FC2ブログ

♡ 美徳のよろめき ♡

昨晩僕、ケーブルTVで偶々、大阪なおみ選手の試合を生放送で観る事が出来ました。東レ・パン・パシフィック・オープンの1回戦でして、相手のチブルコワ選手はかって、全豪オープン準優勝の経験がありますから、決して弱い相手では無かったんですね。ところが、大阪選手のワンサイドで圧勝、いや~、大したもんです。僕、吃驚したのが彼女のサーブでして、196㌔を計測してたんですが、此れ、もう、男子並みでして、大変失礼ですけれど、錦織選手より速いですぜ。僕、勿論自分でもプレイしますが、テニスの観戦歴は、ボルグやマッケンローの時代からで、かなりのオールド・ファンなんですね。強烈なサーブの使い手を、ビッグ・サーバーと呼ぶのですが、90年代の大スター、レンドルやベッカーでさえ、精々200㌔前後でしたもんね。大阪選手は、男子選手に劣らないビッグ・サーバーと謂う事でありましょう。もうこうなったら是非とも、ウインブルドンを制覇して欲しいなァ。でね、試合後に大阪選手がインタビューを受けていたんですが、とってもキュートでチャーミング、可愛らしい素敵な女性でした♡試合後、「どう呼ばれたいですか」とのインタビューアーからの問いに、「なおみちゃんと呼んで」と答え、会場から万雷の拍手と大歓声を浴び、恥じらい照れている大阪選手の姿に、感動したファンも多いのでは。僕、大阪選手の全米オープン制覇を、如何に多くの人達が喜び、祝福しているかを観て、目頭が熱くなりました。大阪選手は将に、日本の誇りでありましょう。

でもね、本当に残念な事に、大阪選手の事を、貶す人達も多いんですって。彼女のお父さんが中南米のハイチの方と謂うのが、どうにも気に入らないらしく、日本人とは認められないと謂う輩も、相当数居るそうでした。あのねえ、確かに黒人の血は混じっていますけれど、彼女のご母堂は日本人であり、大阪選手は日本国籍な訳でしょ。ならば、大阪選手は日本人じゃありませんか、馬鹿らしい。そしてね、どの国の人であろうと、男女が真剣に愛し合い、其の結果、大阪選手が生まれたんじゃありませんか。其れをたかだか肌の色だけで差別するなんて、何だか僕、人の愛情までもが否定された気がして、非常に不快です。

大体ね、僕達日本人のルーツは、DNA解析により、相当な処まで分かっているんですが、本当に色々な人種が混じり合ってますでしょ。僕達日本人は、混血と謂っても過言ではありません。シベリアに居て、マンモスを狩っていた小集団。中国や韓国経由で此の島国に来た人々。東南アジアや南方から来た一族。そして元々日本に居た人達。此れらの人種が結ばれ、今の日本人が形作られた訳です。ですから僕、大阪選手を否定する事って、日本人自らのルーツを否定するのと同じと思うんだけどなァ。

閑話休題、天下の新潮社も落ちたなァと嘆息したんですが、「新潮45」と謂う雑誌で、LGBTについて特集をしたんですね。かって、自民党の杉田水脈なる女性議員が、「ゲイやレズの人は生産性が無い」と発言しました。拙ブログでもかって、此の問題に付いて触れましたけれど、とんでもない暴言と思います。こんな大馬鹿者を庇い続ける自民党も、本当に問題ですよね。さて、「新潮45」では、此の杉田議員を徹底的に擁護してまして、特に小川栄太郎なる文藝評論家の意見、本当に酷かったんです。「レズやゲイが生きづらいならば、痴漢も生きづらい。彼らの触る権利を社会は保障すべきでないのか。触られる女のショックを思えというのか。」ですって。…。……。………。テメエ馬鹿野郎この野郎、そりゃ単なる論旨のすり替えでしょ。乱暴極まりない滅茶苦茶な暴言でして、僕、こんな文藝評論家、名前すら知りませんでしたが、全ての人達に謝罪しなさい!

僕は所謂ヘテロセクシャル、異性愛者ですけれど、ゲイの方々について、差別感情は全くありません。当院に就職希望者が居たとして、其の方がゲイやレズだろうと黒人だろうと、情熱と誠意さえあれば、何時だって誰だってウェルカムです。

話を戻しまして、新潮社もダブルスタンダードと謂うか二股膏薬と申しますか、アンタの処で出してる本で、ゲイについての物って、沢山あるじゃないの。誰もが1度は手に取った事があるでしょう、新潮文庫のライン・アップにも、其の手の本、山の様にありますぜ。三島由紀夫の「仮面の告白」「禁色」。森鴎外の「ヰタ・セクスアリス」。稲垣足穂の「一千一秒物語」。川端康成に谷崎潤一郎、江戸川乱歩や中上健次も、ゲイを題材に多くの小説を書いてまして、あの~、新潮社さん、今まで其れで散々稼いでおいて、今更の様に掌返しって、そりゃちょっと酷過ぎやしませんか!?

僕、こういう差別的な思考や方向性って、決して許してはならないと思うんです。今回の「新潮45」は、ゲイについての差別でしたけれど、此の感情、容易に対象を移しますよ。其れがか弱い赤子や女性や老人への暴力や蔑視であったり、容姿や学歴や国籍の差別や上から目線であったり、そんな根暗でネガティブな感情なぞ、百害あって一利無しですよ。とっとと止めて、皆で共存共栄、仲良くやるの一番ですよ。僕が私淑し、敬愛する、故忌野清志郎はステージで何時も、「愛しあってるかい!?」とシャウトしてましたが、僕、其の通りと思えてなりません。大体ね、今、日本に住んでいる外国籍の方って、263万人も居るんですって。そして今年の上半期、日本を訪れた外国人観光客は1538万人です。此れだけ多くの外国の方と、僕達日本人はきちんと、誠心誠意向き合わねばならず、其処に差別感情が入るなんて、とんでもない話でしょ。お・も・て・な・しと、滝川クリステルも謂ってたじゃありませんか、全くもう!

僕、日本は是非、ハワイやニュージーランドを見習って欲しいと、切に願っているんです。先ずハワイですけれど、歴代州知事は皆、様々なバックボーンをお持ちなんですよね。フィリピン系にハワイ系、女性と来て、現知事のデービッド・イゲさんは日系の方で、ご両親は沖縄生まれです。ハワイの人口は140万弱ですが、ヒスパニックにアジア系に欧州各国、ポリネシア系に黒人に混血と、様々な人種が混在してますけれど、皆が仲良く平和に暮らしているじゃありませんか。ニュージーランドの現首相は女性、そして此の国には総督と謂う重職があるんですが、こちらも女性が務めています。女性首相を支える副総理は、ニュージーランドの原住民、マオリ族の血を引いています。其の他、上海生まれの女性議員、スコットランド生まれの外務大臣、ロンドン生まれの貿易大臣、多士済々ですよ。此れ、ニュージーランドが他民族国家と謂う事もあるんですが、其れでも到って平和な国でしょ。僕、平和をこよなく愛し、揉め事を嫌う日本人ならば、必ずやきっと、差別感情を払拭出来ると信じてるんですがねえ…。
スポンサーサイト

地平を駆ける獅子を見た

しかしまァ、何と謂ったら良いのか、我らがアベ総理、幾ら何でも酷過ぎやしませんか!?僕、石破さんとアベ総理の討論、TVで拝見したんですね。未見の方は是非、YOUTUBE等でご覧になって欲しいんですが、アベ総理、石破さんの発言中、目が泳ぎに泳いでまして、ありゃあ尋常な状態とはとても思えませんでした。将に周章狼狽と謂う言葉がぴったりでして、あくまで僕の印象に過ぎないんですが、何かよっぽど悪い事を隠してるんじゃないか、そう思えてなりません。

彼のお得意とされる外交も、酷いもんでしょ。今年の6月、TPPについてベトナムでカナダと交渉していた際、勝手に、「大筋合意をした」と日本側が発表したんですね。瞬時に全世界に其のニュースが流れたそうです。何も聞いていないカナダ側は寝耳に水、そして激昂、「合意には至っていない」とシャンパーニュ国際貿易大臣が公式声明を発表、トルドー首相も、「とても話が出来ない」と帰国しちゃったんだとか。此のニュース、日本ではちっとも流れてませんけど…。因みに外国のメディアは全て、「合意には至らなかった」と冷静に書いていました。仲良しとされているトランプからも、「真珠湾攻撃を忘れていないぞ!」と謂われる始末です。北朝鮮の拉致被害者にしたって、何時まで経っても戻って来ないじゃありませんか。僕、蓮池さんや横田さんご夫妻の姿をTVで見る度に、怒りと悲しみが込み上げて来ます。

プーチン大統領との北方領土の会談後、「反論しました!」と大見得切ってましたが、ロシアの広報担当者には「そんな事実は無い。安倍氏本人からそんな反応は無かった。」、思い切り否定されてました…。大体ねえ、プーチンなんて、ロシア国営TVで、自分を礼賛する番組を放送させている位ですよ。彼に反対する者は皆、不審死を遂げてますし、元々は敏腕スパイだった訳で、暗殺と謀略と陰謀のスペシャリストですよ。或る記者がプーチンに、「貴方は人を殺した事がありますか?」と問うと、「其れは素手でと謂う意味か…」と答えたそうでして、将にピカロ、本物の悪漢でしょう。ちょっと都合が悪いと目が泳ぎまくる男が、そんな暗黒街の大立者に、対抗出来る筈がありませんぜ。大体、プーチンとアベって、もう22回も会談しているんでしょ。北方4島に何の進展も無く、3000億円のお金だけ取られ、領土問題に何の共通認識も無いって…。まァ、こんな営業マンが居たら、担当を外されるでしょうね~、トホホ…。

大体ね、交渉事をするのであれば、先ずは相手と信頼関係を築くのが筋でしょうに。ですから僕、商談する際には、お相手の方の情報がなるべく多く欲しいですもの。其処から共通の話題を探し、飲食を共にし、どういう方かじっくり見てたっぷり話を聞いて、其処から交渉を始めるべきですよね。なのにまァ、相手が何も納得していないのに、「合意した」なんて発表したら、そりゃ怒って当然でしょ。あ~あ。因みに、日本とカナダの貿易関係ですけれど、年間6兆5000億カナダ$の取引でして、アベと其の取り巻きの大失態のお蔭で、其のお金も大きく減るかもしれませんね。

僕、有能でさえあれば、此の国を、どの政党が取り仕切っても良いと思っています。勿論自民党が其れをやってもちっとも構わないんですが、此処まで来ると、流石に酷過ぎると感じるんですが、読者諸賢の皆様は、如何思われますか!?

閑話休題、嫌な話は此れでおつもりとしまして、政府の体たらくに較べ、日本国民は本当に優秀だと痛感します。過疎化に悩む秋田県では、其れを逆手に取り、新たな産業が生まれているんですって。ほら、お歳を召すとどうしても、噛む力が弱くなり、食欲が落ちますよね。高齢者の多い秋田県では、豊富な食材を活かし、高齢者向けの介護食を続々と開発、首都圏の大手物流メーカーと提携し、全国に販売網を広げようとしているんだとか。順調に伸びているそうですよ。考えてみれば、介護食のモニターになる高齢者って、同県内に沢山いらっしゃる訳ですから、地元のお年寄りにも喜ばれ、新たな産業も生まれ、良い事ずくめですよね。そうそう、秋田県には、東成瀬村と謂う、人口僅か2600人の小さな村があるそうです。今、此の小さな村が非常に注目を集めていまして、世界中から視察者が殺到しているんだとか。此の豪雪地帯の村には、スーパーも塾も無いんですが、なんとなんと、小学校と中学校の学力テストでは、全国1位なんですって。生徒さん達は僅か200人ですが、皆が飛び抜けて成績優秀だそうで、此れ、小中の9年間、先生方や地域の方々が協力し、肌理細やかな指導をするそうです。そして、村の図書館の予算って、全国平均の4倍ですって。実は此の村、かっては中々教育の成果が上がらず、全国最低レベルだったそうで、創意工夫と努力で、幾らでも成長可能なんですよね。其れで思い出したんですが、今、一番人気がある大学って、慶應でも早稲田でも無く、近畿大学なんですよね。此処数年ずうっと、同大学の志願者数は日本一を続けています。大学教員の努力、広報に宣伝、卒業生の多さ等々、様々なファクターがあるでしょうが、僕、感心したのは、グローバルな視点でした。近畿大学の海外提携校は何と、242校もあるそうで、此れも日本一だそうですよ。海外雄飛を目指す若者には、もって来いの大学ですよねえ。でね、近大の毎年の海外留学生は数百人単位だそうで、彼らは何れ帰国してキャンパスに戻る訳でしょ。そりゃあ大学の雰囲気もガラリと変わり、国際色豊かになるでしょう。此の努力を何十年も続けた結果、日本一人気のある大学になったそうでした。

僕のこよなく愛するプロ野球の世界だって、観客増の為、色んな努力をしてますよ。今、パリーグのトップをひた走る西武ライオンズですけれど、親会社は勿論、私鉄の西武ですよね。観客が順調に増えてますけれど、先ずはヱビスと組んで、池袋から西武ドーム駅まで、ビール特急列車を走らせています。1時間の運行中、ヱビスビールは飲み放題、おつまみと内野席のチケットが付き、球場内でも1杯ビールが呑めて3980円って、安くないですか!?此の列車、大人気だそうですよ~。しかもね、本当に吃驚したのが、西武鉄道と同じ埼玉県内を走る東武鉄道って、長年に渡り宿命のライバルだったんです。1世紀に渡り対抗しており、宿敵と呼んでも良いでしょう。ところが、互いの収益増と鉄道客のサービスを兼ね、両社が協力したんですね。ライオンズの格安チケットを両社が販売しグッズを売出し、大人気だそうです。両社の駅間の乗り換え時間も工夫して短縮させ、埼玉の方々はとても喜んでいるんだとか。西武ドーム球場も、180億の巨費を投じて大改築するそうですし、ライオンズ黄金時代が再び来るかもしれません。

僕、不可能な事って、世の中に無いと思うんです。創意工夫と情熱と努力さえあれば、過疎化が進み、教育面では劣っていた少子化の寒村だって、日本一の学力を持てるじゃありませんか。1世紀に渡り敵対していた鉄道会社だって、協力出来るんです。ならば、何時の日かきっと、有能な人が指揮すれば、拉致被害者や北方四島だって、戻って来ると思うんだけどなァ…。

✝ soldier blue ✝

大いなる 団扇出てゐる 残暑かな、此処大分では、週末の日差しは未だ強かったですけれど、読者の皆様は如何お過ごしでしたか!?僕、すっかり休ませて貰いまして、尤も今週は相当忙しくなりそうで、大いに英気を養う事が出来て何よりでした。さて僕、週末は何と謂ってもボクシング観戦でありまして、日曜日のお昼、WOWOWで、世紀のビッグマッチがあったんですね。WBAスーパー・IBF・WBC世界ミドル級タイトルマッチ、ゲンナジー・ゴロフキンVSサウル・カネロ・アルバレスの一戦でした。ゴロフキンは何と8年間王座を守り続けた不敗の男、対するカネロはメキシコの英雄であり2階級制覇、パンチ力・スピード・度胸・頭脳・テクニック、甲乙付け難い両雄でして、いや~興奮しました。非常にタイトな試合でしたが、若さで勝るカネロの勝利に終わったんですが、まァ妥当かなァ…。しかし、偉大なチャンプが負ける様って、何時観てもほろ苦く、辛いんですよね。かっての強さを知っているだけに、人間、年齢や激戦のダメージの蓄積には勝てないのかと、僕、ゴロフキンの為に献杯しましたもの。しかし、カネロは此れでボクシング界1のトップ・スターになった事は間違い無く、此れから何処まで伸びるのか、非常に楽しみです。

其れにしても此の一戦、両雄のファイトマネーを併せると100億を超える由、いや~、全世界にも生中継された訳で、ビッグ・イベントですよねえ。でね、僕、アメリカの美点と申しますか、懐の深さを痛感したのですけれど、ゴロフキンは中央アジアのカザフスタン出身、ロシアと高麗人--19世紀に韓国からソ連に移住した人達です--の血が入っています。ゴロフキンをマネジメントするのはK2プロモーション、オーナーはウクライナ人です。対するカネロは、アイルランドの血を引くメキシカンなんですね。そして、彼をマネジメントするのはゴールデンボーイプロモーション、オーナーはメキシコ系アメリカ人です。ですから此の世紀の一戦、所謂WASP、アメリカのエスタブリッシュメントと呼ばれる上流階級の人達は関わっていないんですね。アメリカでは、実力と能力とチャンスさえあれば、白人でアングロサクソンでプロテスタントで高学歴で無くとも、此の世紀の一戦を取り仕切る事が出来るんですね。僕、アメリカは余り好きではありませんけれど、誰にでもチャンスがある国と謂うのは、やっぱり素晴らしいですよね。

閑話休題、今まで綴って来たのは、超大国アメリカの光の部分です。でもね、残念ですが、闇の部分もありまして、此れがまァ、本当に酷いんです…。先週末、僕、大分のミニシアター、シネマ5に行きまして、鑑賞しましたのが、映画「ウインド・リバー」でした。地味でシリアスな作品であり、碌に宣伝もしていないと思うのですけれど、此の片田舎で20人以上入ってまして、力のある映画って、口コミでお客さんが入るんですよね~。主役はジェレミー・レナーとエリザベス・オルセン、共に演技派でして、誠に好演でした。凍てつく酷寒の大地を描いた撮影も良かったですし、脚本も練りに練った感があり、今年のカンヌで「ある視点部門」監督賞受賞も、成程と頷けました。さて、本作の内容ですが、未見の方の為に詳しくは書けませんが、少しだけご紹介しますね。

ウインド・リバーとは、インディアン居留区の地名なんです。インディアンは白人達から、零下40度の土地に追いやられたと。其処は、鹿児島と宮崎を併せた位の広大な土地なのですけれど、警官は何と、6人しか居ないと。ほんの少し、雪上バイクで進めば、もう何も見えなくなる様な土地柄でして、まともに教育も受けられず、職も無く、食べるのがやっとなんです。アルコールやドラッグしか楽しみが無く、殺人が起きても殆どが未解決--遺体を雪山に埋めちゃえば、もう何も分からないんです。警官の数も少ないですし…。--であり、レイプは日常茶飯事であると。其処で事件が起き、捜査が始まるが難航し…、と謂うお話なんですね。此の映画、実話だそうで、レイプされ殺される、或いは行方不明になったインディアンの少女って、其の数すら分からないんだそうです。現代とはとても思えないんですが、此れもアメリカの現実なんですよね…。そう謂えば此の監督さん、「ボーダーライン」と謂う傑作を撮ってましたが、其の作品も、メキシコとアメリカの国境沿いにおける麻薬戦争の実態と謂う、とんでもなくシリアスな物でした。僕、勿論劇場で観たのですけれど、国境のイミグレーションの前で、滅茶苦茶激しい銃撃戦やってるんですもの、しかも其れ、実話に基づいてるってんでしょ、度肝を抜かれました…。

アメリカの恥部、暗黒部分を描いた傑作映画って、本当に沢山あるんです。未見の方の為、敢えて内容は伏せて、タイトルだけご紹介します。インディアンを描いた「ソルジャー・ブルー」「ラスト・オブ・モヒカン」「ダンス・ウィズ・ウルブズ」「サンダーハート」「エッジオブアメリカ」。虐げられた黒人を描いた「ミシシッピ・バーニング」「デトロイト」「ジャンゴ 繋がれざる者」「ドゥ・ザ・ライト・シング」「マンディンゴ」。黒人差別を赤裸々に描き、長い間発売禁止だった「マンディンゴ」がDVD化されるとはまさかまさかでして、僕、思いも寄らず、本当に吃驚しましたねえ…。

此れだけ映画人達が真摯に訴え続けているのに、何も変わっていないのがアメリカでして、銃乱射事件だって頻発してますでしょ。トランプになってから、より差別的に排他的になっている気がしてなりません。ヒスパニック系の人口が激増しており、アメリカの白人が少数民族になるのも時間の問題です。今後アメリカが、カナダの様に多くの人種を抱えながらも融和して行くのか、其れともイギリスの様に分裂寸前になるのか、予断を許しません。超大国アメリカの行方で、世界が大きく変わりますもんね。

僕、アメリカが再生するには、相当ラディカルな手段を取るしか無い、そう思うんです。此処まで亀裂が入りかけているんですもの、トランプをさっさと引き摺り下ろし、新たな大統領を据えるしかありません。でね、其処で大統領に推薦したいのが、オプラ・ウインフリーさんなんですよ。実際、大統領候補になるのでは、そう囁かれた事もありました。オプラさんは、以前の拙ブログでもご紹介しましたが、黒人とインディアンの血を引く私生児として生まれた、64歳の女性なんですね。TV番組のキャスターや映画出演、文筆家としても知られ、黒人女性では世界一稼いでおり、総資産は1800億円、そしてリベラルで知的、全米きっての著名人です。でね、副大統領に、ジェシカ・アルバさんはどうでしょうか!?彼女は37歳、メキシコ系アメリカ人であり、売れっ子ハリウッド女優なんですが、今では殆ど引退してまして、エコ商品を手掛ける会社を設立、実業家に転進したんですね。今では其の会社、時価総額10億$を超すそうで、彼女は慈善家であり篤志家としても有名でして、相当なやり手ですねえ。正副大統領が共に女性となり、しかも、黒人とインディアンの末裔とヒスパニックって、革命的な事ですし、此処まで思い切った人事をして初めて、アメリカは国内融和の方向に舵を切ったと、国民も納得するんじゃないかしらん…。

しかし、日本の総裁選も何とかなりませんかねえ…。僕、旧友の都内在住の大手マスコミ関係者と先々週、お酒を呑む機会があったんですが、自民党支持の彼ですら、アベ総理に辟易してましたもんねえ。あ~あ、此の国も大変な時期なんですから、有能な方が居れば、思い切って女性総理が良いと思うんですけどねえ…。

elysium

萩の花 尾花葛花 撫子の花 女郎花また藤袴 朝貌の花、万葉集の山上憶良の句ですけれど、朝夕は随分と涼しくなりました。此れからはどんどん、美味しい物が出て来る訳で、中でも僕、大分の北部の豊前海で獲れるガザミ、渡り蟹が大好物なんですよ~。知名度は余り無いのですけれど、そりゃねえ、タラバやズワイなんて、勝負にならないと思うなァ。まァ、口福と謂う言葉通りでありまして、口に入れると陶然となり、後は黙々とカニと格闘する有り様です。デートや商談には最も不向きな食べ物と謂えましょう。今年こそ、現地に行って食べたいなァ。読者も皆様方も、大分に来られた折には、臼杵のふぐ、佐伯の鮨、そして豊後高田のガザミは、是非ご賞味下さいませm(__)m。

さて、話を戻しまして、先の山上憶良の句、秋の七草を詠ったものですけれど、万葉の昔から、日本人は本当に知恵があったと感心するんです。此の句に出る葛の花、非常に役立つ物でして、古来から日本人は重宝して来ました。先ず、荒れ地でも直ぐに繁茂し、成長が極めて速いでしょ。花のつるは作業用の紐となり、布となり、籠の材料にもなります。そして家畜の飼料となり、根っ子を乾燥させれば葛根湯のお薬、葛粉に葛切りに葛湯にもなります。古代の日本人の叡智には頭が下がる思いです。

おくやまに 紅葉踏み分け 鳴く鹿の 声きく時ぞ 秋はかなしき、此の優雅な万葉の人々の時代から、月日は流れて幾星霜、今の人類は、どうやらとんでもない事になっています…。皆様、「ホモデウス」と謂う本、ご覧になりました!?僕、昨日書店で見つけ、早速購入、上巻を漸く読み終えた処なんですが、いや~、吃驚する事ばかりでした。と申しますのも此の本、イスラエルのユバル・ノア・ハラリさんと謂う歴史学者が書いていまして、世界35か国で大ベストセラーなんだとか。で、其の内容ですけれど、「ホモデウス」とは勿論造語でして、一部の人間が神に近い存在になると謂う事なんです。遺伝子の改変やAIに依り、IQ500で100㍍を5秒で走り生殖能力も抜群、容姿端麗で大変な長寿、そうした人間が生まれ、大多数の人を支配するのでは、との悲観的な予測でありました。しかもね、20年もすれば其れが可能なんじゃないか、ですって。将にディストピア、暗黒の未来なんですが、確かにねえ、20万年前の僕達は、石の斧を造るのがやっとだったのに、今やツイッターやフェイスブックを持ち、木星まで宇宙船を飛ばせてますもんね。進化の度合いが益々加速すれば、先の様な超人類が生まれるかもしれません。

或る予想では、2030年にも、介護AIが登場するのではと謂われています。介護士さんは耳にワイヤレスの端末を付け、介護AIからの指示で患者様のケアをすると。此れが何れ各界に広がる訳で、雇用形態も随分と変わるでしょうねえ…。僕、此れは幾ら何でもやり過ぎと憤慨しているんですが、「情報銀行」と謂う可能性があるんだとか。つまり、AIやビッグデータを悪用すれば、個人の情報って、ネットの海から幾らでも拾えますでしょ。アマゾンでの買い物の頻度、通話記録、GPSによる行動履歴…。こうした情報を組み合わせたら、其の人の収入から趣味嗜好、支持政党等々、何から何まで筒抜けなんですって。此れらの大量の情報を集めたのが情報銀行であり、其れを売買すると。こりゃおちおち電話もしてられませんぜ。僕、伝書鳩でも飼おうかしらん…。

でね、危惧しますのは、こうした社会になりますと、少数の支配者と、圧倒的大多数の被支配者に、完全に分かれてしまう様に思うんです。数年前、「エリジウム」と謂う映画がありまして、観ていて暗澹とした気分になりました。此の映画では、大金持ちだけが宇宙に造られた人工衛星に住み、恵まれた生活を享受していると。そして、大多数の人々は、大気汚染に環境破壊で荒れ果てた地球に住み、AI搭載のロボットの管理下にあると。そう謂えば、大ヒット映画「トータルリコール」も、そんなお話でしたもんね。

人間が進化する上で、様々なシステムが生まれては消えて行きました。縄文の昔は、貧富の差が無く、平和な生活が1万年続いたと謂われています。紀元前のギリシャで民主主義が生まれ、そして帝政や王の支配、神権政治に独裁制、共産主義に社会民主主義等々、将に百花繚乱ですよね。千年単位で戦争ばかりしていた群雄割拠のヨーロッパが、EUと謂う形になったのって、素晴らしい事と思うんです。でも、今や其の画期的なシステムも、何だかヤバいでしょ。様々なシステムがぐるりと一廻りして、近未来には、超人間による独裁制って、何だかなァ…。

僕、幾ら優れているとは謂え、一部の人間やAIに全てを任せるって、危険極まり無いと思います。だって、AIなんて万能じゃありませんぜ。先日、eスポーツ、即ちTVゲームの世界の事なんですが、AIと人間のプロゲーマーチームの間で、カナダのバンクーバーにおいて、28億円の賞金を掛けた戦いがありました。52分間の戦いは、人間側の圧勝だったそうですよ。此のゲーム、5人1組となりまして、夫々が魔術師やファイターと謂ったキャラクターを選び、相手を倒すと謂う物らしく、僕、何だかプレイしてみたいですねえ。其れはさておき此のゲーム、チェスや囲碁よりかなり複雑なんですって。で、AIは其の場其の場の判断は瞬時に出来、其処は人間はまるで歯が立たなかったと。しかし、戦略が無かったそうで、AIは戦術だけだったんですね。そう謂えば、僕のこよなく愛する将棋の世界でも、高校生棋士の天才、藤井7段の指した手は、コンピュータでも解読不能だったとか。ところが数十手進むと、とんでもない名手だった事が判明、其処でやっとコンピュータも理解したそうでした。

「ベストアンドブライテスト」と謂う、国際政治学における、バイブルの様な名著があります。僕、院生の時に読了したんですが、一言で申しますと此の本、スーパーエリート達が如何にして大失敗を繰り返すか、と謂う内容なんです。アメリカ大統領のブレーン達って、勿論超名門大学を出て博士号や弁護士資格を取って当たり前の世界なのですけれど、彼らが選択したベトナムでの戦争は、20年近く続き、数十兆$を注ぎ込み、300万人もの同胞や協力者を喪い、そしてアメリカの大敗に終わりました。

僕、過ちを犯さない人間は居ないと思いますし、完璧なシステムも無い、そう確信しています。何故かと謂えば、人間には感情がありますでしょ。どんなに優れた人間が生まれたとしても、大事な物事を決定する際、感情に左右される処はどうしてもある訳でして、其れを抑えるには、豊かな人生経験ってやっぱり必要ですもの。其の人生経験に、学識が加われば最高ですよね。

ですから、今の日本の様な、弱者切り捨てのやり方は僕、間違っていると思います。たとえ貧しい家に生まれても、教育の機会はなるべく均等であり、誰でも博士や大臣になれるってのが、我が国の美点だったのに、今じゃとてもそうじゃないでしょ。其の点、フランスをご覧なさいよ。昨日、マクロン大統領が、貧困に喘ぐ家庭の子供達の援助資金として、1兆円の投入を決めました。う~ん、我が国のアベ総理も、海外行って無駄遣いばかりしてないで、こういう事にお金を使って欲しいなァ…。

さて、天気は下り坂の様ですが、皆様、素敵な週末をお過ごし下さいませ。では、来週月曜日に又お会いしましょう(^.^)/~~~

全てを解決する用意がある…

僕、昨日は仕事で、とってもハッピーな事がありまして、当院の全スタッフの皆さんには、此の場を借りて厚く御礼申し上げます。本当にありがとうございましたm(__)m。当院はもう、62年の歴史があり、僕が5代目の理事長なのですけれど、此処に来て、本当に多くの有為の人材が結集、多大な成果を挙げつつあります。でも此れ、僕の力なぞ本当に些細な物でして、全スタッフの日々の努力の賜物ですもんね。ただただ、感謝感謝であります。実るほど首を垂れる稲穂哉、こういう時程、より謙虚に、より誠実にならなくては。読者の皆様、地域の方々、そして患者様、今後とも当院をご贔屓の程、何卒宜しくお願い申し上げます。どうぞ、叱咤激励ご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い致します。良薬口に苦しと申します。皆様の貴重なご意見、第三者の冷静な視点こそが、当院を成長させると信じています。田夫野人で野暮天の僕ですが、今後とも誠心誠意頑張って参ります。宜しくお願い致します。

其れにしても、親友のMさんから頂いたお祝いのメール、嬉しかったなァ。貼付されていたのがハイロウズのご機嫌なナンバー、「ロックンロール黄金時代」でありまして、何とお洒落なプレゼントかと僕、感涙に咽びました。Mさん何時もありがとう!又呑もうぜ!とまァ、冒頭からパーソナルな話で失礼しました。余り嬉しかったのでつい…。

閑話休題、アベ総理がプーチン大統領と、ロシアの地で、北方領土返還の交渉を行いましたけれど、案の定、何の成果も得られませんでした。マスコミは今まで散々、「解決は近い」なんてミスリードしてたのに、猛省しなさい!大体ねえ、マスコミは敢えて触れなかったんでしょうが、其の会談中、ロシア軍は極東から日本海から北方領土にかけて、軍事演習をしてましたでしょ。此れ、過去最大の規模だそうで、何と30万人もの将兵が参加、軍艦80隻、軍用機1000機、戦車を含む軍用車両3万6千台ですって…。しかもね、中国軍やモンゴル軍も参加した由でした。此れ程の大軍事演習を、アベ総理との会談中にやってるんですよ!?プーチンの野郎の気持ちを想像しますと、「謂う事を聞かねえと、喧嘩売るぞ。テメエだけが血を見る事になるんだぜ。分かってんのか、アンちゃん…。」、てなもんでしょ。そしてね、北方四島は既に、軍事要塞化と申しますか、北海道に向けての新型ミサイルや戦闘機を配備したり、港湾を整備して、大型の軍艦が寄港出来る様にしているんです。僕、尋常な事では、北方四島は絶対に戻って来ないと思うなァ。

情けなくて涙が出そうなのが、アベがわざわざ訪露したのに、プーチンは会談の場所に3時間近く遅刻した由、此れ、どちらが立場が上か、見せつけているんでしょう。僕、わざと遅刻したとしか考えられません。おまけに、経済協力の美名の元、日本はロシアに3000億円も支払ってるでしょ…。ご本人は「外交の安倍」と悦に入ってるそうですが、最早正気の沙汰とはとても思えません。アンタ、どうかしてるぜ!

でもねえ、1億部を超えた超人気漫画「スラムダンク」、最近再発売してますけれど、作中の名言を借りれば、「最後まで希望を捨てちゃいかん。諦めたらそこで試合終了ですよ。」でありましょう。此のシーン、僕の大の贔屓のミッチー、三井寿君と安西監督とのやり取りであります。おっと、スラムダンクを読んでいない方には何のこっちゃですよね、失礼しましたm(__)m。

話を戻しまして、此れ、僕の信念なのですけれど、明けない夜が無い様に、解決出来ない問題は無い、そう思っています。此の北方領土の問題、戦後70年を過ぎても未だ未解決な訳でして、此処までこじれてしまった以上、無能かつ無知なアベがうろちょろして解決出来る筈がありません。じっくりと腰を据え、100年掛けて解決する心算でなくては。先ずは領土問題を両国国民に周知徹底する事。そして、日露間での民間交流を頻繁に行い、相互理解を深め、お互いを尊重する事。そして経済面での協力を進める事。親密になればなる程、お互いが領土問題を抱えている事が、親睦においてのデメリットとなる筈です。迂遠に見えるかもしれませんが、急がば回れでして、僕、此れしか解決の道は無いと思います。

話は変わるんですが、今、アフリカのサハラ砂漠や中近東のアラビア半島で、太陽光や風力発電を設置する、多くの計画が進行中なんですね。相当な大規模らしいですよ。ソフトバンクの孫社長も其のメンバーに加わっているそうですが、意外な副作用があるんですって。と謂いますのは、風力発電の巨大な羽が空気をかき廻しますよね。此れが上昇気流を生み、雨を呼ぶと。そして、巨大な太陽光パネルを置く事により、直射日光が地面に当たりませんから、地表の温度が下がると。となりますと、其処に種でも苗でも植えれば、植物がどんどん育つのでは、と謂う壮大な計画でした。うう~ん、もし此れが実現したら、地球温暖化やCO2の問題も、一挙に解決ですよ。人類の未来の為にも、必ず成功して欲しいなァ。

ですから僕、時間さえあれば、どんな問題でも、必ずや解決出来ると信じています。昨年度の全世界の癌患者の数は、1810万人とWHOが発表してましたが、僕、ドクターでも無いのに恐縮ですが、何れきっと、治せる時代が来ると思えてなりません。だって、AIがあり、手術ロボットが出来、CTやMRIや新薬の進歩も目覚ましく、遺伝子操作や冷凍睡眠だってあるんですよ。かって人類を悩ませた、コレラもペストも梅毒も結核も、最終的には皆やっつけたじゃありませんか。僕、人類の叡智とポテンシャルを信じています。だから何時の日かきっと、日露両国民がハッピーな形で、北方四島で仲良く、共に肩を並べて歩く日が来ると思います♡
プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR