FC2ブログ

頼政

口開けて 春を待らん 犬張子、昨日の大分はそぼ降る雨、ほんの少しだけ、春めいて来た気もするのですけれど、僕、未だ風邪が抜けきって無い感じでして、此れ、何時治るのかなァ…。さて、此の週末、読者の皆様は如何お過ごしでしたか!?

僕、WOWOWのボクシング世界戦を観ておりました。WBA世界ウェルター級タイトルマッチ、フィリピンのマニー・パッキャオVSアメリカのエイドリアン・ブローナーの一戦です。チャンピオンのパッキャオは6階級を、挑戦者のブローナーは4階級を制した強者でして、将に世紀の一戦の名に相応しい、好ファイトとなりました。でもね~、全ての面で少しずつ、パッキャオが上回っていまして、判定にはなりましたけれど、完勝と謂えましょう。しかし、パッキャオって、不惑の年の40歳、今回が70戦目なのに、29歳のブローナーより速く動き、怒涛の連打もパンチ力も上って、こりゃもう脱帽最敬礼、おまけにスタンディングオベーションでありましょう。パッキャオがデビューしたのが1995年、16歳の時でして、其の時は47㌔のクラスでした。月日は流れ幾星霜、2018年の今、66㌔のクラスで戦っているんですもの、近代ボクシング史に必ずや名を残す、真のスーパー・スターなんですね。僕、彼のビッグ・マッチは、WOWOWで全て観ていますけれど、バレラにデラホーヤにマルケス、ブラッドリーにメイウェザーにモズリー、強敵から決して逃げなかったですもんね。誠に侍、真の男でありまして、中には負けた試合もありますけれど、彼の真価には何の関係もありません。おまけに今では国会議員となりまして、将来の大統領の座は確実視されています。

でね、僕、つくづく感じたんですが、日本にも、井上尚弥と謂う、素晴らしいボクサーがいまして、既に世界的な人気を誇る、日本ボクシング史上最強の男ですけれど、パッキャオの域に達するには、まだまだ修行が足りないでしょうねえ…。何が足りないのか、僕、相当考えたんですが、実は昨日、お風呂で気付いたんですよ~。アルキメデスが、風呂場で物理の法則を発見した時、エウレカ--見つけた--!とギリシャ語で叫び、街中を全裸で走り廻ったそうですが、何だか其の気持ち、分かる様な気もするなァ…。尤も、僕ならとりあえず、パンツは穿くかな…。

閑話休題、実は僕昨日、大分能楽堂で、大好きな能を鑑賞しまして、舞囃子に仕舞に狂言を堪能、そして「頼政」と謂う演目がトリでして、幽玄の世界に浸り、誠に結構でした♡でね、観世流の方の仕舞を観たのですけれど、此れが矢張り、流石の一言だったんですよ。観世流と謂えば、能を造った観阿弥がルーツ、800年近い歴史を誇る名門であります。観世清和さん、現代の観世流の宗家ですけれど、彼は、東京芸大を出て、世界中を公演、日本とフランスから勲章を貰っている程ですもんね。

話を戻しまして、其の観世流の能楽師の方の仕舞、素晴らしいとしか謂えませんでした。僕、能を観るのは昨日で確か5度目、ド素人が偉そうな事は決して謂えません。でも、其の素人ですら、凄さが分かるんですから、やっぱり凄いんですよ。先ず、音吐は朗々、声量があり、張りと艶のある声でした。動きに全く無駄が無く、正から動の動きも自然、そしてなめらかなすり足、美しい所作。膝と腰を上手に使い、頭のてっぺんから爪先まで、神経が行き届いている感じなんですよね。ゆっくりとした動きが多いのですけれど、かえってそちらの方が体力を使いますよね。

でね、能会堂の舞台って、決して広く無いんです。約6㍍四方の正方形なんですよ。其のスペースに、多い時には、シテ・ワキ・狂言方・囃子方に地謡、後見と居ますから、10人を超えるんですね。其の狭さの中、能楽師さんは、舞台のスペースを細胞レベルで熟知しているんでしょう、大きな衣装や能面を付けて、独特のリズム感覚と間で、前後左右に自由自在に動く訳なんです。四角い舞台を丸く使っていまして、後ろや横にも目があるんじゃないかしらん!?

此処からは僕の妄想、いや、空想なんですが、ボクシングのリングって、5・47~7・31㍍って決められているんですね。しかも正方形です。ネッ、となりますと、能舞台と酷似してません!?そして、能って、演目にもよりますけれど、公演時間は大体1時間です。ボクシングは、1R3分×12、ラウンドの合間に1分の休憩が入ります。ですから、試合時間は、凡そ47分です。ネッ、ボクシングと能の共通項って、意外と多いでしょ!?其処に、先に述べた、なめらかな動きやすり足、足腰の強さや距離感覚って、ボクサーには必須です。だから、ボクサーは皆、能の修業をすれば、もっともっと強くなれる、僕、そう確信しているんです。でね、其の発見に1人で興奮しまして、能楽師 ボクシング、でネットで検索してみたんです。そうしましたら、やっぱりいらっしゃったんですよ!上田敦司さんと謂う、親子代々能楽師の方でして、大阪在住なのですけれど、プロボクサーではありませんが、ボクシングジムで練習を重ねているんだとか。

うう~ん、やっぱり、人の気付かない事に気付く、此れこそが、ビジネス・シーンだろうとスポーツだろうと、学業や研究の世界でも同じですよね。此れ、ボクシングと能だけで無く、病院運営において、何か画期的な発見があると良いんですけどねえ…。
スポンサーサイト

二十四の瞳

♪ our life together. is so precious together. we have grown. we have grown. although our love is still special. let's take chance and fly away somewhere alone ♪、此の詩、印象的な鐘の音のイントロで有名な、ジョン・レノンの名曲、スターティング・オーバーの一節であります。♪僕達はずっと共に過ごして来た 其れはかけがえの無い 素敵なものだったね そして一緒に成長して来た 2人の愛情は特別なものだけれど 冒険をして 2人で何処かに飛び立ってみないか♪、下手糞な意訳ですけれど、そう間違ってはいない筈です。謂えね、昨日僕、タクシーで移動中だったんですが、車中のラジオから、いきなり此の曲が流れて来まして、僕が中学生の頃のナンバーですからね、母を亡くした当時の事が急に思い出され、恥ずかしながら僕、涙が溢れて参りました…。

さて、此のスターティング・オーバー、やり直す、再出発と謂う意味と思います。で、此れからの世の中って、将に其の「再出発」と申しますか、従来の価値観を棄て、新たな思考を身に付けませんと、とても厳しくなると思えてなりません。

だってね、今年から警察庁は、捜査にAIを取り入れるんですって。例えば、店舗内の客の動きをAIが分析、不審と思えば顔認証システムで登録され、自動的に追尾するそうですよ!去年のハロウィン、渋谷で大暴れした11人の若者が逮捕されましたけれど、其れはAIが寄与した処も大きかったんだとか。そして、空飛ぶ車の実用化は聞いてましたけれど、空飛ぶバイクまで現れましたでしょ。ドバイ警察が来年採用するんですが、此れ、時速70㌔で30分飛行可能だそうで、僕、動画を見ましたけれど、バイクの下部分にプロペラが4枚付いてまして、フワフワ飛ぶ感じ、何だか可愛かったです。此のバイク、カメラ内蔵で360度撮影可能、其の画像は瞬時に警察当局へと転送出来るそうでした。我が国では出前ロボットが登場しましたし、米軍はとうとう、昆虫兵器の開発を始めまして、研究助成金が100万$だとか。中国は、月の裏側に探査機を着陸させ、機内で綿花を植え、発芽に成功したそうです。尤も、1日で枯れてしまったそうですが、此れ、何時か成功したら、凄い事ですよね~。

此処までテクノロジーが進化しますと、当然僕達のライフスタイルも激変する事は間違いありませんよね。旧来の価値観が通用する筈も無く、考え方を大きく変える必要があるでしょう。

先日、日経新聞を読んでましたら、非常に興味深い記事が出ていました。東京都の成長率が全国平均を下回り、総生産も鈍化しているんだとか。例えば、愛知県の成長率が13㌫ならば、東京は7・6㌫ですって。東京って、多くの学校がありますから、毎年若い人達が集まる訳でしょ。親御さんが、上京した子供達に仕送りする額って、平均9万円なんですね。で、学生さんの数が途轍もありませんから、都内の銀行には毎月、地方から何百億も入って来る計算であります。東京って、地方に較べ、其れだけのアドバンテージがあるのに、経済がまるで伸びていないって、僕、相当深刻な事態と思うなァ。因みに、世界の都市ランキングってあるんですが、70の項目で採点するんですね。1位はロンドン、2位がニューヨーク、3位東京、4位パリ、5位シンガポールと続くんです。東京は、文化面で他国の都市に大きく劣ってまして、経済成長までも鈍化するとなると、パリやシンガポールに抜かれるのは時間の問題でありましょう。

もうねえ、東京一極集中なんて、ダサ過ぎません!?リスクヘッジの意味でも、此の天災が多い国で、東京に権限を集中させ過ぎるって、良い事とはとても思えません。僕、常々思っているんですが、政府は東京に残すとしても、天皇陛下のご一族は京都にお戻りになられ、経済機能は大阪に移転、官公庁は仙台とか、機能を分散した方が余程利口ですぜ。アメリカをご覧なさいよ。首都はワシントン、経済や文化はニューヨークでしょ。僕がかって住んでいた豪州も、首都はキャンベラ、最大の都市はシドニーでした。南米最大の国ブラジルだって、首都はブラジリア、最も大きな都市はサンパウロじゃありませんか。せめて日本も、其れ位の柔軟性が欲しいですよねえ。

閑話休題、僕、今、とっても注目している島がありまして、其れは小豆島なんですね。此の島、かっては人口が6万を超えていたんですが、今はもう3万人を切り、悲惨な状況なんです…。でもね、小豆島に移住する人達が年々歳々増えていまして、人口減少に歯止めが掛かったんだとか。此処、文化による街造りを提唱、実行していまして、従来の様な箱モノを建てて、何とかしようと謂うやり方とは、根本的に違うんですよね。僕、よくぞ考えたと感心したんですが、小豆島って瀬戸内海にあり、其の近隣には、幾つも島々があるんですね。で、12の島々が協力し合い、世界各地のアーティストを集め、瀬戸内芸術祭を始めたんですよ。バンドに劇団、芝居に美術展等々、3か月間に渡り開催するんですね。まだ3回しか行われてないんですが、前回行なわれた2016年は、観客動員が106万人と、開催される毎に増え続けているんだとか。海外メディアから取り上げられる事も増えていますし、今年は、春・夏・秋と開催されますからね、僕、行ってみようと思っているんです。

でね、こうした催しを続ける事により、瀬戸内海の良さを全世界にアピール、新たなビジネスチャンスも生まれ、寂れた街が再生され、そして移住者も増えて来た訳です。でね、僕、温故知新と申しますか、小豆島の芸術への理解、其の伝統を感じるんですよね。と謂いますのは、此の島には隠れた文化遺産がありまして、其れは歌舞伎なんですよ。小豆島歌舞伎と謂いまして、何と300年の伝統がありまして、江戸中期から始まり、現在に至るんだとか。どうやら、小豆島から旅に出た人達が、東京や大阪で歌舞伎を観て、其の魅力に魅せられ、自分達でもやってみようか、と謂うのが始まりだそうです。最盛期には、島に歌舞伎の舞台が50近くあり、日頃は侍や漁師や農家の役者さんが700人は居たそうで、とっても素晴らしい事と思います。此の小豆島歌舞伎、先の瀬戸内芸術祭にも勿論出ていまして、世界中の来客者から、大喝采を浴びているそうです。うん、此れぞ、生活と文化が程良くミックスされた、素晴らしい処と思うなァ。うん、当院には野球部を始め、幾つか部がありますけれど、演劇部を造るのも面白いかもしれませんね♡よおし、誰かやりたい人が居ないか、後で皆に聞いて来ようっと!

さて、相変わらず寒波は続く様ですけれど、皆様、防寒対策をしっかりなさって、素敵な週末をお過ごし下さい。其れでは、来週月曜日に又お会いしましょう(^.^)/~~~

♡ 仲良き事は美しき哉 ♡

僕、昨夜は会食がありまして、沢山の方々にアテンド頂き、遅い時間まで、本当にお世話になりました。関係者各位の皆様方、ありがとうございました。是非又お誘い下さいませm(__)m。談論風発和気藹々、誠に楽しい一時を過ごす事が出来たのですけれど、其れにしても寒かったなァ…☃カラスカァと啼いて夜が明けて、今朝も又、一段と冷えまして、思ふ人の 側へ割込む 炬燵哉、インフルエンザが猛威を振るい、大寒波が到来しているそうですし、皆様、体調管理にはどうぞお気を付け下さい。

身体のみならず、心まで冷える気がする今日此の頃、現政権の醜態には、もう僕、愛想が尽き果てました。だってね、先ずは外交ですけれど、日韓・日露・日中、何れも戦後最悪の状況でしょ。汝の隣人を愛せよ、キリストの旦那が謂ってますけれど、隣国と喧嘩ばかりして、何も良い事は無いでしょうに。そりゃ僕だって、国民は兎も角、韓国も中国もロシアも、国としては好きじゃありませんよ。でもね、社交辞令として、お隣さんと上手くやるのが大人の知恵じゃありませんか。人とのお付き合いは鏡の様な物、こちらが敬意を払い、丁重に接していれば、必ずや仲良くなれると思うんですがねえ。

内政ももう滅茶苦茶でしょ。国は、原発のメルトダウンの被害者との和解は断固拒否、2万人近い人達が、何も貰えないそうです。其の癖、原発は益々推進すると、経団連のお偉いさんが謂ってまして、こりゃもう人面獣心、常軌を逸してます。去年の、企業の人手不足倒産は、過去最多の387件だそうで、此れ、今後は加速するばかりだそうです。厚労省の雇用保険の杜撰な管理も、当初は国民に600億払ってなかったと謂ってましたけれど、プラス800億掛かるとか寝言を謂ってまして、其れでも官僚って、誰も責任を取らないんですもの、民間なら即日解雇でしょうに、将に親方日の丸ですよね。

そして、東京五輪の誘致に関する裏金疑惑、此れ、もう、如何しようもなくなってますよね。日本の大マスコミは、現政権に対し、忖度或いは遠慮しているのか、此の問題を全く報じません。でもね、東京五輪誘致の黒幕の男が、シンガポール地裁に捕まってますでしょ。フランスの検察も、竹田JOC会長を捜査するそうです。おまけに、分かっているだけで3兆円以上、東京五輪の会場建設費が掛かるんですって。因みに、東京五輪のメインスタジアムの建設費って、2500億なんですね。参考までに、前回のリオデジャネイロ五輪のメインスタジアム、500億で建ったそうで、う~ん、こりゃあ、政治家から官僚から土建屋から、金を抜きまくってますぜ…。去年の株式市場では、外国人投資家の日本株の売りが、過去最多の6兆円だったそうですが、そりゃ、こんな事をしていたら、そうなりますぜ。

閑話休題、今、イギリスが揺れに揺れています。移民反対の感情論ばかりが先立ち、EU離脱を決めた訳ですけれど、此処に来て大混乱でありまして、メイ首相の不信任案が出る始末でしょ。賛成306、反対325の僅差で否決されましたけれど、此れ、何時ひっくり返ってもおかしくありません。でね、イギリスがかって統合した、スコットランド・アイルランド・ウェールズも独立を虎視眈々と狙ってますでしょ。イギリスはかっての大英帝国、決して日が沈む事が無い、全世界を支配した国なのに、最悪のシナリオでは、日本の四国位の領土しか残らない有り様です。祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、哀れとしか謂えませんけれど、己の感情ばかりを声高に叫び、排他的な主張を繰り返していれば、こうなるのは仕方無いですよね。

僕、今の日本のままでは、イギリスを嗤えないと思えてなりません。徒に強げな事ばかり謂い、社会的弱者を蔑視し、隣国を蔑み、アメリカだけに媚び諂い、こんな差別的かつ排他的な思考では、お先真っ暗ですよ。ところで僕、高級官僚や二世議員に、エリートやエスタブリッシュメントの脆さを感じるんですけれど、彼らの歩いて来た道って、綺麗に整備された高速道路の様な物でしょ。道がある処は、快速で飛ばせますが、一旦悪天候になったり、事故があったら立ち往生、何も出来ずにあたふたするだけです。そして、自分と異なる価値観の持ち主は徹底的に排除でしょ。其の点僕なぞ、由緒正しい雑草育ち、自分独りででけもの道を切り開いて来ましたからね、土砂降りになろうと地震が来てもどんと来い、何処だって歩けますもの。我以外皆師でありまして、どんな人の意見でも虚心坦懐、素直に聞けますし、大体僕、差別って卑怯で大嫌いです!

ところで今、カナダのトロントって、様々な意味で、とっても勢いがあるんですって。経済に文化、観光に人口、何れもうなぎ登りなんですが、其の秘訣って、許容と寛容なんですよね。トロントの人口は、近隣の都市を合わせると凡そ600万人なんですが、其の半数が移民であります。話されている言語は200以上、でも治安は極めて良く、様々な人種が共存共栄しているんですよね。トロントは文化の街としても知られ、50以上のプロダンスチームと、6つのオペラ団体と、2つの交響楽団があるんですね。僕、かってYOUTBEで観た事があるんです。其のトロントのプロダンスチーム、アジア系からユダヤ系、EU各国に黒人、ヒスパニックにインディアン、そして混血と、様々なバックボーンを持つ老若男女のダンサー達が、実に楽しそうに仲良く踊ってまして、此れぞ、人類の未来のあるべき姿と僕、思わず涙がこぼれました。

此れからの日本は、否が応でも外国人を受け入れる訳で、ならば仲良くするしか無いじゃありませんか。ホント、己のエゴを棄て共存共栄、僕、其れしか無いと思うんですが、アベ総理、お分かり!?

天国と地獄

しかし参っちゃうなァ…。昨日の拙ブログでも触れましたけれど、今の日本は問題山積、もう僕、収拾が付かなくなっている気がするんです。其れと謂うのも、現政権の面々が無能ばかりだから、そう確信しているんですが、先ずは北方四島の問題です。何とロシア側は、「北方四島と謂う呼び名を、南クリール諸島に変更する様に。」ですって。どうもね、南クリール諸島となれば、北方四島では無くなる訳ですから、其れで北方領土問題は消える、と謂うロシア側の主張なんですって。強烈なゴリ押しであり、滅茶苦茶なんですが、おまけに主権はロシアのままとなりそうでして、無理が通れば道理が引っ込む、ホンマかいなと俄かには信じ難いです。でも、ロシア側が呼び掛けた共同記者会見を日本側が拒否した由、こりゃあ我が国にとって、相当不利な合意になりそうですよね…。将に土下座外交かつ、売国奴なんですが、皆さん、此れでもまだ、アベ政権を支持するんですか!?我が国の領土を取られた上、経済協力の美名の元、数千億円を貢ぎそうなんですよ!?今頃、プーチンの野郎、笑いが止まらないでしょうねえ。

東京五輪の賄賂スキャンダルも、日本のマスコミは黙ってますけれど、最早全世界のメディアが取り上げてますから、火を消す事はもう無理でしょう。AIやロボットの進化により、5年後には大量失業時代が来ると謂われてまして、其の数、1千万単位らしいんです。でも、外国人労働者をどんどん入れちゃって、此れ、何だか論理破綻してませんか!?時代遅れの原発にしがみつき、オトモダチの加計や森友ばかりを猫可愛がりでしょ。ですから、日本の富裕層の人達って、此の国に見切りを付け、アメリカに移住している方が激増しているそうです。長期滞在者が87万人、永住者が47万人って、此れ、極めて危険な状況じゃないでしょうか。

先程、外国人労働者に付いて触れましたけれど、先日、成人式のニュースを見ていて吃驚しました。新宿か池袋か失念しましたけれど、其の区では、外国人の成人者が、50㌫ですって!フランス・マダガスカル・ブラジル、カナダ・韓国・ウガンダ、マレーシア・中国・ウズベキスタンって、凄い時代ですよね。君は君 我は我なり されど仲良き、武者小路実篤先生の色紙を思い出します。でもね、其の反面、三重県では、鳶職のタイ人の成人者が、改造車を運転していて現行犯逮捕でしょ。そして、大阪では、学費を払えないとして、フィリピン人親子が無理心中してまして、本当に可哀相で心が痛みますけれど、現実の世界に、法律やセーフティ・ネットが全く追い付いてませんよね。僕、現政権って、外交内政経済、全ての面において、当事者能力皆無、未だにバブルの夢よもう1度と、幻想の中を生きている気がするんですが、読者諸賢の皆様方、如何思われますか!?

でもね~、僕、まだまだ諦めませんよ~。最新テクノロジーって日進月歩、凄まじい勢いで進化してますでしょ。政治家や官僚が旧態依然としたやり方をしていても、とっくに先を行ってますぜ。だって、太陽光を癌治療に使う研究が進み、天婦羅油の廃油を再製してジェット機の燃料とし、犬型の運搬ロボットも出来ました。でね、此れは驚愕したのですけれど、ドイツで、1000年前に亡くなった女性の遺骨が出たと。でね、先ずは骨を分析し、そして残っていた歯の歯石を調べたと。そうしましたら、其の人の生活習慣、史食生活、病歴、職業まで分かったんですって。其の歯石には、珍しい塗料が沢山付着しており、此の女性は彩色家であり、筆に付いた塗料を舐める癖があったのだろう、との事でした。いや~、1000年前と謂えば平安期、其の当時の女性の生活の殆どが解明出来るって、凄過ぎると思いませんか!?

ところで僕、大体毎日、7時前後に自転車出勤しているんですね。当院に来る途中、国道沿いの十字路があるんですが、早朝と雖も毎朝、かなりの交通量でして、相当数の車が行き交っているんです。皆さんお勤めに行かれてるんでしょうが、此の勤勉さ真面目さ、何だか僕、日本人の底力、ポテンシャルを感じて、此の国はまだまだ大丈夫と、何だかとっても嬉しくなるんですよ。そして僕、結構出張が多い方だと思うんですが、東京や大阪は勿論の事、高知なり広島なり、どの地方都市に行っても、皆さん早朝から活発に動き廻ってらっしゃいます。官僚や政治家とは大きく違う、民間の活力ですよね♡

其の民間ですけれど、鹿児島の沖合に、馬毛島と謂う無人島があります。西之表市に属するのですけれど、此の島を使い、宇宙飛行機の着陸場にしようとするプランが具体化しているんですって。そして、其の基地を中心に、学生さん達に体験学習をして貰ったり、宇宙研究所を造ろうとする計画なんだとか。どうせ無人島ですし、失敗しても左程被害は無く、良いじゃないと思うんですが、国が待ったをかけている由、米軍の飛行場にしたいんだとか。あのねえ、折角地方が画期的なアイディアを考えたのに、国が足を引っ張るんじゃないよ、此の大馬鹿野郎!

興奮しちゃって申し訳ありません。今度は成功例を。横浜に黄金町ってあるんですね。黒澤明監督の名作「天国と地獄」の舞台にもなった処です。何と申しますか、本当に柄が悪い処でありまして、墓地があり売春街がありドラッグが堂々と売買され、不法入国した外国人の棲みかであり、勿論暴力団も居たと。此の状態が半世紀以上続いたんですね。で、此処最近、此の街はすっかり生まれ変わったんですって。地元住民達が、此のままではいけないと、20年前に協議会を立ち上げました。大学・自治体・企業・警察の協力を仰ぎながら、四半世紀を掛けて、街を綺麗にしていったんだとか。そして今、毎年バザールや芸術祭が開催され、建築家達が中古住宅を全て美しくリフォーム、すると若者向けのカフェが激増、かっての無法地帯が、アートと若者の街に再生したそうでした。ですから僕、国が民間に権限を大きく移譲すれば、日本中の街が蘇ると思うんですよね。アベ総理、ふざけた外遊ばかりして、北方領土を取られてるんですから、其の費用、地方自治体にプレゼントした方が、よっぽど成果が上がりますよ~。

slow and steady wins the race

今日は先ずはお礼から。拙ブログの総拍手数が、何と67万を突破しておりまして、読者の皆様の日頃のご愛顧には、心から感謝しております。何時もご訪問頂き、本当にありがとうございます。悪口雑言に乱文、我儘放題かつ稚拙な悪文にお付き合い頂き、恐縮するばかりです。此処まで来たら、2000回の更新を目指して頑張ります。今後とも、叱咤激励ご指導ご鞭撻の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

さて、3連休の方も多かったと存じますが、皆様、週末は如何お過ごしでしたか!?此処大分は、葉牡丹の ならびて寒に 入りにけり、何だか冷える3連休でありました。春は桜に始まって、神楽囃子で夏祭り、秋はそぞろ寂しく、炬燵火恋しい冬となり、四季折々の情緒を楽しむのが我々日本人ですけれど、其れにしても僕、暑さも寒さも勘弁蒙りたいですねえ…。まだ風邪が抜けきって無い感じですし、読者の皆様方も、健康管理には充分お気を付け下さいませm(__)m。

僕、相も変わらず、ひねもすのたりのたりかな、何時もの週末でしたが、此処数日の一連のニュースには、ホント、怒りを禁じ得ませんでした。だって、厚労省の統計は滅茶苦茶、長年に渡り、組織的な不正を行い、凡そ1900万人の人達に被害が出た由でした。此れ、雇用保険を過少に支払っていたそうなんですが、其の額何と、567億ですって…。もう、呆れ果てて言葉もありませんよね。沖縄県民が、米軍基地の是非について、住民投票をしようとしたら、国が妨害する始末でしょ。北方四島問題も暗礁に乗り上げ、ロシア側は態度を硬化するばかりです。東京五輪にしても、誘致の責任者である、竹田JOC会長が、フランス検察当局から訴追されるそうでした。此れ、東京五輪を誘致する際、広告代理店の電通を通じ、多額の裏金が動き、其れがフランスの銀行の記録に残っていたんですって。此れ、もう既に世界中で大きく取り上げられているのですけれど、日本のマスコミは何も触れないんですよね。此れ、もしかしてもしかすると、関係者の多くが逮捕される、大スキャンダルになるかもしれませんよ~。

ホント、つくづく思うんですが、五輪にせよ北方四島にせよ、急がば廻れ、地に足を付けて、当たり前の事を当たり前にやれば、こんな無残な醜態を晒す事は無かった、そう思われてなりません。国家百年の計と謂いますけれど、現政権の面々は余りに、視野狭窄で近視眼的、5㍉先しか見ていない気がするんですよね。だって、或る統計に依れば、AIやロボットや技術革新のお蔭で、10年後の日本は、労働者は寧ろ余るのでは、と謂う意見も出ているんですよ。となりますと、外国人労働者を多数受け入れると謂う、現在の政策って、大きく誤っている気がするんですけど…。

閑話休題、此の週末は僕、映画「クリード 炎の宿敵」と、小説「流転の海」の世界にどっぷりと浸り、誠に充実していました。此れ、偶然の一致なのかなァ、両作品とも、非常に骨太かつ、大長編ドラマだったんですよ。先ず、映画の方ですけれど、此の作品は、謂わずと知れたボクシング映画、「ロッキー」シリーズなんですね。第1作目の「ロッキー」が公開されたのが1976年、そして今回の「クリード 炎の宿敵」が8作目でして、何と43年掛けて続いており、世界的な大ヒットシリーズでしょ。ザッツ・エンターテイメントと申しますか、涙あり感動あり歴史的因縁あり、傑作でありました。僕も思わず貰い泣きでした。役者さんも演出も音楽も良し、敵役も素晴らしく、劇場に行かれる方は、「ロッキー4/炎の友情」と、「クリード チャンプを継ぐ男」をご覧になられた方が、感動が倍増すると思います♡でね、此れが最も凄いんですが、此のシリーズ、ロッキー役を演じる、シルベスター・スタローンが脚本の殆どを書いてまして、43年書き続けるって、俄かには信じ難いですよね。でね、スタローンって、どちらかと謂えば大根役者、そう謂われ続けて来たんですが、年を経る毎に、存在感が増し、演技がどんどん渋くなりまして、継続は力なり、何と謂われようと、50年演じ続けて来たんですもの、いや~感服しました。

そして、「流転の海」ですけれど、作家の宮本輝先生のライフ・ワークであり、全9巻、凡そ5000頁、36年間書き続けて来たと謂う、ご自身のご家族をモデルとした、畢生の傑作であります。未読の方の為、ストーリーを書けないのが残念ですけれど、将に大河ロマンと申しますか、此れ、吉川英治先生の「宮本武蔵」、山岡宗八先生の「徳川家康」、尾崎士郎先生の「人生劇場」に匹敵する、国民文学になると思います。兎に角読んで欲しいですし、決して損はしないと思いますよ!またねえ、主人公は松坂熊吾と謂うんですが、古き良き明治の男でして、いや~、確かに欠点だらけなんですが、愛すべき快男子なんですよね♡何だか僕、パーソナルな話で恐縮なんですが、亡父を思い出しましたもの。

矢張りね、どんな世界でも、コツコツと地道に努力する人には敵いませんぜ。作家の武者小路実篤先生、明治期に理想郷を目指し、私費を擲って「新しき村」と謂うコミューンを造りました。作家の道楽と、悪評芬々でしたが、一昨年でしたか、とうとう創立100年を迎えましたもんね。僕のこよなく愛する野球界とボクシング界にも、素晴らしい男が居ます。故浜崎真二さんと謂う、身長150㌢の名投手が居ました。明治生まれの方でして、高校・大学・社会人と、名プレイヤーとして大活躍するのですけれど、戦争もあり、中々プロ入りは叶わなかったんですね。ところが決して夢を諦めず、何と45歳の時、監督兼投手として、現在のオリックスに入団します。弱小チームを率い、自ら投げて打って采配を揮い、2位に食い込んだんですから、男子の本懐、此処にありと謂えましょう。ボクシング界には、西澤ヨシノリと謂うボクサーが居ました。彼は大柄で、ライトヘビー級やクルーザー級と謂った重量級に属して居た為、練習相手は勿論、試合相手にも恵まれませんでした。で、彼の選択は、海外で戦う事でして、ドイツや豪州、韓国にタイと転戦、何と45歳にして、小さな団体ですけれど、世界チャンピオンになったんですね。

当院も、今後益々地道に、努力を積み重ねなくては!よおし、今週も全力で頑張るぞ~!!