FC2ブログ

$ ウォールストリート・ダウン $

木の間より 風にまかせて 降る雪を 春来るまでは 花かとぞみる、どうやら今日の大分は雪模様、全国的にも大寒波到来の由でして、どうぞ皆様、暖かくしてお出掛け下さいませ☃さて、皆様、週末は如何お過ごしでしたか!?僕、久方振りに映画館に足を運びまして、2本観て来たのですけれど、其のお話は後程にしまして、コロナウィルスの対応、一体全体、どうなってるんですかねえ…!?拙ブログでは再三再四、対応がトゥー・レイト、遅過ぎると批判して来ました。

そしたらやっぱり案の定、各国政府は、日本の対応が信用出来ないと、チャーター便を飛ばしてますでしょ。シンガポールにカナダ、香港にアメリカと、羽田に続々と各国の飛行機が、自国民を救うべく飛来しています。各国の大メディアも、強烈な批判を展開してまして、以下、抜粋しますね。「客船の乗船者を取り囲む環境は、感染の恐れの巣窟」「ウィルスに汚染された巨大な入れ物に、人を閉じ込めている」「日本の検疫の仕方は人権侵害」「コロナウィルスを巡る状況を、日本が悪化させている」「感染拡大の震源地を作った」「危機管理において、こうしてはいけませんという、教科書の様な対応」…。いやァ、酷評のオンパレードですけれど、何の反論も出来ませんよね、トホホ…。

僕、不思議でならないんですが、もう国内にも400人を超す感染者が出ているのに、政府はやっと重い腰を上げ、感染対策会議に、専門家を呼ぶ事にしたんだとか。あの~、専門家や医師を呼ばずに、アベ総理、今まで何の会議をしてたの!?医療や感染に何の知識も無い素人が話し合ったって、将に会議は踊る、有効な対策が打てる筈がありませんぜ。実際、国内外のドクターや専門家からは、「日本は最もしてはいけない事をしてしまった」「症状の無い人は検査せずに全員下船させ、2週間待機させるべきだった」、ですって。こりゃあ、此のコロナウィルス、日本全国に拡大する事は必定でありましょう。政府や官僚の皆さん、既に死者も出ている訳で、誰が責任取るの!?でね、情けないのが法律でして、検疫法ってあるんですが、此れが造られたのは明治期でして、何の改正もしてないんですって。あの~、100年以上前と今では状況がまるで異なる訳で、そんな法律で対応出来る訳ないでしょ!!

でね、もう1つ哀しいのが、広がるばかりの格差でして、先ず経済面ですけれど、田中龍作さんと謂うフリージャーナリストの方のブログを読んだんですね。田中さんが、台東区の谷中と、板橋区の大山の商店街に取材に行ったと。八百屋さんに話を聞いた処、1200円のイチゴのあまおうを買うのは中国人、日本人は200円のバナナを買っているんだとか。又、田中さんの部下が、中国の方と金沢に遊びに行ったと。ランチの際、中国人は迷いなく5000円のお弁当を、日本人は1000円のですって。でね、僕、愕然としたのですけれど、東洋経済誌だったかな、都内の一流大学のゼミで、地方と都市の格差について討議したと。そしたら若い優秀な学生が不思議そうに、「地方の人は皆、都内に引っ越してくれば良いんですよ。そうすれば、格差なんて無くなります。」と答えたんだとか。あのねえ、大体皆東京に越して来ても、先ず住む処がありませんし、仕事だって、そうそう無いでしょ。こんな短絡的な思考でありまして、其れで一流大卒ってんですからねえ…。

閑話休題、冒頭触れました、映画に話を戻します。「ナイブズ・アウト/名探偵と刀の館の秘密」、「パラサイト 半地下の家族」の2本でして、いや~、どちらも中々の傑作でした♪「ナイブズ・アウト」は、アガサ・クリスティ風の謎解きミステリー、中々凝った脚本と演出であり、クリス・エヴァンスにダニエル・クレイグの、米英の2枚目スターが初共演、ご婦人方の目の保養になったんじゃないでしょうか♡「パラサイト」は韓国映画でして、アジア史上初の、カンヌとアカデミーのダブル受賞作です。僕、韓国映画にはとんとご縁が無く、どんな作品か不安だったのですけれど、いや~、強烈でしたねえ。未見の方の為、詳しく書けないのが残念ですけれど、些か穴がある脚本でして、確かにストーリー的には傷があるんですが、其れを吹き飛ばす程のパワーがあります。どうもね、古い邦画、今村昌平や黒澤明や、日本の漫画の影響もある気がしましたねえ。

でね、「ナイブズアウト」はアメリカ人監督の手掛けたミステリー、「パラサイト」は韓国人監督が撮った韓国の社会がテーマなんですが、両作品には、或る共通項がありました。其れは格差社会でありまして、アプローチの仕方は勿論大きく異なるのですけれど、新進気鋭の両監督が、其れを取り上げたって、国は違うにしても、世界的な問題なんですよね…。実際、アメリカでもフランスでも、インドでも中国でも、此の経済格差は大問題となっています。

我が国においても、貧困率は15・7㌫にまで達し、先進国では最悪の数字なんだとか。此れ、アメリカとほぼ同程度の数字なんですが、彼の国は物価も税金も地代も安いですから、日本の方が余程住み辛いと謂えましょう。でね、メキシコとイギリスも、我が国同様、経済格差の問題に長年悩まされ続けていたのですけれど、此処に来て漸く、改善の兆しが見えて来たそうです。両国とも、似た様なアプローチでして、教育と福祉に重点的に予算を割いたそうです。メキシコでは、「プログレサ」と謂うシステムを新設、夫々の家庭の資産を精査し、貧困層には現金を支給、健康診断と子供の通学を義務付けたんだとか。イギリスでは、1999年に「NDC」と謂うシステムを立ち上げ、貧しい地域に、学校や教育や就労支援対策として4000億円を投入しました。すると2005年には、貧困世帯の子供が、凡そ80万人減少したんだとか。

僕、どんな問題も解決出来ない筈は無い、そう信じているんです。ですから、国民がもっともっと声を上げ、政府を突き上げれば、どんな濡夫でも立たざるを得ません。ですから皆、勇気と自信を持って、おかしな事はおかしい、そう謂いましょう!!
スポンサーサイト



イアラ

僕、どうして日本人は怒らないのか、不思議でならないんですよ。子供や高齢者の貧困問題は手付かず、格差は広がるばかりでしょ。母子家庭や生活保護世帯は増え続け、日々の食事に困る方は100万単位、株価は上がっても賃金は上がらず税金は増え、北方領土も拉致被害者も返って来ず、米軍基地は未だにあり、政権寄りの検察官だけは定年延長、北村地方創生担当大臣はまともに答弁が出来ず官僚が答える有り様、カジノの裏金を貰った5人の自民党議員は起訴されず、「桜を見る会」にはマルチ商法の悪者が呼ばれ総理夫妻と共に写真を撮り、森友や加計の話は有耶無耶。赤字国債は増え続け、年金は貰えるか分からず、原発は再稼働し、おまけに、首相自ら野党議員に醜悪な野次を飛ばす程です。

天子南面す、と謂う古い諺があります。論語の言葉なんですが、偉大な統治者が、南を向いて座るだけで、様々なトラブルが収まると謂う意味なんですね。統治者たるもの、其れだけの威厳と人徳が無ければならないと謂う戒めです。我が国においても、天災が起きた際、戦国大名は代替わりする事が多かったんです。勿論、天災って避けられない事なのですけれど、何時かは来るものでしょ。ならば、其の備えをするべきであり、其れを怠った殿様の罪である、と謂う論理でして、古代中国の皇帝や日本の戦国期の大名は、其れだけの覚悟を持って政治に取り組んでいた訳です。アベ総理、如何思われますか!?

そして、今、喫緊の最重要課題と謂えば矢張り、コロナウィルス対策でしょう。ロシア政府が、「日本の対応は酷過ぎる」と公式声明を出したのは、拙ブログで紹介しましたけれど、アメリカの大メディアも、「駄目な対応の見本」「公衆衛生の恐ろしい実験場」「第2の感染中心地」と、酷評のオンパレードでした。埼玉県知事も政府の遅過ぎる対応を批判、イスラエル政府は、日本に我慢出来なくなったのでしょう、チャーター機を飛ばし、自国民を引き取るんだとか。神奈川ではとうとう、コロナウィルスの死者が出ましたし、和歌山の医師や千葉県の会社員、都内のタクシードライバーも罹患した事が明らかとなりました。日本政府は、「情報が無い」「コロナウィルスが流行しているとは思えない」を連発、あのねえ、コイツら、大馬鹿者ですぜ。訪日をキャンセルした方は10万単位にまでなり、観光業や製造業にも、莫大な損失が出ているそうですし、こんな杜撰な危機管理体制で、東京五輪なんて出来るんですかね、甚だ疑問です。

僕、危機管理の鉄則って、巧遅拙速、初動が全てだと思うんです。原発事故の時もそうでしたが、政府や官僚は慌てふためくばかり、呆然としていて思考停止でしょ。僕ならそうですねえ、横浜港に入った時点で、コロナウィルスの事は分かっていた訳ですから、埠頭の近くに、簡易診療所や検査所を、3Dプリンターで大量に造らせます。関東圏内の医師や看護師や検査技師を集め、人海戦術で一気に診察して貰いますけどねえ…。そうそう、以前の拙ブログで、数年前だったかな、非常時に備え、日本は病院船を持つべきだと書いたんです。そしたら今、国会で、病院船を造るべきかと謂う論戦が始まりました。幾ら何でも too late 、そんな直ぐに特殊船を新造出来る筈が無いでしょ!!

閑話休題、人類が初めて経験したパンデミックは、1918年に発生した、スペイン風邪でありましょう。罹患者は5億人、そして1億人が亡くなったと謂われています。当時の地球の人口は18億人と謂われていますから、どれだけ猛威を振るったかが分かります。当時の医療技術では為すすべも無かったんですが、僕、研究者やドクターって本当に偉いと感動するんです。スペイン風邪が終息してから79年後の1997年、アラスカ州の凍土から当時の犠牲者の遺体を発掘、ウィルスのゲノムを分離させ、漸く病原菌を突き止めたのでした。そして2007年に日本の研究者が此のウィルスの人造に成功、動物実験を行います。其の翌年、とうとう、病原の元となる3つの遺伝子の特定に成功したのです。

テクノロジーの進化って、凄いですよねえ…。1918年の時点では、何の対策も打てなかったのに、其れから1世紀もせずに、病原体の遺伝子まで分かるんですもん。今後益々、機器は精密になるでしょうし、門外漢の僕が謂うのも何ですが、人類の叡智を以ってすれば、何れは万能ワクチンや、画期的な治療法だって造れる気がするんですよ。精神科の世界でも、デジタル療法と謂う発想があり、投薬に頼らず、TVゲームで脳の回線を刺激し、治療しようと謂うアプローチが既にありますもんね。

でもね、そうした真摯な研究者に冷水を浴びせるのが、アベ政権でして、今回のコロナウィルスで明らかになったのですけれど、国立感染研究所の予算、大幅に削減してたってんでしょ。ノーベル賞受賞の、ips細胞の山中教授の研究費も削ろうとしてましたもんね。此れからは益々、世界中の人達の行き来が激しくなるのは自明の理、そうなりますと、様々な病原体が飛行機に乗って飛び廻る訳で、感染研究所の予算を削るなんざあ、自殺行為でありましょう。此れだけ無知で未熟な政権、日本史上初じゃないかしらん。ニューズウィーク誌だったと記憶してるんですが、一昨日ブラジルで、未知の遺伝子を持つ謎のウィルスが発見、イアラと命名されたそうです。でも、こうしたウィルス、まだまだ沢山あるそうで、ならば益々、研究者への予算をきちんと確保せねば、第2第3のコロナウィルスが国内で発生する事にもなりかねませんよ。自民党や官僚の皆さん、何時までもボヤ~ッとしてないで、顔を洗って出直しといで!

さて、此れから数日、お天気は下り坂の様ですけれど、皆様、素敵な週末をお過ごし下さいね。僕は何か映画に行く心算です。其れでは皆様、暫しの間、ごきげんようさようなら(^.^)/~~~

ペプシマン

冬来たりなば春遠からじ、今朝の大分は何だか暖かく、日中は20℃近くまで上がるんだとか。早春の 日のとろとろと 水瀬かな、気分も高揚しますよね♪さて、昨日は僕、何だか寝付きが宜しく無く、割と早く覚醒しまして、新聞を読んでましたら、何だか考え込まされました。

結論から謂いますと、パラダイム・シフトと申しますか、従来のやり方では、とても上手く行きそうに無く、大きな変化が起きている気がしてならないんです。ソフトバンクに電通に日産、何れも我が国を代表する、一部上場の大企業ですけれど、揃って大赤字でしょ。僕の生業である医療の世界でも、東京都立の14の病院を独立行政法人化、1つの法人がまとめて運営するんだとか。此処九州では、外国人労働者が急増、福岡では、55人に1人が外国人労働者なんだとか。そうそう、昨日僕、大分駅に行ったのですけれど、お手洗いでは沢山の黒人の方々がフランス語を喋ってましたし、コンビニに寄ったら、インドネシアやベトナムの方が多かったですもんね。世界に目を向けても、アメリカ大統領予備選で、大本命と見られていた元副大統領のバイデンさんが、僅か8㌫しか得票出来ず、ぶっちぎりの最下位ですもんねえ。まるで僕の愛する阪神タイガースの様な低迷ぶりです。インドでも、絶対的多数から支持を得ていた、モディ首相率いる与党が、都市部の選挙で歴史的大敗を喫しました。

そうそう、中南米に、ガイアナと謂う小国があります。人口は80万、イギリスと同程度の面積でして、南アメリカでは最貧国として知られています。ところが今、富裕国の仲間入りは目前なんだとか。1人あたりのGDPは、去年が5250$だったのが、2024年には2万$に達し、まだまだ伸長する勢いなんですって。其の理由は、地球最大級の油田が見つかった事でして、其の結果、世界中の企業が続々と集結、空港から港からどんどん整備されつつあるとか。でね、此の国の真の強みって、僕の見る処、多様性なんですよ。国民のルーツは誠に多彩でして、EU諸国は勿論の事、中国にインドにパキスタンに中近東にアフリカに先住民族、そして混血から成るんですね。以前の拙ブログでも書きましたけれど、或る問題を解決する際、多くの人種が集まった方が、画期的なアイディアが生まれる事は、立証されているんです。此の多様性と莫大な石油、皆さん、投資するなら、ガイアナが面白いかもしれませんよ!?

閑話休題、僕、此れからの時代は多様性と国際化、そう信じて止みません。例えば自動車メーカーのマツダ、かっては深刻な経営危機に陥り、アメリカのフォードの傘下になった事もありました。ところが奇跡のV字回復、見事日本人が経営権を取り返したのは記憶に新しい処です。勿論、血の滲む様な経営努力があったにせよ、自動車メーカーですから、結局は良い車を造る事ですよね。で、マツダのカーデザイナーって、ガイアナ国民の様に、本当に多国籍軍団なんですよ。オランダ人にスコットランド人が居て、女性のイラストレーターがおり、ジャガーやシトロエンやGMから来たスタッフも有り、其れを仕切るのが、アメリカ帰りの日本人デザイナーでして、大ヒット車を量産したんですね。

ペプシと謂えば、コカ・コーラと並ぶ、清涼飲料水の世界的なブランドですよね。ペプシの本社はアメリカなのですけれど、コカ・コーラの後塵を拝していました。其処で打った手は何と、インド生まれの女性に社長を任せた事だったんですね。インドラ・ヌーイさんと謂うお方なんですが、彼女がペプシを率いた12年間で、売り上げは80㌫も上がったそうです。ご自身自ら、「私の武器は知力と先見性」と仰ってまして、此れからは炭酸飲料は売れなくなると、ヘルシーかつ食の安全性の高いスナック菓子部門に力を入れたのが、大成功の秘訣だったとか。

日本だって負けてはおりません。此の度、アジア開発銀駐日代表になられたのは、児玉治美さんと謂う51歳の方でして、此の地位に女性が就いたのは、同銀行で初なんだとか。児玉さんのご経歴を見ますと、鹿児島生まれでアメリカの大学を出て、国際NGOに籍を置きバハマで勤務、国連に転職してニューヨークやマニラで働きアフリカ諸国を歴訪、日本の国会議員の政策秘書も経験、国際結婚をして2人のお子さんを育てながら、現在の重職に就いたそうです。ヒエエ、こんなスーパー・レディ、殆ど全ての男性は勝てません…。

ジョンソン&ジョンソン、謂わずと知れたアメリカのヘルスケアメーカーですよね。此処の子会社の代表取締役は、海老原育子さんと謂う女性なんですね。東大で化学を学び修士課程まで終え、アメリカの大企業で働き、世界60カ国を相手にビジネスを展開、そして、赤字に喘いでいたジョンソン&ジョンソンを見事立て直したんだとか。う~ん、其の卓越した能力と、どんな困難にもめげない強さ、いやはや何とも脱帽でありましょうm(__)m。

如何でしょうか!?従来の男性中心の大企業群が苦しんでいる中、女性や個性や多様性を重んじる組織が急伸している事が立証された様に思えてなりません。よおし、当院も今後益々、女性と個性と多様性を大事に頑張りますよ~!!

✾ 月見草 ✾

読者の皆様、おはようございます♪昨日の祝日、如何お過ごしでしたか!?僕、久方振りにお好み焼きを食べまして、思わずビールも飲んだりして、ささやかですが、充実したお休みでした。ハッピーな気分だったんですが、プロ野球の野村監督の訃報を聞き、愕然としましたねえ…。僕、彼の大ファンでしたから、あえてノムさんと謂わせて貰いますが、謹んでご冥福をお祈りします。あの世で、サッチーとの再会を楽しんで下さい…。

野村監督と謂えば、プロ野球のみならず、日本スポーツ界を代表する名将でありましょう。現役時代も、戦後初の三冠王に輝く程のスラッガーであり、卓越した守備力も光りました。監督となってからも、セパ両リーグで優勝した程の、抜群の采配でした。でね、僕、本当に凄いと思うのが、「野村再生工場」の異名でありまして、他球団で出番が無く、燻っていた選手を自軍に獲得、ノムさんが幾つかアドバイスするとアラ不思議、大活躍するんですね。端的な例としては、楽天の監督時に指導した、山崎選手でありましょう。山崎選手は、オリックス在籍時は、ホームラン4本、20打点と謂う寂しい成績でした。戦力外通告、即ちクビになり、楽天に拾われたんですね。僕、山崎選手は中日時代から見てまして、若い頃は確かに飛ばし屋だったけれど、解雇された時点で37歳、流石に無理だろうと思っていました。ところが、野村監督の指導後、39歳にしてホームラン43本、108打点と打ちまくりタイトルを獲得したんですね。僕、ノムさんの眼力と指導力を、本当に尊敬しているんです。「野村再生工場」の秘訣はと問われると、先入観や固定観念を持たず、決して変化を恐れない事、だそうで僕、其れを拳拳服膺しているんです。

そうそう、今年のアカデミー賞も、大変化と申しますか、今までの固定観念が覆される事の連発でした。だって、韓国映画が初のアカデミー賞受賞ですもんねえ…。作品賞と監督賞に輝いたポン・ジュノ監督、本当におめでとうございます!大快挙と思います!アカデミー賞って、余り知られていないのですけれど、アメリカで公開された映画だけが対象でして、そうなりますとどうしても、ハリウッドで製作された作品が、絶対的に有利であり、相当保守的で排他的なんですね。ですから、今までの受賞者は、白人だらけでした…。其のハンディを見事乗り越えた訳で、いや~、アカデミー賞も変わりましたねえ。どうもね、審査員も、アメリカ以外の映画人が増えた事もある様で、芸術に国境は無いのですから、寧ろ遅過ぎた受賞かもしれません。日本人の松たか子さんが、世界各国のエルザ姫と共に「アナと雪の女王」のテーマソングを歌ったのも感動でした。そして、此れ又日本人の、カズ・ヒロさんが、特殊メイク部門で2度目の受賞、素晴らしい事と思います。主演女優賞のレネー・セルヴィガーさんは、スイス・ノルウェー・ドイツの血を引く方でしょ。主演男優賞のホアキン・フェニックスさんは、イングランド・フランス・ドイツ・ロシア・ハンガリーにルーツがある、将にハイブリッドな名優です。

変わりつつあるのは、スポーツ界や映画界だけではありません。僕の生業である医療の世界でも、岡山大学病院では、ママさんドクター達が大活躍されておられます。救急医療対応にパソコンを使った遠隔講座、復職支援に病児保育等々、620人のドクター達がネットワークを広げ、今では岡山県全体に、なくてはならない存在になっているんだとか。新潟では、介護施設や民間企業が提携、外国人技能実習生を招聘、県下の介護人材確保を行っています。ミャンマー・ベトナム・インドネシア・ベトナムから実習生を受け入れ、丁寧に指導し働いて貰い、帰国した際には、日本で身に付けた技術を、母国で還元して欲しいと謂う、壮大なプランなんですって。「日本の介護技術は世界トップクラス。新潟から国際貢献をして行きたい。」との事で、素晴らしいですよね♡そう謂えば、此処大分の豊後高田市でも、ミャンマーの方を受け入れる為、同国の女性をスタッフとして採用してますもんね。こうした自治体は、全国で急増していると仄聞します。そうだ、精神科医療で思い出したんですが、ニューズウィーク誌に、「デジタル医療」の記事が出ていました。此のデジタル医療、聞き慣れない言葉ですけれど、要するに、薬に頼るのでは無く、ゲームなどのデジタルコンテンツを使い、脳の回路を刺激し、自閉症を治そうと謂う試みなんですって。いや~、本当に凄い!

閑話休題、各界は此れだけ進化しているのに、旧態依然として何も変わらないのが日本の政界でして、特に自民党は酷過ぎますよね…。だって、今朝の地方紙に出てましたけれど、あの東北の大震災から早9年、インフラ整備は何とか進んだものの、現地の産業の再生は、殆ど手付かずですって。売り上げが震災前の水準に達した企業は僅か45・8㌫の由、倒産や廃業も相次いでいるんだとか。原発からは未だに、放射能が出続けていますし、こんなに遅い対応って、あり得ませんぜ。

横浜に停泊中の豪華客船のコロナウィルスの問題も同様でありましょう。余りに遅過ぎる対応に、諸外国も大層立腹しているんですよ。ロシア政府は、「日本政府は場当たり的で混沌としている。対応に大きな疑問がある。」、ですって。ドイツ・フランス・インド・アメリカでは、メディアが日本政府の対応を強く非難しています。客船内は、不安で泣き出す人や、食事が手に付かない人が続出している由、其れを政府に訴えても、何も動かないんですよね…。あ、因みに、香港に寄港している、同様の豪華客船があり、其処でもコロナウィルスに罹患した人が大勢居たそうですが、最新鋭の検査機器を大量に投入、乗客は疾うに下船済みですって。

冒頭触れました様に、ノムさんの至言の通り、変化を恐れていては、何も進みません。自民党や官僚の前例遵守のやり方、平穏無事な時は其れで構わないんでしょうが、危機に瀕した時には、そんな方法では何も出来ませんよね。病院業界は今後益々厳しくなるのは必至でありまして、当院も僕も、変化を恐れず、常に進化し続けなくてはなりません。ノムさん、天国から見ていて下さいね、僕、頑張ります!!

柔よく剛を制す

其れにしても寒い日が続きますけれど、口開けて 春を待つらん 犬はりこ、早く暖かくならないかなァ…。読者の皆様は、週末は如何お過ごしでしたか!?僕、此処数日、些か風邪気味だったものですから、土曜日の午後からはずうっと、ひねもすのたりのたり哉、ひたすらに惰眠を貪りまして、漸く回復した次第です♪

さて、酔眼朦朧としながら床に就き、ぼんやりと考えていたのが、東京五輪の行く末でして、此のままで開催出来るんですかねえ…。だって、コロナウィルスは終息する気配を見せておらず、おまけに今、先週末の時点で、アメリカのインフルエンザが猛威を振るってますでしょ。何と死者1万2000人、罹患者2200万人ですって…。お亡くなりになられた方には、謹んで哀悼の意を表します。でね、五輪ともなると、世界中からお客さんが来る訳で、しかも東京に集中しますでしょ。此処で、強い病原菌が流行ったら、五輪どころじゃありませんぜ。僕、日本政府が、パンデミック対策をきちんとしているだなんて、とても思えないけどなァ…。

だって、お台場の海で、五輪の水泳を行うそうなんですが、此処、滅茶苦茶に汚いんですって。トイレの様な異臭が酷いそうなんですが、東京都は何と、アサリを大量に撒くそうです。アサリで水質を浄化して貰うと謂う事らしいんですが、もう半年も無いのに、こんな手段で間に合うんですかねえ!?余りに水質が汚染されていたら、アサリも死んじゃうんじゃないかしらん。しかもね、東京湾の多くの地域で、福島から飛んで来た放射性物質が溜まってるってんでしょ。こんな処で泳いで貰って、本当に大丈夫なの!?一事が万事、此の有り様でして将に付け焼刃、僕、東京五輪中に何か、大きなトラブルが起こるのではと、今から心配してますけれど、此れが杞憂である事を心から祈ります。

でね、東京五輪が無事に終わったとします。でも、問題なのは其処からなんですって。と謂いますのも、昨年、訪日外国人観光客が日本で使ったお金は凡そ、5兆円なんですって。でも、先のコロナウィルスやインフルエンザが流行れば、五輪観光なんて来ませんよね。しかも日本政府は、此の五輪に3兆を超すお金を突っ込んでいます。実は、1964年の東京五輪の際も、宴の後と申しますか、閉会後に大不況が到来、大会社が幾つも潰れているんですね。巨額の投資をして、其の見返りが少なければ、倒産する処が多くなるのは自明の理でしょう。ですから、近年の五輪は、コンパクト化され、低予算で行うのがトレンドなのに、日本だけが其の流れに逆行しているんです。こりゃあ、今年の秋頃から、景気が益々悪化するんじゃないかしら…。

閑話休題、ペシミスティックな話は此れでおつもりにしましょう。実は僕、少々悲観的になっていたんですが、最近の若者の大活躍を見てますと、五輪後には寧ろ、景気が良くなるのではと、楽観的にすら思えて来たんです。

だってね、今、柔道最強の男と謂えば、フランスのリナール選手でしょう。僕、彼のディフェンシブなスタイルは決して好きじゃないんですが、昨日、日本の影浦選手が、敵地フランスの国際大会において、見事判定勝ちを収めました。リナール選手は何と、五輪を連続制覇、国際大会では154連勝、10年間負け無しの不敗の男でした。25㌢の身長差に27㌔の体重差を物ともせず、見事にぶん投げたんですから、影浦選手、東京五輪で金を取っちゃって下さい!囲碁界では、史上初の、4世棋士が誕生しました。中学2年生の張さんと謂う、日中ハーフの女流棋士なんですね。彼女の祖父母からご両親まで、3代に渡り125のタイトルを取ったと謂う、将にサラブレッドの家系でして、何処まで伸びるのか、見当が付きません。又ね、祖父の木谷先生は名伯楽として知られ、日中台韓は勿論の事、ドイツやフィンランドでもプロ棋士を産んだ程なんです。此の家系に、ハーフのプロが生まれるなんて、何だか運命的ですよね。ボクシング界のスーパースター、WBA・IBFバンタム級世界チャンピオンの井上選手の次戦はラスベガスでありまして、全世界で放送されます。チャンネルはESPN、ディズニー傘下の世界的スポーツチャンネルであり、プロモートするのはボブ・アラム、ユダヤ系の生まれの弁護士であり、世界1のボクシング興行主です。

実業の世界に目を向けましょう。熊本の女子高生3人が、廃棄されているアオサ海苔に目を付け石鹸として転用、全国販売を見据えてのビジネス・プランまで造り上げたとか。花王やカシオ等々、日本を代表する企業が、新たなプラスティック樹脂を開発、其のデザインを手掛けるのは、多摩美術大の学生さん達だとか。シンガポールに本社を置く、エニーマインドグループ社長の十河さんは未だ32歳、主にアジア全域のネット広告を手掛けているそうですが、今では何と、事業拠点はアジア11か国、20か国600人の社員を雇っているそうです。

僕、こうした有為かつ優秀な若者達が、日本のみならず、海外雄飛している事を、本当に嬉しく思います♪うん、当院も負けずに、若者の人材育成に益々力を入れなくては!看護学生の奨学金システムは既にあるのですけれど、国内外出張手当の拡充とか、書籍購入資金とか、昇進時の手当の倍増とか、今年中に実現させましょう!