カット・アウト

先週末の土曜日ですか、阿蘇でロック・フェスティバルがありまして、出演者が中々良かったんですよ♪泉谷しげるを筆頭に、ウルフルズに電気グルーブ、サンボマスター、そして何故かお笑いのケンドーコバヤシでしょ。ライブには定評のある実力者揃いでありまして、気付くのが遅かった、行けば良かったと後悔頻りであります。さて、此の阿蘇と謂えば、古くから文学のモチーフとして、多くの文人墨客を惹きつけて来ました。春もやや けしきととのふ 月と梅、此れは内牧温泉で芭蕉が詠んだもの。行けど萩 行けどすすきの 原広し、此れは漱石。枯草の 果てに山あり 火を吐けり、此れは山頭火。秋晴れの 大観峰に 今来たり、此れは虚子。ここにして 人の文字なし 阿蘇の山 ただちに火もて 大空に書く、砂千里 草千里浜 阿蘇が峰の 霧は万里に つづくなりけれ、此の2つは与謝野鉄幹と晶子。其の他、若山牧水に汀女に碧梧桐、吉井勇に三好達治に徳富蘇峰等々、綺羅星の如きビッグ・ネームが、阿蘇について詠んでいます。僕、余り有名ではないのですけれど、明治の詩人尾上柴舟の句、おのづから 起る嵐に うちゆらぎ 狂ひめぐらふ 火の柱はも、此れには強烈な印象が残っています。

其の阿蘇ですけれど、未だに地震の爪痕は深く、僕、ニュースを見る度に胸が痛むんですが、日曜日の早朝に、NHKで特番をやってたんですね。何故プライムタイムに放映しないのか、憤りを覚えましたけれど、阿蘇の酪農家の皆さんが、政府や自治体に頼らず、自らの手で野焼きをし地割れを埋め牧草地を再建する、と謂うお話でした。僕、見ていてハラハラしたんですが、野焼きにせよ地割れの修復にせよ、殆ど命がけでありまして、此れ、民間の農家の人達がするべき事なんでしょうか…。政府が自衛隊なりに命令すべきと思うのですけれど、そういう必要な事は、決してしてくれないんですよね。

僕の造った格言?なんですが、「仕事の出来ない奴は、しなくて良い事をして、すべき事はしない」と謂う物があります。此れ、意外に当たっている気がするんですが、其れにしてもアベ総理と彼の側近達の言動は、目に余る物があります。森友学園や加計学園の忖度に始まり、昨日のニュースでは、アベ総理の側近の記者が、女性に薬を飲ませて意識を失わせレイプすると謂う、極悪非道な事件が告発されました。週刊新潮でしたか、既に記事にはなっていますから、ご存じの方が多いとは思います。でもね、此の山口と謂う記者、本当に酷いですよ。DNA鑑定でも黒、メールのやり取りが残り、そして目撃者がおり、女性を無理矢理ひきずっている姿が、監視カメラに残されていたんでしょ。こんなの、問答無用で逮捕と思うのですけれど、山口記者が総理官邸に泣きついた処、逮捕直前で無罪放免になったそうです。被害者の女性は、昨日の記者会見で顔も実名も公表しました。僕、こんな卑怯な犯罪を、決して許してはならないと思いますし、とっとと捕まえるべきでしょう!!僕、こんな卑劣漢を日本男児と思いたくありませんし、苟も侍の末裔ならば、腹を切れと謂いたいです!其れにしても、依怙贔屓が酷いんでしょうが、総理の廻りにはおかしな連中が多過ぎやしませんかね!?ま、所詮同レベルの人間と謂う事なんでしょうが…。

其の総理の所業、例えば共謀罪に付いては、国内外で強い批判が巻き起こっています。英国のロイター、フランスのル・モンド、そして国連と、社説や公式声明と謂う形で、アベ総理を正面から非難してますもんね。国内でも、ちばてつや先生に浅田次郎先生、柳田邦男先生に保坂正康先生と謂った、漫画界や文壇やノンフィクション界の大御所達が、アベ総理への批判を訴え続けています。此れ、学界や芸能界でも同様でありまして、僕も同意見です。驕る平家は久しからず、精々今のうちに威張っておきな、同じ自民党内や官界でも反アベの動きが出ていますし、僕、思いもよらぬ形で、寝首を掻かれるんじゃないかと思っています。

閑話休題、嫌な話は此れでおつもりと致しましょう。ところで皆様、宇宙探査船から送られて来た、木星の画像、ご覧になりました!?専門家の予想を大きく上回る姿だった由、どうやら磁場がかなり強い上、巨大なサイクロンが渦を巻いて発生し、極点ではオーロラが頻繁に見られ、パステルカラーの嵐が空を覆い、もうねえ、壮大な大パノラマであり大壁画と申しますか、アートの世界でして、僕、暫くの間、魅入ってしまいました…。でね、其の画像は僕、愛読するナショナルジオグラフィック誌で見たのですけれど、「まるでゴッホの絵の様で…」と書いてあったんですね。ウン、確かにゴッホの「星月夜」を思わせる渦巻きでして、とりわけ素晴らしいのは木星の雲でした。黄・藍・青・深紅・ベージュにグレーに黒と、幾層にも色が重なり合い、ムンクやピカソやシャガールの色合いの趣もあり、此れが遥か彼方の銀河系にあるってんですから、いやはや何とも、自然って凄いですよねえ!?

僕、抽象画が余り得意では無いのですけれど、唯一惹かれるのはジャクソン・ポロックでして、今回の木星からの画像、彼の絵の雰囲気も少しあるんですよ。さて、ポロックさんは、スコットランドからの移民の息子でして、アメリカはワイオミング州で生を受けました。1912年生まれと謂いますから、ちょうど大正元年の人ですね。さて、ワイオミングと謂えば、国立公園が沢山ある自然の宝庫、おまけにポロックさんの遊び場は先住民の遺跡でありまして、インディアン・アートに強い刺激を受けたとか。恐らく其の環境故、色彩感覚が磨かれたと思います。お父さんが農場経営に失敗しアメリカ全土を放浪、そしてニューヨークで絵画を学びます。そして又アメリカ大陸を縦断、メキシコ人の師匠に付いて大壁画を勉強するんですね。其の過程の中、自ら生み出したのが、アクション・ペインティングと謂う手法でした。此れ、キャンバスを床に置き、絵の具を叩き付けたり、垂らしたり、飛び散らしたりと謂う描き方であります。決して筆で描かないんですよね。僕、YOUTUBEで、彼の描く様子を見た事がありますけれど、子供が無心に絵と戯れているかの様で、ビビッドな色彩は勿論の事、即興と感性の芸術なんだと、何だか感心しました。僕、彼の原画は倉敷の大原美術館で観た、「カット・アウト」と謂う作品でしたが、矢張り一際目立ってましたもん。さて、彼が学んだメキシコの大壁画も、キャンバスを床に置いて絵を描くスタイル--此れはインディアンから学んだそうです--も、プリミティブで土俗的なんですよね。其れが、ポロックが元祖と謂われる近代的な抽象画に昇華し、まるで木星の雲を思わせる訳でして、僕、芸術って奥深いなァと、改めて畏敬の念を覚えます。

因みにポロックの絵、1枚オフィスにあったらなァと思いますけれど、滅茶苦茶に高いんですよ。記憶が曖昧で間違っているかもしれませんが、僕の大好きなゴーギャンが336億で1位、2位がセザンヌで307億、そして3位がポロックの224億でした。ウン、こりゃあ一生買えないですねえ…。誰か奇特な人が1枚恵んでくれないかしらん。
スポンサーサイト

雄気堂々

いやあ、ぐんぐんめきめきと暑くなって来まして、今日の大分は29℃、名古屋や大阪や北陸に至っては優に30℃を超すそうでして、皆様、水分補給を怠らず、熱中症には充分お気を付け下さいね。こだまして 山ほととぎす ほしいまま、此の初夏の時分になりますと僕、無性に行きたくなりますのが、古都京都の納涼床でありまして、此れ、川岸に座敷を拵え、酒食を喫する訳です。鴨川や高尾が有名ですけれど、僕、何と謂っても貴船が好きだなァ。此処は、川の上に座敷を設営するんですね。川の音を楽しみながら、流し素麺や獲れたての鮎、冷えたビールや冷酒を頂いていますと、何時しか夕闇が迫って来ると。かの人と 思ふ蛍を 追いに追ふ、蛍火が仄かに嫋やかに舞っていたりして、将に能や人形浄瑠璃の幽玄の世界、何ともはや、風情があるものです。こんな事を書いていたら、今から一足早い夏休みを頂いて、小倉から新幹線に飛び乗り、京都で下車、納涼床で一献傾けたくなります。でもねえ、今日は当院の大事な定時総会がありまして、僕、司会進行の大役を任されていますから、京都行きなぞとても無理、兎に角頑張らなくては…。今日はねえ、案件や議題が特に多く、些か長丁場になる事が予想されまして、僕、景気づけの為、今、ジェームス・ブラウンやプリンスのCDをかけまして、テンションを上げている処です。

閑話休題、週末は皆様、如何お過ごしでしたか!?僕、割とのんびりさせて貰ったんですが、経済関連のニュースをTVで見ていて、腹の立つ事ばかりでした。先ずはプレミアムフライデーですけれど、此れ、以前の拙ブログで、失敗は火を見るよりも明らかと書いたんですが、案の定其の通りでありました。月末の金曜日は午後3時に退社して、週末を楽しみ、消費を喚起しよう、と謂う狙いなんでしょうが、バブル期や高度経済成長の時代なら兎も角、此のデフレの時代に、そんな都合良く上手く行くもんか。そうしましたら、月末の週末に午後3時に退社出来る人なぞ殆どおらず、ビアガーデンも其の時間に合わせて開店したそうですが、閑古鳥が鳴く始末、お客さんは皆無だったとか。僕、此の試み、暫くしたら無かった事になっていると思いますよ~。そして、キッズウィークですか、小中高の学生さんの夏休みを地域毎に変え、大人も有休を取り、一緒に旅行をして下さい、という狙いだそうです。あのねえ、そんなの又しても上手く行くもんか。夏休みだろうと冬休みだろうと、第一線で働いているビジネスマンは、そんなに長く休暇は取れませんよ。そうですねえ、例えば僕の場合ですと、毎年夏には都内で精神科病院の勉強会があるのですけれど、其れが木曜金曜なんですね。其れに合わせ、水曜日に大分を出まして、木金は仕事、そして土日は都内でお休みを頂く、此れが精一杯ですもん。後のまとまった休みって、祝日と盆と暮とお正月だけですよ~。少なくとも僕の廻りの知人や知り合いには、キッズウィークやプレミアムフライデーは全く関係が無いと思いますねえ…。

しかもね、ふるさと納税が大好評を博したら、国がへそを曲げちゃって、規制を掛けるってんでしょ。どんな形にせよ、納税は促進出来た訳で、地方の財源にもなりますもんね。納税の返礼品、大分ならば「豊後牛」や「関アジ」になるんでしょうが、地方自治体にとっては宣伝、納税者にとっては美味しい物が食べられる訳で、 win-win で素晴らしいじゃありませんか。国に金が入らないと謂う嫉妬でしょうし、折角収めた税金も、どうせ何に使ってるんだか分かりゃしないんですから、いい加減にして欲しいですよ。かって、作家の阿川弘之先生のエッセイを読んでいましたら、大蔵省で講演をしたと。数千円の格安の謝礼を貰って帰宅したら、大蔵省から明日伺いたいと電話があったそうです。どうやら、領収書の捺印が薄かった由、印鑑を押し直して欲しい由だったそうで、でもね、其れを貰う為に、都心の霞ヶ関から、阿川先生のご自宅の横浜まで、わざわざハイヤーで来たんですって。あの~、其れって、ハイヤー代で数万掛かるんですけど…。こんな無駄遣いばかりしていて、国民には増税ばかり押し付けるんですから、テメエ馬鹿野郎この野郎、阿川先生のお宅まで電車で来いって!或いは領収書を郵送すれば済む話でしょ!

もう1つ、飲み屋さんなどを全面禁煙にするとか、此れもどうかと思います。そしてね、僕、空いた口が塞がらなかったんですが、今、日本中で空き店舗が沢山ありますよね。地方では其れが特に甚だしいんですが、所謂シャッター通りでありまして、日本経済の疲弊と衰退の象徴でありましょう。大分県ですと、泉都別府の商店街なんて、酷いもんですよ。ホント、歩いていて哀しくなる程活気が無いんですが、今回政府がある施策を打ち出しました。其れらの空き店舗の物件に対し、大家さんへの課税を強化するとか。…。……。………。あのねえ、もう1度、テメエ馬鹿野郎この野郎、大屋さん達だって、必死に借り手を探してますって!其れが厳しいから、空き店舗が林立している訳で、寧ろ優遇処置を取るべきなのに、其処に課税だなんて泣きっ面に蜂、景気が上向く筈がありません。ホント、政治家も官僚も、気の遠く なるまで生きて 耕して、額に汗して働かなければ、実体経済なんて決して分からないでしょうに…。縁無き衆生は度し難しと申しますけれど、株価が上がっても、恩恵を受けるのはほんの一部なんですよ。机上の空論を弄ぶ曲学阿世の徒は、もういい加減にして欲しいです。

今朝、毎日新聞を見ていましたら、全国60近くの町村が、将来的に議会を廃止する事を検討中、と出ていました。此れ、どういう事かと申しますと、少子高齢化や過疎化が進み、議員の成り手が居ないんですって。ならば、町村議会を止め、有権者が直に予算や条例を検討する形にした方がベターでは、と謂う事なんですね。此れ、所謂直接民主制なんですが、もう既に欧州各国では疾うの昔に採用していまして、日本もどんどんやるべきでしょう。其の欧州では、カンヌ国際映画祭が閉幕、今年の女優さん達のドレスは、太腿まで深いスリットが入ったドレスが流行りだった様ですが、其れはさておき、今回のパルムドール、最優秀賞は、「スクエア」と謂う作品でした。僕、早速予告編をチェックしたんですが、此の「スクエア」、スウェーデンの監督さんの作品でして、どうやら、地域の共同体の来し方行く末を風刺した物なんですね。

僕、世界的に大きな変化が起きているのではと思います。共産主義は明らかに駄目と思いますけれど、資本主義もどうやらおかしくなりつつある此のご時世でして、上記の様に地方自治体も変わりつつあります。僕、法政大学水野和夫教授の本を読んだばかりなんですが、先生の説に依れば、社会はもっともっと激変するとか。どうやら、ゼロ金利とテロリズムが常態化し、近代システムは破綻しつつある、と謂うお考えなんですね。僕、先生のご説の全てを肯定する訳じゃありませんが、「人口が減る中、大きな経済成長が無くとも社会を維持せねばならない」と謂う処は、大きく頷けました。

でね、面白いなァと感じますのは、日本政府が幾らミスリードしようとも、民間企業は先の説を敏感に察知、既に其の方向で動いているんですよね。小さな非上場企業で、世界的な実力を持つ処が如何に多いか、何だか僕、安心しましたもん。日本中のバスのバックミラーの9割を生産している、大東プレス工業さん。全自動イカ釣り機械では世界7割のシェアの、東和電機製作所さん。水族館のアクリル水槽を世界60か国に納品している、日プラさん。車椅子では国内一位の、カワムラサイクルさん。可搬消防ポンプの国内シェア60㌫の、トーハツさん。魚の陸上養殖で急成長の、フジキンさん。装着時間は僅か10秒、身障者用ロボットスーツのイノフィスさん。此れ以外にも誠に多士済々、日本全国津々浦々で沢山の会社が頑張っておられるんですが、先にご紹介した優良企業は皆、非上場なんですね。日本政府は、シャープやら東芝やら東電やら、潰れそうな一部上場企業ばかりを猫かわいがりしますけれど、僕、間違っていると思うなァ。

何れにせよ、上記の企業群は皆、国には決して頼っていない訳で、僕、彼らが日本の希望、そう信じて止みません。当院も、少しでも地域や患者様のお役に立てる様、誠心誠意、真摯に努力を重ねて行く心算です!よおし、何だか俄然やる気が出て来ました。午後からの総会、頑張って来ますね~。

☆ THE CAPTAIN ☆

読者の皆様、こんにちわ。今日は朝から、不意の来客あり急な打ち合わせあり、何だか忙しなく、先程漸く自分のオフィスに戻りまして、やっとデスクに座った処です。とりあえず、エスプレッソでも淹れて一息つこうっと。僕、ついさっきまで応接室に居たのですけれど、いやあ、今日も暑いですねえ。糊利いて 肌につれなき 浴衣かな、と謂う句がありますけれど、此の時分、皆様ご自宅では何をお召しになりますか?浴衣って、案外暑いですし、直ぐにはだけてしまい、下半身が丸出しだったり、朝起きたらまるで昆布巻き状になりませんか!?僕、高校生の頃、友人達と別府に一泊、翌朝浴衣姿のまま、バイクで走ってましたら、風が来るもんですからね、全員が半裸でパンツ丸見えでありまして、皆が大笑い、事故を起こしそうになりました。話を戻しまして、日本古来の夏の衣服と謂えば、矢張り甚平や作務衣やステテコになるんですかねえ。僕、何処で買ったのかすら覚えてないんですが、トーガと謂う古代ローマ風?の寝巻を持ってまして、此れ、涼しくて誠に結構なんですが、1枚の布で全身を覆う感じ、そして身体の前でボタンで留めるだけなんです。もう古くてヨレヨレですから、其のボタンがへたってまして、直ぐに外れてしまうんですが、すると、アッと謂う間に全身が丸出しでして、こりゃあ人前ではとても着れません…。読者諸賢の皆様方、夏に適した男物の部屋着があれば、是非ともご教授下さいませm(__)m。

閑話休題、其のトーガを羽織り、外れがちなボタンをはめながら、昨夕は僕、ニュースに釘付けでした。アベ総理のオトモダチの学校法人、加計学園の獣医学部新設に、巨額の補助金や市有地の譲渡があった問題、今、世間を騒がせてますよね。今まで、何十回と申請をしても、学部新設は認可されなかったとか。ところが、不思議な事に今回は即OKでありまして、アベ総理は、「もし自分が関わっていたら議員を辞める」と大見得を切ってました。ところが、アベ夫人は、極右の森友学園に続いて、此の加計学園の幼稚園でも名誉園長を務めていた事が判明しました。しかも、昨日の記者会見では、文部省の官僚のトップ、前川元事務次官が「総理の関与はあったと謂う文書は本物です。」と認めちゃったんですから、こりゃもう蜂の巣を突いた様な大騒ぎとなりました。僕、其の記者会見、ずうっと見ていましたが、元事務次官の方、非常に冷静でしたし、淡々と話している印象があり、どう考えても、総理の側は随分形勢不利じゃないかなァ…。でね、此処からは僕の想像なんですが、自民党内で、決して表には出ませんが、凄まじい権力闘争が起きてるんじゃないかと感じたんですよ。流石にアベの暴走を止めねば、そう思っている自民党議員も必ずや居る筈ですし、昨日の記者会見の当事者である前川元事務次官って、妹さんが、中曽根参議院議員に嫁いでいるんですよね。中曽根議員は中曽根総理の息子さんであり、麻生内閣の際には異例の大出世、大抜擢されていまして、外務大臣を務めました。因みに、中曽根議員は参議院議員でして、外務大臣と謂う重要ポストは、衆議院議員が務めるのが常なんですね。僕、当時、麻生首相と中曽根議員は余程関係が深いのかと吃驚したんです。で、今回のリークで、誰が一番得をするかと考えたら、もし総理が退陣した場合、副総理が代行する訳ですよね。現在は、麻生副総理でありまして、仲良しの中曽根議員や其の奥方を通じ、前川元事務次官を動かせたのではないかと…!?あ、くれぐれも誤解しないで欲しいのですけれど、此れ、あくまで僕の想像ですし、邪推や憶測であり、単なる仮説ですからね。共謀罪で捕まえないで下さいね~♡

でもね、もしアベ総理が其の座を降りたとしても、恐らく議員として、権力に関わりあって行くんだろうと思うとゾッとします。森元総理なんて、何時まで五輪に関わってるんだか、どんな神経してるんだと呆れますよね。此のヒト、もう直ぐ80ですよ、トホホ…。どうもね、今までの歴代総理を見ていますと、立つ鳥跡を濁さず、綺麗に辞めたのって、小泉サンぐらいでしょ。菅も野田も麻生も、権力と地位に恋々としがみついているじゃありませんか。僕自身も、もう直ぐ50になる訳で、人生の折り返し地点は過ぎました。何れは間違い無く此処からリタイアする訳で、僕、森元総理の様には決してなりたくありません。スパッと辞めて、後ろを振り向く気は全くありませんもん。大分弁で謂う処の、しちくじい奴、後輩に文句ばかり謂う、面倒臭い嫌な奴にはなりたくないですね~。

こういう考え方、欧米風なんですかね!?と申しますのも、日本の歴代総理は死ぬまで権力と近い処に居る感じでしょ。此れ、例えばアメリカの大統領なぞ、全く考えが違うんですよね。例えば初代大統領のワシントン、彼は引退後、蒸留所を経営し、ウイスキー造りに精を出しています。今日の日経に出てましたけれど、ブッシュ元大統領、悪名高い息子の方ですけれど、彼は今、油絵を描く事にのみ没頭、既に画集も出ているとか。クリントン元大統領は、何と推理小説を執筆中ですって。

此の傾向、政治家だけではありません。スポーツ界に目を向けても、例えばバーニー・ウイリアムズ選手は、強肩好守俊足強打の素晴らしい外野手で、僕もファンでした。引退後の彼は、ラテン音楽のミュージシャンとなりまして、CDも出てますもんね。其のウイリアムズ選手のチーム・メイトだった、デレク・ジーター選手、彼も又、僕は大ファンでした。ジーター選手と謂えば、ゴジラ松井選手の親友として知られていますが、凄いプレイヤーだったんですよ。打って良し走って良し守って良し、非常に勝負強い打者でしたし、貌もスタイルも性格も良いですから、マライア・キャリーからスカーレット・ヨハンソンからジェシカ・アルバから、世界的な歌姫からハリウッドのトップ女優まで、モテにモテました。其れはさておき、何より凄いのは、世界一の野球チームであるニューヨーク・ヤンキースで、長年キャプテンを務めた事です。1年間で何十億と稼ぐ多国籍の個性的なスター・プレイヤーが集い、世界一姦しいと謂われるニューヨークのマスコミが居て、オーナーが又、トランプばりのワンマンで有名な人でしょ。其の中でチームをまとめ上げ、自分の記録には全く拘らず、毎年の様に優勝争いをしている訳で、ジーター選手の素晴らしいキャプテンシーには恐れ入ります。だって、付いた綽名が、ザ・キャプテン、ですもんねえ、カッコ良い♡其のジーター選手、惜しまれつつ引退したのですけれど、今、彼がやっていますのは出版社の社長さんであります。

これまた僕、大ファンなのですけれど、世界最強のラグビー・チーム、ニュージーランド代表オールブラックスをワールドカップ連覇に導いたキャプテンは、リッチー・マコウ選手です。フランカーと謂う身体を張るポジションなんですが、此のマコウ選手、兎に角常にボールがある処に居まして、驚異的な運動量でありましょう。南半球一のレベルの農業学科であるリンカーン大を卒業、センス・キャプテンシー・フィットネス・状況判断・性格・頭脳、全てが超一流、まァ、そうでなければ、猛者達をまとめ上げ、ワールドカップ連覇なんて出来る筈もありませんよねえ。でね、マコウ選手が引退しまして、コーチか監督でもやるのかしらと思っていましたら、何と故郷ニュージーランドで、グライダーやヘリコプターのパイロットになっていまして、毎日大空を飛んでいるとか。

僕、尊敬する彼らを見習い、無事に引退出来たら、医療の世界からは全く離れる心算です。鉄道模型にプラモデル製作。世界一周。好きな作家達の全集を再読。大学に再入学して考古学か国文学を学ぶ。辻調理師専門学校に入り、料理を学ぶ。楽器を再開する。映画製作。邪馬台国の場所を突き止める。潜水艦での超深海への旅。桜の開花を追いながらの日本一周。執筆活動。様々な語学の履修。古文漢文をもう1度学び直す。年間200本の映画鑑賞。ボクシングのトレーナーライセンスを取る。

何だか夢物語にお付き合い頂いて恐縮至極ですけれど、其れを実現する為にも、今の職場で全力で頑張らねばなりません。決して後ろを向かず、必死でやりますよ!では皆様、週末は夏日の快晴の処が多い由、水分補給を忘れず、素敵なウィーク・エンドをお過ごし下さいませ(^.^)/~~~

人が想像する事は、人が必ず実現出来る

夏の霧 声を殺して 襲ひけり、今朝の大分は結構な湿度でして、僕、毎朝愛犬と共に散歩に出るんですが、彼女は甲斐犬と謂う犬種で、もう16歳になる老女にしては何時も元気なのですけれど、流石に今日はへばり気味だったなァ…。こういう時は、人間ならば鰻重でもと思うんですが、老犬には何をあげたら良いんですかねえ。大男総身に知恵が廻りかね、とりあえず彼女の大好物の生卵をあげたら、嬉々として平らげていたので一安心ですが、読者諸賢の皆様方、老犬の食欲増進並びに疲労回復について、何か良い方法があれば、是非ご教授下さいませm(__)m。

僕、贔屓の引き倒しと笑われるのは承知の上なんですが、其の愛犬の彼女、コロちゃんの方が、人様より余程頭が良いんじゃないかと思う事があります。だってね、最近、テロや内戦ばかりじゃありませんか…。犬と犬の間で、生き死にの喧嘩なんて、先ずあり得ないですもんね。つい先日、イギリスのマンチェスターで、アリアナ・グランデのライブ中、自爆テロがあったばかりでしょ。中央アフリカ共和国や南スーダンでは絶間無い内戦が続き、100万単位の難民が発生しています。インドネシアの首都ジャカルタでは、バスターミナルで自爆テロがありました。フィリピンのミンダナオ島では内戦が激化、どうやら全土に戒厳令が出そうです。全世界の犠牲者の方のご冥福を、謹んでお祈りします…。そして、朝鮮半島や中近東はきな臭いまま一触即発の雰囲気ですし、ロシアも中国も不気味なまま、欧州では極右が台頭し、アメリカにも陰りが見えつつある訳で、芥川龍之介じゃありませんが、「ぼんやりとした不安」と謂う気がします。

でね、我が国だけでもきちんとしなくてはと思うのですけれど、アベ総理、もうねえ、皆がアナタを疑ってますよ。今日発売の週刊文春にも大きく報道された様ですが、例の加計学園の問題、「総理が関与した事は間違いありません」と、文部省のトップである、元事務次官が断言したそうです。疾しい処が無ければ、国会なり記者会見なりで、正々堂々と反論すれば良いじゃありませんか。其れなのに、裏から手を廻して、圧力を掛けて報道させない様にするって、そりゃアンタ、「自分がやりました」と認めているのと同じでしょうに。でね、そんな悪行三昧、心ある国民は皆気付いてますよ。ネットを少し見てみれば、其れらの情報が山の様に出ています。「総理のご意向」で、「総理のオトモダチ」ならば、100億を超す国家予算が動き、広大な市有地もタダでもらえるだなんて、此れ、中世の皇帝ならばともかく、21世紀では決して通らない話でしょう。だから焦りに焦っているんでしょうが、驕れる人も久しからずただ春の夜の夢の如し、現政権も、もう長く無いと思うなァ…。しかし、こんな事ばかり書いていては僕、共謀罪で逮捕されたりして…!?尤も僕の曽祖父の蜷木稔先生、此の病院の創立者なんですが、戦時中に選挙に出馬、「アメリカを相手にして戦争してはきっと負ける!」と本当の事を演説しちゃって、見事に逮捕されてますからねえ…。そして、僕の大学院時代の恩師、C教授は台湾の方なんですね。かって、お仲間の台湾人留学生達が、母国の独立運動をしている際に東京で逮捕され、強制送還されそうになったんです。そうしましたらC教授、羽田空港の滑走路に闖入、其の飛行機を止めて捕まりました…。流石は我が曾爺さんであり、我が恩師であり、己の信条を正々堂々と主張した彼らを、僕、誇りに思っています!

しかしまァ、爺ちゃんも曾孫も、其の恩師も捕まるのはちょっとカッコ悪いですけれど、「心の自由空想の自由のみは、如何に暴悪なる政府の権力とてもこれを束縛する事能わず。人の命のある限り、自由は滅びざるなり。」でありましょう。

閑話休題、僕、オプチミストですから、常に楽観的でラテン系な処があるんですが、先の内戦の問題があるにせよ、将来の人類はきっと幸せになると信じて止みません。だってね、此処最近のテクノロジーの進化って、将に日進月歩、凄まじいじゃありませんか。宇宙空間に浮かぶ「ダークマター」と謂う謎の物質、此れ、どうやら巨大な蜘蛛の巣状の物らしいんですが、可視化に成功しましたもんね。2つの巨大な眼?の様な物が光っていまして、何だか気持ち悪かったです。そして、知性を持ったカメラと申しますか、無人の状態で焦点が合う様に自動調節したり逆光補正したり、撮影画像も勝手に見やすく処理するんですって。又、或る人物を対象とした場合、此れは監視カメラですけれど、複数のカメラが自動追尾、移動経路を地図上に表示してくれるとか。自動追尾だなんて、軍事用の最先端のミサイルと変わりませんよ!?此れはちょっと怖いですよね、くわばらくわばら…。

そして、岡山大学の大発明は、ちぎれた臓器をくっつけると謂う、新たな接着剤の開発でした。身体に優しく、接着力は抜群、剥がすのもくっつけるのも極めて簡単な由、何でも人の骨や歯の主成分を利用するんですって。安価で消毒も出来、取扱いも簡単、ううん、此れ、世紀の大発見かもしれません。お次はアメリカの研究所の発見なんですが、人が走ったり泳いだり、運動をすると活性化される遺伝子があるんですって。でも、お年寄りの方にはハードな運動って難しいですよね。其処で、其の遺伝子を活性化させる画期的な新薬が開発中だとか。此れが実用化されれば、寝たきりの人でも有酸素運動をしたのと同じ効果が得られるんですって!もう1つ、ALS、と謂う難病がありますよね。筋肉が動かせなくなり、やがて死に至ると謂う病気でして、原因すら分からない難病です。ところが、其の病気の患者様からIPS細胞を造り、実験を繰り返した処、もしかすると此れが効くのでは、と謂う候補の物質が見つかったとか。今までは此の病気に対し、為す術が無かった訳ですから、大前進と謂えましょう。

とは謂え、どんな優れたアイディアだろうと、画期的な新薬だろうと、世紀の大発見だろうと、其れを考え、使い、実行するのは人間です。でね、僕、先のALS、何時の日にか、必ずやきっと治ると思いますのは、先のお薬に加え、素晴らしいドクターが広島にいらっしゃるからなんです。此のALSの専門医の先生で、和泉唯信さんと謂う名医であります。ドクターでも無い、門外漢の僕が、何故和泉先生の事を知ったかと申しますと、「七帝柔道記」と謂う本を読んだからなんですね。此れ、素晴らしい青春小説でして、未読の方には是非ご一読をお勧めします。買って読んで、決して損はさせませんよ~。

此の七帝柔道とは、以前の拙ブログでも触れましたけれど、現在とは大きく異なるんですが、明治時代以来の柔道古来のルールを守り続け、世間からは認められずとも、黙々と過酷過ぎる練習を積み、部員達は心身ともに飛躍的な成長を遂げるんですね。其処にはお金も名誉も存在せず、ただひたすらに己と向き合う訳でして、こんなストイックな世界があるのかと僕、驚くばかりでありました。さて、和泉先生は、伝統ある北海道大学柔道部のキャプテンとして大活躍されました。柔道個人戦では全国ベスト16に入る実力者であり、後輩からは慕われ、監督や先輩からは一目置かれる、抜群のキャプテンシーを誇りました。当時低迷が続いていた北大柔道部発展の為、ありとあらゆる試行錯誤をし、考えに考え抜き、日々地道な努力を重ねたそうです。そして、北海道大学理学部数学科を卒業後、徳島大学医学部に入学、医師として広島大学で研鑽を重ねます。ご実家のお寺の住職を務める傍ら、徳島大学教授となり、広島で大病院や関連施設を経営、ALSについて日本有数の臨床実績を持ち、柔道五段であり三次市柔道連盟会長の貌を持つと謂う、将にスーパードクターでありましょう。僕、和泉先生のインタビューを読んでいて、涙がこぼれましたのは、「ALSは確かに難病だが、医師として治さない訳にはいかない。畳の上の真剣勝負と同じ気持ちで、全ての患者様に接している。」との事でありました…。此の和泉先生の熱意と努力と誠意、そして先の新薬が具体化すれば、ALSも必ずや治せる、僕、そう信じています。是非、和泉先生の病院に見学に行きたいですし、其の為には、当院ももっともっと頑張らなくては!

☀ 火の鳥 ☀

急に暑くなった所為か僕、身体がぐったりしていて閉口なんですが、昨夜、ビール片手にナイターを観ていました。僕のこよなく愛する阪神タイガースの試合でして、甲子園球場にジャイアンツを迎えての一戦でしたが、何だか感動したんですよ。勿論4万を超す超満員でしたが、お客さんは皆、黄色のTシャツを着て、タイガースのマーク、T・Hの人文字を造っていまして、将にスタジアムが一丸となっての大応援でありました。タイガース・ナインも、其れに応えるかの様に、半世紀以上前の復刻版ユニフォームで登場、また此れがね、濃紺に白線が入っただけのシンプルな物でして、カッコ良いんですよ。何時もですと白地に縦縞のユニフォームなのですけれど、昨日は何だか、レトロなんですが新鮮、素敵でした。尤も、昭和10年設立のチームですし、古き良き伝統が感じられ、此れは矢張り、日本の他のスポーツには無い、プロ野球の良さと思います。試合は9-0でタイガースの快勝、と書きたいんですが、こういう節目のゲームで勝った試しが無いのも阪神の伝統でありまして、ジャイアンツのエース、菅野君が投げていたとは謂え、全く打てずに0-1の完封負けってのは如何なもんでしょう…。試合開始の頃は和気藹々だったお客さんも、最終回には罵声が飛んでいたりして、仕方ねえなァと思いますが、僕も含めて、今日のゲームも又見ちゃうんでしょうね~。

其の伝統、スクールカラーにせよ社風にせよ、確かにあると思うんですね。例えば慶應とか日本海軍とかサントリーって、何だか自由闊達で活き活き伸び伸び、お洒落で粋な感じがしませんか。此れが、早稲田とか日本陸軍とか和民って、何だか田舎風で野暮天、ダサくてスパルタな感じでしょ!?でね、政界も同様でありまして、僕、かっての自民党って、融通無碍と申しますか、かなり幅があって、自由な雰囲気の政党だったと思うんですよ。かっては派閥がありまして、例えば田中角栄派なぞは、「日本改造計画」と謂う有名な本でも分かる様に、インフラ整備を力を入れてましたが、社会党とも関係は悪くなく、弱者にも手を差し伸べる考え方でした。叩き上げの政治家が多かった記憶があります。大平首相が率いた宏池会は、割とリベラルな政策集団ですが、権力闘争に弱く公家集団と呼ばれました。官僚出身が多いんですよね。清和会、小泉さんの派閥はかなり右寄り、新自由主義的なイメージですね。三木元総理の番町研究会は、クリーンな政治が看板でした。中曽根派は憲法改正ですねえ。ねっ、同じ政党と雖も、考え方がバラバラでしょ!?其れは、当時は中選挙区制であり、そしてまともな野党が無かった所為もあるのですけれど、自民党其のものが、懐の深い、多様性を認める政党だったと謂う証左でありましょう。

其の自民党の古き良き伝統は、今では見る影も無いと申しますか、現総理はもう殆ど独裁者ですよ。加計学園に森友学園、此れ、政府首脳は誤魔化した心算かもしれませんが、アベ夫妻は全く関与していないと考えている国民は、皆無だと思いますよ。王様の耳はロバの耳、裸の王様でありましょう。憲法改正にしても、自民党案すら無視して己の考えを声高に訴える始末でしょ。畏れ多くも天皇陛下のご退位のご意向も無視、此れ、戦前ならば不敬罪で逮捕されてます。しかもね、ハイリスク過ぎる原発は推進し続け、年金や赤字国債や東北復興や子供の貧困は黙殺、僕、こんな酷い総理は初めて見ました。此のヒトがやっている事は、個人による国家の私物化ですよ、全く。

今回の共謀罪の問題にしても、国連から「人権やプライバシーの問題があるので止めるべき」と勧告された事に激昂、逆切れする有り様です。大体ね、加計学園の問題で、文部省からアベ総理の関与を明記した文書が出たじゃありませんか。そうしましたら、執拗に其の犯人探しをしてるってんでしょ。器の小さい、つまらん男だねェ。どんだけ自信が無いんだか。例えばね、自分と違った意見を聞かされ、腹が立ったとしても、先ずは傾聴してみるべきでしょう。其れが大人の、紳士の嗜みでありまして、其れを逆切れって…。真善美と謂う言葉がありますけれど、人生1度きりなんですから、楽しく明るく生きたいじゃありませんか。他人様を羨んだり蔑んだり、疑ったり利用したりって、生き方として美しくありません。例え今は自分の考えが受け入れられずとも辛抱我慢、粘り強く誠意を持って頑張るのが日本男児じゃありませんか。

漫画界の大天才手塚治虫先生、僕、全集を持っていますけれど、彼の代表作はご存じ「火の鳥」であります。永遠の命を持つ火の鳥が、現在過去未来、そして宇宙を行き来する大傑作なんですね。未読の方には是非ご一読をお勧めしますけれど、此の「火の鳥」、実は雑誌掲載時は、打ち切りばかりなんです。「火の鳥」は、黎明編から始まって、未来編ヤマト編宇宙編、羽衣編望郷編乱世編等々、全部で12巻の大作です。掲載された雑誌は、「漫画少年」「少女クラブ」「マンガ少年」「COM」「野生時代」と転々としておりまして、さながら夜逃げを繰り返すかの様、しかもね、書籍化した際には、小学館・朝日新聞・角川書店・講談社から出版しているんです。通常ですと、「ワンピース」にせよ「進撃の巨人」にせよ、「ゴルゴ13」も「ドラえもん」も、同じ出版社で連載し、出版します。講談社で連載すれば講談社で単行本になりますし、其れは小学館でも秋田書店でも同様です。

では何故、漫画の神様とまで呼ばれた手塚先生の代表作がこんな目に遭ったのかと謂えば、編集者に全く理解が無かったんです。此のお話は、壮大なスケールの中、様々なエピソードがあり、其れが全て火の鳥にリンクして来るんですが、日本では滅多にお目に掛かれない、大叙事詩であり、神話の粋に達した大傑作なんですね。其の余りのスケールの大きさ故、編集者の狭い視野では、○○編だけ見ても、全く理解出来なかった訳です。「手塚先生、大変申し上げにくいんですが…」と謂う事で打ち切りとなる事を繰り返しました。昭和29年に始まった連載は、中断を繰り返し、雑誌社や編集者を変えつつ、34年の月日を経て、昭和63年に終わったのですけれど、手塚先生は未だ書き足りなかった由でして、後3つのエピソードが残っていたとか。何でも、手塚治虫先生の死のイメージを具現化、死にゆく自分を漫画にする処でお話が終る予定だったそうで、いやはや何とも、凄まじいまでの表現欲ですよねえ。何はともあれ、皆様是非「火の鳥」をお読み下さいませm(__)m。

でね、僕、ただただ感動しますのは、此の偉大な作品のレベルの高さについては勿論なんですが、打ち切られても打ち切られても、連載を続けようとした、手塚先生の其の熱意なんですよ。手塚先生の人気やギャランティの高さは、何十年にも渡って勿論日本一、其の人が、自分の子供と変わらない年齢の編集者に何度も頭を下げ、「連載させて下さい」とお願いしてるんですよ。無論、作品がこうなってああなって、とプレゼンテーションも幾度と無く繰り返した事でしょう。百術は一誠に如かずと謂う言葉がありますけれど、僕、他人様に自分の事を理解して貰おうと思えば、手塚先生程の努力と熱意と言葉は、きっと必要不可欠と思うんです。アベ総理、貴方とは数十段はレベルの違う、手塚先生が此処まで努力しているんですよ。共謀罪にせよ憲法改正にせよTPPにせよ、アベ総理には、手塚先生程の誠意と熱意と熱弁があったんでしょうか…。僕、甚だ疑問だなァ…。
プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR