最近のDNAの研究って、本当に凄いと感心するんですが、東南アジアに、パジャウ族と謂う少数民族が居るんですって。彼らは、フィリピンやマレーシア、インドネシアに点在しているんですが、生業としているのが素潜りで魚や貝を獲る事なんです。其の生活を1000年以上続けている由なんですが、何と、驚くのが、水深60㍍の処に、10分以上平気で居られるんですって!彼らパジャウ族は、酸素を運ぶ赤血球をリサイクルする役割の脾臓、其れが非常に大きくなる、遺伝子の変異があった由でした。1000年掛けて潜水の名手になった過程で、遺伝子も進化したと謂う事なんでしょう。又、チベットの高地で暮らす人達は、酸素が薄くても大丈夫ですよね。此れ、初期人類の1つである、デニソワ人との異種交配の結果、其の遺伝子が受け継がれたからですって。

いや~、皆さん超人と思うんですが、僕、其れに勝るとも劣らないと感じますのが、冒険家の人達なんですよね。彼の有名な小説「ロビンソン・クルーソー」、あれ、実話でして、実在の人物がモデルなんですね。アレキサンダー・セルカークと謂うスコットランド人の船乗りが、南米はチリの沖合の絶海の孤島に漂着、粗末な幾つかの道具だけで、4年半サバイブした話を小説化したんです。夜になると大勢のネズミ達が、セルカークさんを食べに来て、不眠に悩まされたそうですが、野性の猫を飼い慣らし、熟睡出来る様になった由、人間、どんな苦境に陥っても、何とかなるもんですね~。

そして僕、古代の探検家達にも感動するんですよ。紀元前450年と謂いますから、遥か彼方の遠い昔、地中海沿岸を支配していた海洋民族、カルタゴの国には、ハンノと謂う船乗りが居ました。カルタゴは、港湾と其の周辺を支配するだけの交易民族でして、植民出来る地を探していたんですね。其処で白羽の矢が立ったのがハンノでして、大艦隊を率い、アフリカ大陸の西側の殆どを航海しました。紀元前に、どれ程の航海技術があったかは定かではありませんが、大偉業ですよねえ。面白い事に、此のカルタゴの民、ハンノだけで無く、ヒミルコと謂う航海者や、象を連れてアルプス山脈を越え、ローマ帝国に攻め込んだハンニバル等々、大冒険家が多いんですよね。

でも僕、此処まで書いて、ハタと気付きました。僕達人類は全員、其の冒険者達のDNAを受け継いでいると。だってね、僕達のご先祖様はアフリカで生まれ、野生動物を食べ、時には食べられ、安住の地を探すべく、徒歩で、粗末な船で、星の明かりや太陽の位置を見ながら、全世界へと旅立った訳でしょ。ですから、誰にでもサバイブする能力が備わっていると思うんですよね。そして、旅行が心底嫌いな人って、余り居ませんよね。此れ、僕の推測ですが、皆が旅行を好むのは、かってご先祖様が世界を旅した、太古の記憶を追体験したいんじゃないですかね!?と謂いますのも、僕がかって豪州に住んでいた時、先住民のアボリジニの人達が住む、コミューンを訪れた事があるんです。其処で聞いた話なんですが、其のコミューンに、インド人留学生達が来て、母国の古い古い歌を唄ったと。そうしましたら、アボリジニの人達が、「其の歌なら分かる」と、一緒にハミングしたんですって。うう~ん、時は流れて幾星霜、数万年前にインドに住んでいた人達が、オーストラリアまで旅し、其のまま住みついたのかも!?其の古い古い歌は、数万年前から続いていたのかもしれませんね♪

♪ 仮想ディストピア ♪

お蔭様で大盛況に終わった、当院のカルチャーフェスティバルですけれど、僕の親友のMさんも来て下さいまして、興味深い話を聞きました。彼は生粋のモノノフ、即ち、ももクロの大ファンなんですね。彼にアテンドして貰って、別府で行われたももクロのライブを観たのを、昨日の事の様に思い出します。謂えね、アイドルのコンサートと馬鹿にする事勿れ、何だか昔の鎮守様のお祭りの趣がありまして、将にハレとケのハレ、日常では決して感じる事の出来ない、カーニバルを思わせる祝祭空間でありました。さて、其のももクロの皆さん、1人抜けて4人になりましたけれど、親友のMさん曰く、とっても面白い試みをやってるんですって。地方自治体に手を挙げて貰い、地域の活性化を手伝うべく、色んな田舎町でライブをやっているんだとか。つい最近、滋賀県の湖北にある、東近江市で行なったライブでは、人口11万人の街に2日間で3万2574人のファンが集結したとか。でね、地域を巻き込んでの大イベントだった由、そうなりますと、交通機関は勿論の事、地元の商店街から食べもの屋さんから、全てが活気付くのは必定ですよね。単純計算ですけれど、宿泊費+飲食費で1日1万として、3万を超す人が来てますから、其れだけで3億ですよ。其の他、JRに飛行機にガソリン代、グッズにCDにDVD等々、1回のイベントで、軽く10億前後は動くんじゃないかしらん。いや~、大したものですし、全国の自治体が手を挙げるんじゃないかなァ。4人の少女とマネージャーの頑張りで、此れだけの事が出来るんですねえ…。

民間は本当に頑張っていると痛感しますけれど、其れに較べて、政府や官僚が絡むと、まァ、目も当てられません。ほら、暫く前から、「クールジャパン」と銘打って、政府肝煎りで、アニメや映画や伝統芸能や食等々の日本文化を、世界に発信しようと謂う試みでした。勿論、其の財源は僕達の血税な訳ですけれど、2013年に此の事業を開始して早5年、現時点で44億円の大赤字ですって。大体ね、政府や官僚が日本文化を紹介して金儲けしようだなんて、此の世で一番センスの無い連中が、出来る訳が無いじゃん。こういう輩を身の程知らずと謂いますし、其の44億円、ももクロならば、4~5回ライブやったら儲けそうですぜ。

此の、民間VS政府の図式、今回の財務省のセクハラ事件でも同様でありましょう。世論調査を見ましても、財務省やアソウ大臣の責任を問う声が、圧倒的じゃありませんか。でも、政府側は、「ハニートラップだ」「セクハラを受けた女性が、其の会話を録音し、週刊誌に流すなぞ犯罪行為だ」「なら、取材する者は皆男性にしろ」「セクハラと疑われた側の人権は無いのか」、まァ厚顔無恥でありまして、良く謂いますぜ。大体ね、1年半に渡って執拗にセクハラを受け続け、其れを上司に報告しても梨の礫、有耶無耶にされた訳で、じゃあ、女性側はどうやって己の身を守れば良いんですか!?ならばセクハラの物証として、録音して、他のマスコミに訴えるしか無いでしょうに。ハニートラップとか、滅茶苦茶謂ってますけれど、卑猥な言葉を連発しているのは、男性のニッタ事務次官側じゃありませんか。取材する側は全員男性にしろって、そりゃもう女性差別でしょ…。セクハラを疑われた側の人権、其れは勿論あるでしょう。でもねえ、セクハラされた側にも人権はあるんですぜ。もうねえ、お話になりませんし、数秒で論破出来る様な、幼稚な理屈は金輪際止めて貰えませんか。

僕、本当に心配になるんですが、此の男尊女卑の発想って、人種差別と表裏一体でしょ。今現在、日本に住む外国籍の方は213万人、其の内、働いている人は127万人を数えます。此れが現実な訳で、此れからは凄まじい少子高齢化と人口大激減になるんですよ。欧米のケースを見ても、多国籍の人達と上手にやって行くには、様々な問題が内包されているのは間違いありません。でも、此のグローバル社会の中、仲良くやって行くしか無いでしょう。なのに、日本の政治家どもの旧態依然とした、差別意識丸出しの発言には、本当に腹が立ちます。「美しい国」とか、良く謂うなァ。しかも、彼らって、余りに無自覚であり鈍感、そして想像力も感性も貧弱ですから、如何に人を傷つけているかすら、何も分かって無いですもんね。

もっと世界をご覧なさいよ。今、サッカー界では、世界最高峰のイベント、チャンピオンズリーグが真っ盛りです。僕の見る処、優勝候補の筆頭は、ドイツのバイエルン・ミュンヘンと思います。此のバイエルンの今季のメンバーをご紹介しますね。先ず、3人のフォワードの国籍は、フランス・オランダ・ポーランドでしょ。中盤のゲームメーカーの3人は、チリ・コロンビア・スペイン。そして守りを固める、キーパーを含めた5人は、3人のドイツ人とオーストリア人、そしてもう1人はガーナとドイツのハーフです。

野球ファンの注目を集める、二刀流の大谷選手、是非頑張って欲しいと期待してますが、彼の所属するエンジェルスのメンバーを見ましょうか。チームの主力の国籍は、シモンズがオランダ領キュラソー。プホルスがドミニカ。リベラがプエルトリコ。バルブエナはベネズエラ。ラミレスはニカラグア。そして我らが大谷君が日本でしょ。勿論、米国籍の選手も居ます。そして確かエンジェルスには、ルーツがドイツやアイルランドやイタリアの、欧州系の選手も沢山居た筈です。大体ね、此のエンジェルスから野球殿堂入りした名選手と謂えば、ロッド・カルーとフランク・ロビンソンとデーブ・ウィンフィールドでしょ。でも此の3人、順に、パナマ出身と黒人2人じありませんか。

ラグビーの、夫々の国の代表チームも同様です。ラグビーは、其の国に5年以上だったかな、居住すれば、代表チームに選ばれるシステムなんですね。大事なのは国籍では無い、ラグビーを愛する心があるかどうかだ、と謂う発想でありましょう。ですから、どの国の代表チームにも、国籍が異なる選手が居るのが日常なんです。例えば、ラグビーアメリカ代表選手の韋駄天に、ングウェニア選手って居るんですね。彼は、チーターと競争したと謂う逸話がある位で、100㍍10秒フラット、オリンピックも夢じゃなさそうですが、アフリカはジンバブエの出身です。我らが日本代表だって、日本人選手が殆どですけれど、ニュージーランドにオーストラリアに南アフリカ、サモアにトンガに韓国と、本当に国際色豊かですし、夫々が個性を活かし助け合い、素晴らしい好チームと、僕、そう思っています。

あの~、もし自民党っぽい差別的な発想で、チームを造るとしたら、先のバイエルンも、エンジェルスも、ラグビー日本代表も、全く成り立たないと思いますよ~。第一ねえ、此の国際化の時代に、国籍や性別で人を判断するなんて、アナクロニズム過ぎやしませんかね。僕の亡父は、そういう事を全く気にしませんでしたから、生家に来るお客さんって、本当に国際色豊かでしたよ。中国韓国台湾は勿論の事、白人のアメリカ人大学生が長期のホームステイをしたり、其の彼が黒人やヒスパニックの人達を沢山連れて来た事もありましたっけ。矢張り人間、肌や目や髪の毛の色、そして性別や経歴や年齢で差別しては駄目ですよね。僕、当院は決してそういう事が無い様、今後はより一層、フリー・フェア・オープンな組織を造る心算です!!

マイ・ビューティフル・ランドレット

今日は先ずはお礼から。昨日、当院特設広場にて、第12回大分下郡病院カルチャーフェスティバルが開催されました。快晴にも恵まれ、出演者を含め、来場者はちょうど700名を数え、大盛況の内に閉幕致しました。来場者の皆様方は勿論の事、患者様と其のご家族、出演者の方々、下郡地区自治会様並びに近隣の皆様、協賛企業各社様、そして司会の中華首藤様には、此の場を借りて厚く御礼申し上げます。本当にありがとうございましたm(__)m。又、ボランティアとして毎年多大なご協力を頂いている、大分東明高校衛生看護専攻科の皆様。そしてNPO法人築輪様、一般社団法人SWライフ サマンの木様、本当にありがとうございました。又、夫々の部署で、多くの来場者のホスト役を務めた、当院の全てのスタッフに、心からの感謝の言葉を捧げます。暑い中、本当にお疲れ様でした、ご苦労様でしたm(__)m。

僕が理事長に就任して13年経ちます。僕の発案で、此のカルチャーフェスティバルを始めたのですけれど、当初は、どれだけお客様が来て下さるのか、半信半疑でした。確か、始めた頃って、300人台だった様な、朧気な記憶があります。其れでも、職員全員の多大な尽力と創意工夫で、此処まで来場者が増えた訳で、もう1度、本当にありがとうございました。でもね、継続は力也と申しますが、矢張り皆で知恵を出し合い、お客様により喜んで頂ける様、努力した結果でありましょう。何だか僕、世の中の変化を、肌身で感じた様に思いましたねえ…。

卑近な例で恐縮ですけれど、例えばNHKの大河ドラマって、13年前は「源義経」、家族や親子や主従の絆、そして新たな国造りを描いた、極めてオーソドックスなお話でした。其れが、此の間の記者会見に依れば、大河の新作は「麒麟がくる」、何と主人公は大謀反人の明智光秀でありまして、天下のNHKも、内部では相当な変化の兆しがあると思いましたねェ。野球にしても、13年前は、イチローがスーパースターとして君臨してましたけれど、今朝なんて、二刀流の大谷君が、とうとう4番を打ってますもんね~。

僕、激動の此の世の変化に付いて行かなくては、どのジャンル、どの業界でも、生き残るのは難しいと感じています。だってね、アメリカでは、空気から水を造る事が出来る、特殊なパネルが既に出来ているんですよ。此れ、砂漠でも実験したそうですが、何リットルもの水が得られたそうです。しかもね、ドイツのアウディは、水と二酸化炭素から、燃料を造る工場を新設、既に稼働中ですもんね。となりますと、空気さえあれば、飲み物も燃料も造れちゃう訳で、原発なぞ、如何に時代遅れかと思えてなりません。

我が国だって、決して負けてはいません。青森県の女性社長が造った新製品は、野菜を使った10色のクレヨンでして、幼児が万が一口に入れても安心なんだとか。どういう野菜を使うのかと申しますと、ほら、ちょっと傷があったり、小さい物って、商品になりませんよね。此れ、廃棄しちゃうんですが、其の野菜を使ってのクレヨンだそうで、流石は女性らしい感性と、感服しました。そして、此れも僕、とっても感心したのですけれど、ため池の上に、太陽光のソーラーパネルを設置する動きが盛んだとか。ヘエエと納得したんですが、ため池って、固定資産税が掛からず、パネルを極めて安価に設置出来るそうです。しかもね、パネルを置く事に依り、ため池の上に蓋がある訳ですから、水質が改善される由でした。其の他、工期も短くて済み、地球温暖化を防ぐ由、良い事ずくめなんですって。あの~、因みにため池って、全国に19万か所以上あるそうで、此れらに全てパネルを置けば、原発なんて、本当に不要じゃないですかね!?

世界に目を向けましても、ドラスティックな変化が目立ちます。僕、流石はプーチン大統領と感心したんですが、2020年と謂いますから後2年後には、新たな大交通網が完成するそうです。ロシア~インド~イラン~トルコが、鉄路と海路で結ばれるそうで、スエズ運河を渡るより、運賃も所要時間も各段にお得なんだとか。となりますと、トルコの労働者やイランの石油やインドで生産される多くの品々が、ロシア経由で欧州に運ばれる訳です。となりますと、其の沿線であろう、中央アジアの国々や、ロシアの各都市が、大物流センターとして、大発展するかもしれませんね。そして、従来は宗教的戒律が極めて厳しかった、アラビア半島の雄、サウジアラビアが劇的な変化を遂げています。教育や福祉の重視、女性の社会進出を強力に後押しするのは勿論の事、今まで禁止されていた、映画の劇場公開も、35年ぶりに決まった由です。其れもね、全世界で大ヒット中とは謂え、極めて政治色の強い、「ブラックパンサー」ってんですから、世界は激変している事を痛感するばかりです。

其れにつけても情けないのが日本の政界でして、未だ世界NO1とは謂え、凋落しつつあるアメリカにしがみ付いてますでしょ。まァ、其れも選択肢の1つとは謂え、海外主要紙を見ますと、フィナンシャル・タイムズからワシントンポストからニューヨークタイムズから、「アベはトランプに見捨てられた」と、極めてシニカルかつ、クリティカルな内容の記事で痛罵されてました…。見出しを拾ってみますと、ミストリートメント・オブ・ジャパン、此れ、日本は不遇な扱いと訳すべきでしょう。アズ・スキャンダル・タールド・アベ、醜聞塗れのアベ、で良いのかな。しかしねェ、縋り付く様にアメリカに跪いても、足蹴にされてる塩梅でして、情けないったらありゃしない…。おまけに、アソウを筆頭に、自民党の長尾議員ですか、酷いセクハラ発言をしてまして、直ぐに撤回してましたけれど、其れが彼らの本性だと、賢明な日本人は皆、疾うに気付いてますぜ。

僕、つくづく思います。現代のトレンドを全く理解していない、日本の政界を決して見習ってはいけないと。当院は此れからも、世の中の動きに敏感であり、患者様や地域の皆様にとって、開かれた病院を目指して行く所存です。此れからも読者の皆様の、ご指導ご鞭撻の程、何卒宜しくお願い申し上げます。そして、来年もカルチャーフェスティバルを開催予定ですから、今回来られた方も来られなかった方も、是非お越し下さいませ。全スタッフ一同、心よりお待ちしています(^.^)/~~~。

ア・クワイエット・プレイス

今日は先ずは告知から。明後日22日の日曜日、9時から15時まで、当院敷地内特設会場にて、第12回大分下郡病院カルチャーフェスティバルが開催されます。当院を開放しまして、日頃お世話になっている、地域の皆様方への感謝をこめて、年に1度のお祭りなんですね。僕の発案で始めたのですけれど、今年で12回目を迎える事となりました。お蔭様で中々の好評でして、年々歳々来場者は増える一方なんです。今年は幸い、初夏を思わせる程の晴天の由、近隣の皆様は勿論の事、お時間のある方は是非お越し下さいませm(__)m。敬称は略しますが、特設ステージでは、滝尾中学校吹奏楽部、大分大学「OTIA」、小池原こども神楽、大分県立看護科学大学のアカペラグループ「BOSTONPARK♪」・「PIN-CHORD」、よさこいグループの大分大学「獲天」・滝尾翔舞隊~鼓和~」、TIMES DANCE STUDIOの皆様方のパフォーマンスをお楽しみ頂けます。司会進行は、TVやラジオで大活躍中の、中華首藤様。其の他、大分東明高校看護学科の皆様を始めとする、ボランティアの学生さん達のご協力を仰いでいます。模擬店では、カレー・焼きそば・フライドポテト・ソフトクリーム・手芸品販売・ジュースを用意しました。そして、NPO法人築輪様のお菓子販売、就労支援事業所「サマンの木」様の革細工販売のブースもあります。お子様方には、わたがしのプレゼントに加え、輪投げにヨーヨー釣りにつまみ細工体験も出来るよ~♪又、患者様による作品展示、タッセル作り体験、血圧・脈拍・体力測定も準備しています。もう1つ、認知症治療病棟を開放しまして、ご希望の方には、院内見学も可能です。当院全スタッフが、皆様のご来場を、心からお待ちしていますm(__)m。

閑話休題、其れにしても凄い時代になったと痛感します。謂えね、経済誌を読んでまして、吃驚したんですが、とうとうアメリカでは、AIドクターが誕生したんだとか。IDX-DRと謂う医療機器だそうで、患者様の目を特殊カメラで撮影、糖尿病性網膜症に罹患しているか否かを、瞬時に判断するんですって。もし此の検査に引っ掛かった場合、患者様は眼科医の診断を受ける由でした。でね、此のシステム、世界各国で開発中だそうで、既に臨床試験の段階なんだとか。グーグルが開発中のディープ・マインドと謂うシステムは、患者様の様々なデータを入力し、将来発症しそうな病名を割り出す事も可能だそうで、いやはや何とも、脱帽ですねえ…。又、AIがデザインをし、3Dプリンターで様々な新たな部品を造ったり、日野自動車の新たなトラックの設計は、コンピュータに依る物ですって。そして、将来的には、刑務所の塀が無くなるのではと謂われています。受刑者にGPS端末を付ければ、何処にも逃げられないと謂う発想でして、うう~ん、何だか怖い様な…。僕、此処まで来たかと感心したんですが、スコットランドの幼い兄弟が、おもちゃの帆船を購入、其れを近くの海岸から海に流したと。ですが此の帆船、かなり改造してまして、転覆を防ぐ為に重りを組み込み、浮力を増す為に樹脂を埋め込み、かなりの嵐でも転覆しないんだとか。でね、GPS信号を1日2回、自動発信する装置を設置、其の電力は太陽光の由でした。しかもね、「此の船が漂着したのを見つけた方は、海に流して下さい」とメッセージが書いてありまして、もう1年以上、航海を続けているんですって。スコットランド~デンマーク~スウェーデン~ノルウェーと経由、其の後アフリカに渡り、現在は大西洋を越え、南米のカリブ海を航海中の由でした。

テクノロジーの発達と進化は止まる事は無いでしょう。何処まで行くのか、其の果ては限りが無く、何だか恐ろしい気もします。実際、バッハ風の曲や、レンブラント風の絵画は、AIは既に創れますものね。僕、其れらを聴いたり見たりしましたけれど、確かに其れっぽかったです。でもね、AIを造ったのは人な訳です。幾らAIが優れていても、現在74億を超す人々の「個性」までは造れないと思うなァ。此の様々な個性こそが、万物の霊長たる人間の、最大のアドバンテージと謂えましょう。

例えば、僕、鰻が大好物の1つなんです♡僕、日本中を旅したり出張した際、機会があれば食べる様にしています。尤も、高価ですから、そうそうは食べられないのが難点ですが、其れでも、日本各地で夫々違うんですよね。関東ですと、蒸してから焼きますから、ふっくら柔らか、僕、此れが一番好きです。関西ですと所謂地焼き、蒸さずに其のまま焼きますから、カリカリとした食感で、やや脂が強い感じ。関東ですと、寿司で鰻はありませんけれど、関西では定番です。名古屋ですとやっぱりひつまぶし、此れは様々な味が楽しめますが、焼き方はかなり強く、バリバリとした鰻の味わいです。京都になりますと、きんし丼と謂いまして、ご飯の上に鰻の蒲焼、そして大きな卵焼きが乗っています。滋賀県の琵琶湖では、「じゅんじゅん」と謂いまして、鰻のすき焼が名物なんですね。博多はやや甘目のタレでして、「かえし」と呼ばれる独特の焼き方なんだとか。そうそう、水郷柳川のせいろ蒸しが有名ですよね。あれ、熱々で美味しく、此れも独特の味わいでした。ネッ、鰻1つとっても、此れだけ個性がありますでしょ。因みに大分では、「八つ瀬」と謂うお店が関東風で、僕は一番美味しいと思うなァ。鰻屋さんって、1つの食材しか無いのに、人間の創意工夫って凄いと、今更ながら感心します。此れ、日本の国民食とも謂える、ラーメンになりますと、博多に長浜に天理、札幌に喜多方に燕三条、尾道に鹿児島に徳島等々、甲子園大会が開けそうな程種類が多く、将に個性の塊でありましょう。

僕、最近のご婦人方って、本当に凄いと感心する事頻りなんですが、世界最高峰のレースと謂われ、1世紀を超す歴史を持つボストン・マラソン、其の女性の部で今回準優勝したのは、何と素人の方でした。サラ・セラーズさんと謂う看護師さんでして、疲労骨折で2年間のブランクがあり、7か月前にトレーニングを始め、フルマラソンに参加したのは2回目だったとか。しかもね、当日のボストンは、大寒波と強風に見舞われ、酷いコンディションだったそうで、其れでも此の好成績でしょ。サラさん、食生活やメンタルまでサポート出来る有能なコーチが付いて、日々練習を積めば、途轍も無い韋駄天になるんじゃないかしらん。

エミリー・ブラントさんと謂う、スコットランド系の女優さんが居ます。僕、彼女の映画とはご縁があって、結構観ているのですけれど、知的な雰囲気のクール・ビューティであり、本当に幅広い役柄を演じていて、感心していたんです。女王様。OL。レズビアン。捜査官。マジシャン。女医。教師。寡婦。妊婦。そして、ホラーもアクションもミュージカルも出来、未だ35歳なのに、本当に大した方でして、こりゃ大物になると僕、秘かに思っています。役作りの為の減量や激しい筋トレは当たり前、将にプロフェッショナルでありましょう。でね、彼女の経歴を知って、本当に驚いたんですが、親や親戚は弁護士や議員や医師ばかり、名家のご出身なんですね。其の中で女優になると謂う事で、猛反対に合ったと。其のストレスからか吃音症となり、其れは悪化するばかり、一時は、話す事を諦める程だったとか。ところが、役者として、自分とは別の人格を演じる事で、5年掛けて、吃音症を見事に克服したんだとか。うう~ん、彼女の演技は幾度と無く拝見してますが、とてもそんな風には見えませんでした。

日本の女優さんだって、負けてはいません。中江有里さんと謂う方でして、NHKの朝ドラのヒロインを演じた人なんですね。7枚のCDをリリースした歌手であり、50本以上のドラマ、12本の映画に出演した中々の売れっ子でした。彼女で感心するのは、尋常では無い努力の末、30歳を越してから、脚本家に転身した事なんです。毎年400冊を読破し、猛勉強の末、40歳にして法政大学文学部を卒業したんですから、本当に偉いなァ。彼女が手掛けた脚本は既に20本近く、小説やエッセイも書き、TBSテレビ番組審議会委員も勤めていますから、才色兼備の才媛ですよね。

当院は、先のサラ・セラーズさんやエミリー・ブラントさん、そして中江有里さんを見習うべく、全てのスタッフの個性を大事にしています。其れこそがAIに負けない人間らしさでありましょう。其の僕達が今度の日曜、カルチャーフェスティバルを開催します。拙い物ではありますけれど、皆様のご来場を心からお待ちしています。読者の皆様とも、日曜日にお会い出来たら幸いです!!それでは暫しの間、ごきげんようさようなら(^.^)/~~~
プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR