日本奥地紀行

読者の皆様、週末は如何お過ごしでしたか!?僕、昼寝さめ 腕さするや 畳の目、終日ゴロゴロと怠惰に過ごしてしまい、殆ど眠っていた気がします。其れにしても此の時期、幾ら寝ても物憂く怠く、もう直ぐ僕も50ですからねえ、1週間の疲れが抜けないのかしら…。さて、もう直ぐ球春到来、プロ野球のオープン戦も始まる時期でして、まり投げて みたき広場や 春の草、今年の開幕も実に楽しみです。でもね、僕のご贔屓、阪神タイガースは相も変わらずひねもすのたりのたり哉、大丈夫なのかなァ、という陣容なんですよ。課題である野手陣も、他球団から来たベテラン2人しかレギュラーは決まっていません。守備の要である、捕手・二塁手・遊撃手は、候補者は居るんですが、帯に短した襷に長しでしょ。ファーストもサードも誰が守るのか分かりません。折角取った外国人野手も、サードと聞いていたんですが、熱心にセカンドの守備練習をしてましたもんね。一体全体、どういう選手編成になってんの!?投手陣も、先発は数が足りず、中継ぎ左腕も不足、ストッパーは外国人頼りの有り様です。4番打者、ストッパー、そして守備の要、誰も居ないじゃん…。こうなりますと今季は、偏に金本監督のハンドリングに掛かっている気がするんですが、僕、彼は好漢と思いますし、頑張って欲しいと願ってはいますが、鮮やかな采配を揮うタイプじゃないんですよね。どちらかと謂えば、選手の育成に長けたタイプの監督さんと思いますから、今年のタイガースは苦戦しそうだなァ…。最高に上手く行って3位がやっと、下手をするとブービー争い、即ち最下位もあるかと。しかもね、ベテラン2人がこけたら、ホントに2軍に毛が生えた様な陣容になりますよ~。は~、早稲田の清宮兄弟、タイガースに入ってくれないかなァ…。こりゃあ、立て直すには10年掛かりますねえ。でも僕、10年前20年前も、タイガースに関しては同じ事を言っていた気がしてなりません、トホホ…。

閑話休題、そういうだらしない男子はほっときましょう。現在、全世界の注目の的のトランプ新大統領、混乱?と混沌?を巻き起こしています。でも僕、米国内には、彼の強固な支持層があると感じるんです。其れは即ち、保守的な白人層であり、今までアメリカを支えて来た人達ですから、此れを倒すのは容易では無いでしょう。でもね、千里の堤も蟻の穴から、という諺通り、意外な処から崩れるかもしれません。其れは女性達の動きでありましょう。トランプは謂わずと知れた排他的な思考の持ち主です。ゲイや移民や女性を軽視する考え方ですから、其れに反発する人達が立ち上がり、ウィメンズ・マーチ、という運動を起こしました。以前、拙ブログでご紹介しましたけれど、フェイスブック等で連帯し、全世界で500万を超す人達が、反トランプのデモ行進をしたのは記憶に新しい処です。またね、其の主要メンバーは女性達だったのですけれど、参加者が凄いんですよ。マドンナにビヨンセにアリシア・キーズ。此の3人の歌姫のCDセールスは3億枚は行くでしょう。ナタリー・ポートマンにエマ・ワトソンにスカーレット・ヨハンソン。此の3人の映画のギャランティだけで、数百億ですねえ。シャーリーズ・セロン、ジュリアン・ムーア、ヘレン・ミレンのアカデミー賞主演女優賞の3人も揃い踏み、デモに参加しました。そして此のムーブメント、一過性の物かと思っていたら、ところがどっこい、「100日間に10のアクションを起こそう」と、運動は寧ろ盛んになっているんですね。僕、ホームページを拝見しましたが、地域毎に、反トランプの人達を集める集会を定期的に開催していまして、其れが例えばサンフランシスコ周辺で、1週間に80回を超えているんですね。此れ、勿論、全米のみならず欧州やアジアでもやっているそうですから、フェイスブックやツイッターって凄いですねえ。もしかしてもしかすると、ソーシャルネットワークと女性達が、トランプを倒すかもしれませんよ!?

そして昨日、世界3大映画祭の1つ、ベルリン映画祭が閉幕、最高賞である、金熊賞が決まりました。今回のベルリンの特徴は、女性がフィーチャーされた事でしょう。と申しますのも、最高賞を争う、コンペティション部門では、女性がメインの物ばかりでありました。審査委員も女性が大半を占めます。金熊賞は、ハンガリーの61歳の女性監督が獲得。話題になった作品のうち、「フェリシテ」は黒人のシングルマザーのお話です。そして、「スプーア」は女性動物愛護家が主人公。「ファンタスティック・ウーマン」は、トランスジェンダーの女性が主役を務めます。どれも何れ劣らぬ傑作揃いの由、食指が動きますよねえ。

ところで僕、昨日、イザベラ・バード、という人の本を再読していたんです。此のイザベラさん、明治時代の日本を訪れ、「日本奥地紀行」という名著を残しているんですね。当時の日本の風俗を知る貴重な資料であり、明治の日本人が素晴らしかった、まるで「エデンの園である」と書き残しており、何だか面映ゆい気がしました。でね、イザベラさんが旅をしたのは日本だけじゃありません。韓国、中国、東南アジア全域、オーストラリアにロッキー山脈、インドに中央アジア、中近東にアフリカまで足を伸ばした、大冒険家でありました。元祖、女性は太陽であった、という有名な言葉を思い出しますけれど、其のパワフルさには脱帽です。そして僕、最近感銘を受けたのは、オーストリアのゲルリンデ・カルテンブルンナーさんかなァ。此の人、女性で初めて、8000㍍を超える全世界の山々14か所を、全て無酸素で登頂したという、42歳の元看護師さんです。「私を支えているもの、其れは情熱です」との由でして、お写真を拝見しましたけれど、理知的で精悍に引き締まり、良いお貌をされていました。

でもね、現代の日本にも、凄い女性は居るものでして、TV等で既に観た方も多いとは思いますが、皆様、ヨシダナギさんというカメラマン、ご存じでしょうか!?彼女、中々美人なんですが、被写体はアフリカ民族でありまして、現地の方に受け入れて貰わないと写真なんて撮れませんよね。特に彼女は奥地の人々を撮るんですが、彼の地の人々は裸同然じゃないですか。吃驚しますのは、ご自身もすっぽんぽんになって撮るそうでして、其れで自然体の絵がシャッターに収められる由、彼女の写真を拝見しましたけれど、警戒心が強いであろうアフリカの少数民族の人々が、満面の笑みなんですよね。いや、驚きました。そしてもう1人、流浪馬里奥、さすらいまりお、と読み、勿論ペン・ネームなんですが、此の方もとってもパワフルな美人でありまして、日本のみならず世界中を放浪、絵の具を水の上でコントロールしながら絵を描くそうでして、中々見事なんですよ。ライブで絵を描き、デザインを製作し全国を廻り、上海でも展覧会を開きました。

どうもね、最近の日本男児はちっとも元気が無く、インドアも決して悪いとは申しませんが、世界は広いですよ!青年よ大志を抱けでありまして、上記の女性達を見習い、当院のみならず、日本中の男性に頑張って欲しいです!
スポンサーサイト

☾★ アル・アマル ☆☽

今日は全国的に強風の由、春一番も吹くそうで、けれど生憎の雨なんですが、其れにしても古人は大した物、二十四季節ではちょうど今の時分は雨水でして、当たるもんですねえ。此の春一番の後は、段々と暖かくなるのでしょう。ひとひらの あと全山の 花吹雪、此のビビッドな鮮やかさ、野中亮介さんの句ですが、素晴らしいですよね。ぜんまいの 月の中まで のびあがる、山々も 胡坐をかけり 冷やし酒、どこからも 風吹く島の きりぎりす、何て言うんでしょうか、のびのびしみじみと申しますか、大らかで爽快、そして自然体な句でして、素晴らしいと思います。僕、野中先生の、上座へと 言はれ牛鍋 には遠し、此れには笑いました。同じ男性でも、大御所の鷹羽狩行先生になりますと、ぐぐっと艶っぽくなるんですよね。輪に踊る ひとつの美貌 盗みつつ、蛍籠 ゆかた姿の 胸ほのか、ものを言ふ 唇見えず 蛍狩、麦秋の 覚えなき手の 目隠しよ、耳たぶを 花のごとくに 洗い髪、先生、何だかHですよ!何時の日か、両先生の様な、素敵な句が読めたら良いなァ。鼻毛抜き 思わず涙 痛かった、こんなどうしようもない駄句なら、コンマ数秒で出来るんですけど、僕、俳人への道は遥か彼方ですねえ…。

さて、拙ブログで何度か取り上げました、アベ総理の名を冠した小学校の件、段々と大騒ぎになって来ました。朝日新聞・ロイター通信を皮切りに、週刊朝日に夕刊紙や毎日新聞でも取り上げられましたし、今朝、週刊文春を立ち読みしてましたら、其処でも紹介されてましたよ。もう1度整理しますと、アベ総理の奥方が名誉校長の学校があると。其の学校法人に、殆どタダ同然で国有地が払い下げられ、学校の名前は総理のフル・ネームであると。そして、其の学校法人は極右団体が関連しているそうです。非常に分かり易い形の利益供与であり、口利きであり、此れ、本来ならば、内閣総辞職の大スキャンダルでしょう。だって、14億する国の土地を、自分の支持者に1億円でプレゼントしてるんですよ!?ネットで、其の土地や写真が既に出ていまして、坪50万円はする処が、坪5万円ですって!しかも、地下に廃棄物がある?として、其の処理代で1億円、学校法人にあげてますから、実質タダでありましょう。うん、僕、限りなく黒に近いグレーと思いますし、記者会見をして、説明責任を果たすべきじゃない!?大体ねえ、自分の名前を学校に付けるだなんて、何処まで夜郎自大で恥知らずなんだか、神経を疑いますよ、ホント。日本人の感性ならば、亡くなって神様になって神社に祀られたり、銅像や碑が出来るのが精一杯でしょうに。外人のセンスと謂いますか、向こうの人って、軍艦に人の名前を付けるんですよね。戦艦「プリンス・オブ・ウェールズ」、空母「リンカーン」「ブッシュ」「ワシントン」「レーガン」とかね。此れ、日本で当てはめたら、戦艦「田中角栄」、空母「伊藤博文」とか、強烈な違和感がありませんか!?ですから、旧日本海軍の命名なんて、まるで源氏物語の様に、雅で美しいですもん。暁、陽炎、五月雨、不知火、東雲、白露、朝霜…。西郷隆盛翁も聖徳太子も昭和天皇も、名前を冠した学校なんてお持ちじゃないでしょ。アベにどんな実績があるのか皆目分かりませんが、大体、自分の名前をひけらかそうだなんて、粋じゃありませんし、野暮の骨頂、無粋の極みでしょ。あ~、嫌だ嫌だ。

閑話休題、此の国の来し方行く末が気になりますけれど、お隣の韓国も大丈夫なんですかねえ。大統領は最早レーム・ダック、死に体ですし、今朝、サムスンのトップも、収賄の容疑で逮捕されてしまいました。韓国経済って、非常に特殊でありまして、幾つかの財閥による寡占状態なんですね。確か、GDPの7割以上が其の財閥によって占められています。特に、サムスンは韓国最大の財閥ですから、此処のトップが逮捕されるという事は、経済も大打撃間違い無しでありましょう。韓国経済が大発展したのは、漢江の奇跡と呼ばれた1960年代です。此の時期、日本との国交が正常化し、戦争の賠償金を手にした韓国は、特定の財閥に集中的に投資、経済成長を成し遂げたんですが、其の構図が其のまま残っているんですね。ですから、先進国では珍しく、財閥に絶大な権力がある訳です。でもね、此のスタイル、古色蒼然と申しますか、サムスンと謂う親亀がこけたら、下請けである子亀も皆こけた、という形に成り易く、非常にリスキーなスタイルです。リスク・ヘッジが出来ないというのかな、其の点、台湾の方が利口ですねえ。台湾は、財閥なぞ無く、中小企業が乱立していまして、夫々がしのぎを削る形です。となりますと、1つの企業が潰れても、同業他社が沢山ありますから、国の経済で考えた場合は左程影響がありません。ですから僕、我が国も勿論ですが、隣国韓国も、パラダイム・シフト、産業構造の大きな変化が必至でしょう。日本の場合は、建築業に就労人口が集中し過ぎなんです。此れも、高度経済成長の名残でして、焼野原だった日本には、高速道路や新幹線に空港等、インフラ整備が喫緊の課題でしたから、ゼネコンは必要でした。でもね、少子高齢化が進み、人口も激減するのに、リニア新幹線を造っても、乗る人が居ませんでしょ!?だったら僕、福祉や介護に、働く人を誘導すべきと思うのですけれど、ちっともそうなりませんから、「失われた20年」という有名な言葉通り、日本経済は失速したまま、という訳です。皆、考え方を変えましょうよ!かっては道路を造る事や、五輪で成功しました。でも、其れから半世紀経って、世界は激変しているのに、旧態依然とした黴の生えたやり方で、上手く行く筈がありません。

僕、今、注目しているのはインドとUAEなんですよ。インドのアドバンテージは人口、UAEは石油ですけれど、両国が今、目を付けているのが宇宙開発です。代数にせよ幾何にせよ、其のルーツは紀元前の古代インドと謂われるぐらいで、隠れた数学大国なんですよね。ですから、IT大国として広く知られていますし、其のポテンシャルを活かしたのでしょう、インドは一昨日、104基の人工衛星を、ロケット1機で打ち上げる事に成功しました。此の人工衛星、かなり小型で軽量化しており、其れで104基も打ち上げられたんでしょうが、宇宙からデータを送り、農業や気象分析や都市計画に活かすそうでありました。UAEは、謂わずと知れた石油と天然ガスの産地ですが、世界一の超高層ビルがあるドバイに象徴される様に、其の富を上手く投資、観光・金融センター・中継貿易の拠点として大発展を遂げました。又、海水を淡水化する事に成功、大灌漑を行い、野菜の自給率は80㌫にまで達したとか。又、外国人も積極的に受け入れ、砂漠の国とは思えない、見事な進化です。そしてね、其のあり余る富を、今度は火星に投資するそうです。100年後の2117年、火星に人類居住可能な小都市を造ると、UAEの副大統領が高らかに宣言しました。此れ、夢物語と笑う勿れ、実はもうUAEは、火星探査無人ロケットを、日本の三菱重工に発注済みなんですね。2020年には打ち上げる由でして、其のロケットの名は、「アル・アマル」、希望と訳すそうで、僕、期待しちゃうなァ。

骨を埋むる何ぞ墳墓の地を期せん、人間到る処青山あり、でありまして、此れ、幕末の僧、月性の漢詩の一部なんですが、故郷を離れるのを恐れるな、外国で大きく羽ばたけ、という意味なんですね。当時の外国と謂えば、恐らく、他の藩や欧州、アメリカのイメージでしょうが、其れが今では宇宙ですもんねえ★どうか此の国が、インドやUAEの様に、若者が将来に夢を見られる事を願い、今日は筆を擱きます。さて、週末はまたもや冷え込む様ですが、全国的に快晴の由、皆様、素敵なウィーク・エンドをお過ごし下さい。それではまた来週お会いしましょう。ごきげんようさようなら(^.^)/~~~

♥ 心の壁、愛の橋 ♡

は~あ、何だか嫌な事ばかり…。と、珍しく愚痴って申し訳ございません。春は曙、やうやう白くなりゆく山際、少し明かりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる、とまァ、こんな優雅な気持ちになれれば良いんですけどねえ。どうも僕、毎年此の木の芽時になりますと、体調不良でありまして、何だか毎日熱っぽいんですよね。僕、元々気管支は余り強くないんですが、此の微熱って、やはり、寒暖差が原因なんでしょうねえ…。花粉症では無いと思うんですが、焼肉でも鱈腹食べて、元気を回復しなくては!頑張るぞ~。

と、其れも無理矢理の空元気でして、妙に頭が痛く鼻が止まらないんですが、昨日の拙ブログで書いたばかりなんですが、天下の東芝さんも今や風前の灯です。倒産のデッド・ゾーンと謂われる株価100円台、其れが目前の209円まで落ち、一部上場から二部に落ちるってんでしょ。二部に降格しますと、翌年までに債務超過を解消出来なければ、上場取り消しの憂き目に合います。毎週日曜夕方のサザエさんのスポンサーも降りるそうですし、将に春の夜の夢の如し、偏に風の前の塵に同じ、日本を代表する企業なのに、何だかとっても淋しい話ですよね。

そして、此れも昨日の拙ブログで触れましたが、暗殺された金正男さん、続報を読めば読む程、北朝鮮って本当に嫌な国だし、人間の醜さ哀しさ惨さを感じます。本当に可哀相。と申しますのも、正男さんへの暗殺指令、5年前から既に出ていた由でした。未遂に終わった事も度々あったそうで、実のお兄さんを殺さねば、権力が保てないという事なんでしょうが、でもねえ、北朝鮮内での粛清、もう十万人百万人単位でしょ…。自国民を大量に抹殺する国家が長持ちするとはとても思えず、旧ソ連にせよルーマニアにせよ、カンボジアもチェコも、共産圏国家は必ずや崩壊するのが常であります。親の因果が子に報う、怪談の真景累ヶ淵同様、肉親を殺す様な事をしていては、必ずや其の代償を払わねばならなくなる、僕、そう確信しています。そうそう、正男さんのご家族もきっと、狙われるのは必定でありましょう。一刻も早く、亡命した方が良いんじゃないかしら…。

国政に目を向ければ、東電は相変わらず虚偽の報告を繰り返していますし、国会も酷いですねえ。稲田防衛大臣って、極右団体や宗教団体と深い繋がりがあり、白紙の領収書を沢山切ったり、今日にも不信任案が出るそうですが、此のヒト、まともに国会の答弁が出来ないんですよ。矢鱈と長かったり、言語明瞭意味不明瞭、昨日なぞ、アベ総理がピンチヒッターで答弁してましたもんねえ。だったら、防衛大臣なんていらないじゃん…。任命責任ってないのかしら!?

でね、いきなり卑近な例で恐縮なんですが、僕、先に申し上げた様に体調不良の上、朝方自転車に乗ってまして、誰も居ないからいいやと信号無視をしたら、おまわりさんに叱られました…。まァ、此れは僕が全面的に悪く、きちんと謝ったんですが、ところで最近、眼鏡の調子が悪く、大分では老舗の、Yというお店に修理に出したんですよ。そうしましたら、届いた部品は間違えるわ、鼻のブリッジの部分は食い込むわ、二度も無駄足を運ぶわ、散々な目に遭いました。僕、小学校の頃から、此処で眼鏡を買っていたのに、グッスン…。でもまァ、此れも僕の不徳の致す処、まだまだ精進が足りないという事でしょう。

閑話休題、僕、先の件もあり、今度仕事で上京した折には、必ずや良い眼鏡を造ろうと心に決めたんです。そうなれば、敬愛し私淑する、ジョン・レノン御用達の白山眼鏡店しかありませんね。此処、全てが高品質のハンド・メイド、非常にしっかりした造りでして、各界著名人がこよなく愛したお店なんですね。めがねてん、では無く、がんきょうてんと読むのが凄いんですが、創業1世紀を優に超え、ジョン・レノン以外にも、エルトン・ジョンに坂本龍一が、此処の眼鏡を愛用しています。因みにお笑いコンビ、おぎやはぎのお二人に、奥田民生さんに佐野史郎さんに、みうらじゅんさんも此処の眼鏡なんですよ。此の白山眼鏡店、場所は上野広小路、御徒町の駅が程近い処ですから、山手線に乗りまして秋葉原で乗り換え、中央線で飯田橋まで出ましょうか。飯田橋駅を背にして歩けば其処は神楽坂、♪粋な黒塀 見越しの松に 仇な姿の洗い髪♪、謂わずと知れた花街なんですが、此処には、たつみや、という、此れまたジョン・レノンが愛した鰻屋さんがあるんですね。此処、場所柄を考えたら驚く程リーズナブルでして、辛口の味付けですから日本酒にもぴったんこで大変結構、ジョンの曲を思い出しながら、鰻重を頬張るのも一興でしょう。詳しい場所についてですが、鰻の薫りを辿って行けば直ぐに分かりますし、此れまた老舗、肉まんで有名な、五十番のお隣であります。

何だか、ジョン・レノン所縁の東京案内になって来まして、書いている本人も吃驚、でも段々楽しくなりました。さて、鰻で満腹になったら、口直しに珈琲ですかねえ。地下鉄飯田橋駅から、有楽町線が出ていますから、其れに乗りまして、銀座一丁目で下車、東銀座・築地方面に暫し歩けば、純喫茶「樹の花」があります。此処、ジョンとヨーコがしばしば立ち寄ったお店なんですね。同じ銀座には、ジョン以外にも各界著名人が沢山訪れた、カフェー・パウリスタがありますけれど、其処は余りに有名ですから、僕は「樹の花」がお勧めかなァ。ジョンが注文した、コロンビアコーヒーとクッキーのセットも美味しいですし、此処、ワインも中々充実していますから、僕は辛口の白とシナモン・トーストが贔屓です。

さて、〆はやはり、ホテルオークラ東京の、バーハイランダーでしょう。もう此処は、何を食べても呑んでも美味しい事は、僕が保証します♡でもやっぱり、ジョンが座ったという、確か窓際の席を確保し、此処はスコッチ・ウヰスキーが200種類以上ありますから、ボウモアかグレンリベットかオーバンのストレートを頼んで、フィッシュ&チップスで決まりかなァ。目にも鮮やかな、タータン・チェックの絨毯も素敵ですよ♡

と、此処まで書いてふと気付いたんです。書いている僕は楽しかったんですが、読者の皆様はどうだったのか、観光案内と謂うか、中途半端なグルメ・ツアーの様になってしまい、誠に恐縮でした、すみませんm(__)m。明日はもっと真面目に書きますね!

♪ HELLO ♪

未だ太陽も出ない朝まだき、愛犬の散歩に行きまして、コイツ、甲斐犬という犬種なんですが、非常に頭が良く身体能力に優れていまして、盗み食いを叱りながら、毎朝街中をジョギングしている有り様なんですが、ヒイヒイ言いながら戻りまして、熱いお茶を淹れてTVを付けたら、僕、もう、ぶったまげました。マレーシアの首都、クアラルンプールの空港で、北朝鮮の前指導者の長男、金正男さんが殺されたんですね。皆さん、疾うにニュースでご存じでしょうが、女性2人組から、毒針?で首元を刺された由でした。此の女性達は逃走中ですって。僕、かって両親と、クアラルンプールに行った事があるんですが、東南アジア有数のメガ・シティでして、当然空港もかなり大きく、大混雑なんですよね。ですから、其の雑踏の中、暗殺者達が正男さんに近付くのは容易だったんでしょう。しかし、享年45歳ですか、可哀相に…。謹んでご冥福をお祈りします。安らかにお眠り下さい。

実は僕、北朝鮮という国は大の苦手なんですが、此の正男さんには、或る意味シンパシーを感じていました。と申しますのも、かって、彼と日本人記者とのインタビューや、メールのやり取りをした本が出たんですね。「父・金正日と私 金正男独占告白」五味洋治著 文藝春秋、でありまして、此の謎の国の有力者のインタビューなぞ、そうそう読めるもんじゃありませんからね、一気に読了したのを覚えています。インタビューは7時間、メール150通を紹介しているんですが、正男さん、共産圏に居たとは思えない程、リベラルで常識的なんですよ。スイスに留学経験があり、韓英仏露中の5か国語を解するバイオリンガル、かって日本のディズニーランドにお忍びで来ていて捕まってましたが、経済やコンピュータにも精通しているんですね。そんな国際人が、閉鎖された国である北朝鮮と合う筈も無く、独裁者だった父からも警戒され、国外追放となる訳です。僕、前著を読んで感じたのは、非常にフランクで人懐っこく、真っ当な事を言う人だなァ、という事でした。彼の発言を幾つか拾ってみますと、「国の指導者が、三代も世襲が続くなど世界の笑いものです。」「共産主義を止め、国を解放しなくては。」「先ずは北朝鮮の食糧問題を解決すべきだ。」と言っていまして、正論じゃありませんか。只、其れが現政権の主に気に入る筈も無く、今回の惨事となった訳ですよね…。

しかし、北朝鮮も本当に大丈夫なのかなァ。だって、最高指導者の金正恩、最高幹部から中堅層から、何と2万人近くを粛清したってんですから、此れこそ恐怖政治でありましょう。犠牲者の中には、国を憂う優秀な人も必ずや居た筈ですよね。そして、先の正男さんの様な異母兄や伯父さんまで殺している訳で、苛烈な権力闘争があるのは想像が付きますけれど、其れにしてもやり過ぎじゃない!?まァ、独裁国家って、必ず敵対者の息の根を止めますもんね。かって、ソ連の指導者だったトロッキー、彼は権力闘争に敗れ、メキシコまで逃げるんですが、其処まで暗殺者が追いかけて来て、殺しましたもんね…。はァ、やだやだ…。

閑話休題、もしかすると、其の北朝鮮より危ないかもしれないのが、天下の東芝です。損失計上は7125億、不適切な会計処理も見つかり、株価は下がり続け、役員に不正も発覚、保有している幾つもの優秀な子会社も売らざるを得ず、大赤字の分析すらきちんと出来ていない由でして、将に断末魔の苦しみであり、四面楚歌でありましょう。何だか僕、かって地球に君臨した、大型肉食恐竜が、環境の変化について行けず、滅びて行く有り様を見せられている気がして、物悲しさすら感じます。大体ね、創業して1世紀を超え、リーデイングカンパニーであり、一部上場企業であり、日本を代表する企業が、決算の発表が何度も遅れて出来ないだなんて、明らかに異常事態、ガバナンスもコンプライアンスも全く出来ていないんでしょうね…。此れ、直接的には、原発事業の大失敗なんでしょうが、僕、もっと大きな原因があると思います。

僕、極めて基本的な事が出来ていないんじゃないか、そんな気がしてならないんですよね。其れって、要はコミュニケーションですよ。北朝鮮にせよ東芝にせよ、上層部には正確な情報が上がらず、見せられるのはメイキングした資料のみ。幹部の周囲には綺麗事を謂う茶坊主ばかり。其れで正しい判断をせよというのが無理な話でして、そうなりますと、朝令暮改となりますもんね。上が謂う事が二転三転、コロコロ変われば部下の信頼は無くなります。僕、此れ、会社だけじゃないと思うんですよ。プライベートな場面でも、約束を何度も破れば、信頼関係なぞ生まれる筈もありませんよねえ。出来ない事は出来ないとはっきり言う。出来ない約束はしない。自分のミスを認め、言い訳などせず素直に謝る。此の基本を守っていれば、きっと上手く行くと思うんだけどなァ。そうそう、かって此の国を独裁的に支配していた日本陸軍、天皇陛下に報告する戦況は嘘ばかり、居ない筈の戦車や石油も、大量にある事になっていたそうですよ。そりゃあ戦争に大敗する筈ですよねえ…。どうして状況を素直に見られないのかしら、其れって極めて未熟であり、成人した紳士淑女のやる事じゃないでしょ。と、書いている僕も、重々気を付けなくちゃ!

何だか書いていて陰鬱な気持ちになって来たのですけれど、其の暗雲を払う様なニュースを見て、僕、何だかとっても気持ちが晴れたんですよ♪昨日行われた音楽の祭典、グラミー賞において、大本命はビヨンセでした。以前、拙ブログでご紹介したビヨンセのアルバム、「レモネード」が途轍もない名盤でして、僕、ビヨンセのグラミー賞独占は間違い無いと確信していたんですね。ところが、開けて吃驚玉手箱、賞を独占したのは、アデルという若い歌手でした。此のアデルさん、イギリス生まれの所謂ブルー・アイド・ソウル、蒼い目をして黒人音楽を唄うジャンルの歌姫なんです。滅茶苦茶に売れてますし、僕、1枚持ってますが、確かに良いです。60年代のR&Bを思わせる音ですし、伝説の歌姫である、アレサ・フランクリンやエタ・ジェイムスの様な豊かな声量であり、ややハスキー・ヴォイス、確かに魅力的な歌手でありましょう。でもね、今回のグラミー賞に限っては、アデルの「25」というアルバムと、ビヨンセの「レモネード」では、圧倒的に後者の方がクオリティが高い、僕、そう思っていました。けれどアデルの圧勝に終わり、何だこりゃ、と些か憤慨していたんですね。そうしましたら、其のアデルさん、受賞のスピーチにおいて、ビヨンセさんにこう言ったんですよ。「私にとって最優秀アーティストはビヨンセです。今回のアルバム『レモネード』は素晴らしい作品です。深く考えられ、美しく、魂をさらけ出し、貴方の新たな一面を見られました。皆さん、是非『レモネード』を聴いて下さい。私達は感謝しているし、皆が貴方を尊敬しています。貴方は私や私の友達、私のアフリカ系の友達のお手本よ。貴方をずっと愛しています。」うう~ん、アデルさんもビヨンセさんも号泣してましたが、観ている僕も貰い泣きですよ!最後は、グラミー賞のトロフィーを折りまして、此れ、どうやらビヨンセさんに渡す由でした。アデルさんは恐らくアイルランド系の金髪碧眼、ビヨンセさんはフランス・黒人・インディアンの血を引いていますが、肌や目の色なぞ全く関係ありません。僕、他者を尊重し、心から認め合うという、崇高で美しい人間の姿を見せて貰い、何だか清々しい気持ちですもん。アデルさん、ビヨンセさん、ありがとう♪僕、体調が相当悪く、熱っぽくて鼻詰まりで正直苦しいんですが、今日はとりあえず、アデルさんの「HELLO」をBGMにして、頑張りますね!そうそう、皆さんもYOUTUBEで、両者の曲は直ぐ見られますから、是非聴かれてみて下さいね♪

♪ G線上のアリア ♪

いやあ、中々風邪が治りません。熱が無いのが不幸中の幸いでして、其れでもどうにか鼻や喉も回復しつつあり、でも、こういう治りかけの時が一番大事ですもんね。寒き田や 馬上にすくむ 影法師、こういう時こそ暖かい物を呑んで食べて、沢山眠って、しっかり養生しなくては。皆様もどうぞお気を付け下さいね。

さてさて、右を向いても左を見ても、馬鹿と阿呆の絡み合い、うんざりするニュースばかりであります。毎度毎度の事ながら、北朝鮮はまたまたミサイルをぶっ飛ばしてますし、もうねえ、ロケット花火と同じ感覚じゃないかしら。日米への威嚇なんでしょうが、そんなお金があるのなら、自国の食糧問題を解決すべきでしょう。ロシアのプーチンは、日本の北方領土の無人島に、勝手に名前を付けた由です。其れもね、日本に対し勇敢に戦い、勝利した軍人達の名前がズラリと並んでいるそうで、此れ、北方領土を返す気なぞ、更々無さそうですよね。あ~あ、日本の甘い見通しは将に画餅に帰す、確か経済協力と謂う名目で、何千億円も支払わされませんでしたっけ!?天皇陛下のご意向はちっとも通らず、ご退位の問題も、一代限りなんでしょ。国民の殆どと、陛下は同じ考えなのに、何故政府が邪魔するんでしょうか!?アベとトランプの会談は、欧米各紙からは冷やかに皮肉られています。そうそう、数日前の拙ブログで触れました、軍歌を斉唱させる極右小学校への国有地払い下げ問題、朝日新聞のみならず、とうとうイギリスのロイター通信でも取り上げられた由、此れ、政権を揺るがす大問題になるかもしれませんよ。

と申しますのも、本件を整理しますと、先ず、極右団体の幹部が此の小学校の総長なんですね。そして、此の法人の幼稚園と小学校の名誉校長が安倍総理の奥方であると。そして、此の法人は、大阪の国有地を地価の10分の1の価格で購入していると。しかもね、此の学校が寄付金を募っており、其の払込み用紙の画像がネットにアップされました。「安部晋三記念小学校への寄付を云々」としっかり書かれていまして、僕、確かに見ましたよ。先ず、国の財産を格安で入手するって、利益斡旋の罪でしょう。口利きであり政治的圧力であり、マスコミの皆さんが大好きな言葉、「説明責任」があると思うんですが如何!?何でも、地元の市議が長年に渡り執拗な調査を行い、漸く分かったそうでした。此れ、事実であれば、首相どころか議員辞職は免れない程の大スキャンダルなんですが、どうなります事やら…。もし、此の国に自浄能力があり、マスコミが正常ならば、首相を追求する筈です。もし何も動きが無ければ、此の国には、最早正義はありませんね…。

閑話休題、こういうブルーな気分な時は、心を清める音楽に限ります。という訳で僕、今朝のBGMは珍しくクラシック、バッハをかけています。チェンバロとフルートの清らかなソナタ、癒されますよね♪彼の音には一種独特な感じがあります。其の調べは宗教的でもあり禁欲的であり、美しい渓谷を流れる清冽な清水の様、そして精密な彫刻を思わせます。バッハは近代音楽の父と呼ばれていますけれど、其れも其の筈、後世の音楽にも多大な影響を及ぼしました。モーツアルトやショパン、シューマンにベートーベン等、後輩達が彼の音を精査し研究し咀嚼し、自分の音楽を造ったのは有名な話ですよね。此れ、ロック・ファンならご存じと思うんですが、ビートルズのフォーク調の名曲、「ブラックバード」のコード進行はバッハの影響であると、ポール・マッカートニー自身が認めていました。ハード・ロックバンドのディープ・パープルの大ヒット曲、「ハイウェイ・スター」もバッハのコードを借用した由です。そして、僕の大の贔屓である、ザ・フーというバンドの名盤「フーズ・ネクスト」では、如何にもバッハ調のフレーズを、シンセサイザーとピアノを使い、ハイ・テンポで演奏していまして、ううん、此れぞ将に近世と近代の融合と、僕、しびれましたもんね♪

さて、バッハと謂えば対位法、即ち、複数のメロディを同時に演奏し、調和させる、という手法を編み出しました。勿論、画期的なスタイルだった訳ですが、此処からは僕の推測なんですが、此れ、音楽のみならず、他の分野の芸術にも、多大な影響を与えた様に思えてならないんです。

と謂いますのは、バッハと同時期、欧州を席巻したのは、バロックと呼ばれる芸術形式でした。建築から文学から絵画に音楽と網羅しているんですが、僕、乱暴ですが一言でバロックを表せば、其れはシンメトリーであり、聖と俗の混合の様に思います。だってね、バロック期の建築物を見れば一目瞭然、左右対称に造ってますもんね。そしてね、当時の彫刻等を観ましても、美しい聖女が彫られているんですが、何処となく艶っぽく色っぽいと申しますか、何かセクシーなんですよね♡そう、バッハの音楽の特徴である、2つの旋律が調和している訳なんです♪其の傍証として、当時を代表する画家と謂えば、レンブラントとフェルメールの両巨頭でしょう。皆様疾うにご存じの通り、両画伯とも、明暗のコントラストを特徴としてますもんね。レンブラントの綽名は「光の魔術師」ですし、僕、フェルメールは上野の国立博物館で「真珠の耳飾りの少女」の原画を観ましたけれど、背景は漆黒の闇と思っていましたが、ポツリポツリと、星の様な煌めきがあり、ううん、将に此れが対位法なのかと感心しましたもん。

此の対位法、絵画や音楽や建築や彫刻だけではありません。僕のこよなく愛する映画の世界でも、名画では必ず使われています。2つだけご紹介しますと、天下の黒澤明監督の出世作となった、「酔いどれ天使」、タイトルが既に対位法ですけれど、劇中、主人公の三船敏郎がどん底に落ち、闇市を徘徊する、暗いシークエンスがあります。其処で流れる曲が、小学校の唱歌である、カッコウワルツですもんね~♪其の明るい曲調が、主人公の惨めさを強調するという、素晴らしい演出でした。そして、永遠の名作、ゴッドファーザーでは、ラスト近く、主人公の姪が教会で洗礼を受けるんですね。ちょうど其の時、主人公に敵対するマフィアや裏切り者を一網打尽、皆殺しにするんですよ。幼児が洗礼を受ける神々しい場面と、何人も虐殺するシーンが交互に来るという按配でして、此の対位法、僕、映画史に残る名場面と思います。

でね、様々な芸術界に多大な影響を残したバッハですら、「バッハ小学校」とか無い筈なんですよ。しかもねえ、現役の総理が、自分の名前を冠した小学校を造るなぞ、もうね、恥ずかしい限りですから、僕、即刻中止にした方が良いと思うなァ。