FC2ブログ

1192つくろう鎌倉幕府

昨夕のニュースは、竹田JOC会長辞任のニュースでもちきりでした。僕、何だか今の日本を象徴してるなァと、ビール片手に見ていたんですね。だって、東京五輪誘致の際の、巨額の裏金疑惑での辞任でしょ。現在、フランス検察が相当動いているそうですから、此の竹田、下手をすると異国の刑務所に収監されますぜ。利権、コネクション、閨閥等々、日本だけで通用したドメスティックな論理が、国際社会では通じなかったと謂う事でしょう…。しかも此の東京五輪、欺瞞と隠蔽ばかりでして、スタジアムの建設費は数十倍に跳ね上がりましたよね。しかも、アベ総理は、「福島の原発はアンダーコントロールしている」と、全世界に大見得を切りましたけれど、先日の調査では、大気中に放出されている放射能の量が、ほぼ倍増してるんですけど…。もういっそ、辞退したら良いのにねェ。五輪期間中に、大地震が起きたり、其の所為で原発がメルトダウンしたら、どうする心算なんでしょうか!?

実際、政府のやっている事は出鱈目、滅茶苦茶で、収拾が付かなくなって久しいですよね。だって、此れだけ景気が悪いのに、消費税は増税、しかもね、「プレミアム商品券」を発売する由、此れ、消費税の影響を少しでも少なくする為だそうです。でもね、「地域振興券」だって、何も上手く行かなかったじゃありませんか。おまけに此の「プレミアム商品券」、2016年4月から、2019年9月末日までに、生まれた子供が居る世帯しか購入出来ないんですって。謂えね、僕、子育て支援をするのは当然と思いますよ。ですから当院も、スタッフに対し、各種手当てや保育所を設立しました。でもね、此の商品券、消費税の影響を少なくする為と謳ってますよね。アレレ、消費税って、所得の差に関係無く、万人から徴収する税じゃありませんか。其れを、幼子が居る世帯だけが得をするって、幾ら何でも片手落ち、不公平でしょ!?消費税の公平性が損なわれませんか!?そしたら案の定、猛烈な批判を浴びているそうでして、こんな簡単な理屈も分からない程、今の為政者は頭が悪いんですねえ、トホホ…。何だか、年老いた老人が、うら若い女性に、マンションだ外車だ別荘だと貢いでいる気がして、見ていて醜悪です。

政府の皆さん、現実を見て下さいよ!僕、ツイッター経由で、此のニュースを見て、愕然としたんですが、イギリスの国営放送BBCで、日本の特集をやってたんですね。吃驚したんですが、其の記事のタイトル、「日本の年金生活者が刑務所に入りたがる理由」ですよ…。どういう事かと申しますと、年金だけでは、家賃や食費や各種税金を払うと大きな赤字となり、とても暮らせず、住む処も無くなると。で、軽犯罪を犯せば、1年でも刑務所で暮らせ、衣食住の心配が無いと謂う訳です。僕、言葉を喪いましたけれど、年々歳々、高齢者の軽犯罪が激増しており、1996年には500人が刑務所暮らしだったそうです。其れが、2016年には2400人ですって。勿論、「きちんと貯金しなかった自分が悪い」、自業自得と謂う考え方もあるでしょうが、でもねえ、年金って、国が保証したシステムでしょ。此れだけ支払いますよと、国が約束したのに、一方的に其れを破り、減額してるんですもん、僕、一概には高齢者の犯罪者だけを責められないと思いますよ…。

そしてね、此れも驚愕だったんですが、もう直ぐ統一地方選が全国で行われますよね。前回の2015年の統一地方選では、かなりの地方で、無投票再選だったんですって。何と、都道府県議会議員の22㌫、市長の30㌫、町村長の44㌫が、無投票当選なんですって。うう~ん、此れ、民主主義の危機でありましょう。即ち、議員の成り手がおらず、新陳代謝も無いって事でしょ!?僕、日本全国津々浦々の、地方の将来が心配でなりません。そして、此れだけ国家財政が悪化すると、医療の分野でも、何時まで国民健康保険制度が維持出来るのか、分かりませんよね。

オランダで、ニュージーランドでテロが起き、フランスでは毎週暴動が起き、今、世界は激動しています。其れなのに、日本の政界だけが旧態依然、昭和の感覚のままでして、こんな状態で良いんでしょうか!?

閑話休題、温故知新と申しますか、賢者は歴史に学ぶ、でありまして、かっての日本は、今よりもっとダイナミックで、ドラスティックな改革を立派に成し遂げました。そうですねえ、読者の皆様と共にタイム・スリップ、鎌倉時代を覗いてみましょうか。日本初の幕府を設立したのは、皆様ご存じの源頼朝ですけれど、彼は名家の御曹司ではあるんですが、様々な辛酸を舐め、人生経験豊富なんですよね。だって、源氏の一族は、京都での勢力争いに完敗、其の殆どは斬首されまして、未だ幼かった頼朝公は、罪人として伊豆に流されました。其れから凡そ30年間、犯罪者扱いを受け続けながら、勉学や武芸の研鑽を積んだ訳でして、其の心境たるや、想像を絶しますけれど、其の苦労が、後の大成の元だったんですね。頼朝公が将軍になる過程において、彼の人徳や見識もあったのは勿論ですが、ありとあらゆる階層の人達が味方になり、ブレーンとなったんです。有名な文覚和尚は、政治問題を天皇に直訴し問題となり、都に居られなくなった僧侶です。大江広元は京都の下級公卿。三善康信は、京都の数学者でして、都の情報を頼朝公に送ると謂う、何だか007の様な役割でした。其処に、関東地方の豪族達が味方となり、当時の南宋、中国から来た高僧とも交流がありました。そして、頼朝公のパートナーであり、女傑でもある北条政子。彼女の評価は毀誉褒貶相半ばしますけれど、「尼将軍」との異名が付いた程でして、折に触れ、頼朝公に様々なアドバイスをしていた事は確実でしょう。そして、頼朝公の実弟、軍事の天才の源義経公、彼の部下達もバラエティに富んでいました。坊さんに金商人に馬売り、老武士に若武者、猟師に海賊に農民、旅芸人に力士等々、社会の各層を結集した感がありまして、彼らが貴族化していた平家を倒し、鎌倉幕府と謂う革命を起こした訳です。

昨日の拙ブログの結論とダブりますけれど、停滞した社会を破り、新世界を築くには、老若男女の力を結集、旧体制を打破する必要があります。閉塞感で押し潰されそうな我が国ですけれど、なあに、今から凡そ800年以上前の日本人が、見事に其れを成し遂げたんですぜ。今の僕達に出来ない筈がありません!!
スポンサーサイト

王家の紋章

あさみどり 染めてかけたる 青柳の 糸にたまぬく 春雨ぞふる、此処大分は昨夜から生憎の雨、僕、結構濡れながら、這う這うの体で何とか出社した次第です☂でも、何だか気分爽快でして、と謂いますのも、昨日、院内の或る会議に出たんですが、若い女性スタッフの皆さんが、伸び伸びと自由闊達に意見を述べてまして、うん、此れなら当院の前途は洋々、春雨じゃ、濡れて参ろう、てなもんです♡

でね、会議が終わり、差し入れのお菓子を見ながらふと思ったんですが、人間の食生活の変化って、僕達の進化を促した、と謂う最新の学説が出ていたんですね。古代人は当然、狩猟生活を営んでいた訳ですが、其れが徐々に農耕を始めますよね。すると、獣肉から小麦粉や米へと、食べる物が変わると。となりますと、歯の噛み合わせや顎の筋肉が変わり、FやVを発音出来る様になり、言語が発達したんですって。ハハア、誠に興味深い仮説ですよね。其れと同時に、世界中には、古代の未解読言語が沢山あるのですけれど、AIを使い、解読しようと謂う試みも進んでいます。例えば、ロンゴ・ロンゴと謂う言葉がありまして、イースター島の絵文字なんですが、AIを使って解析に成功すれば、モアイ像建設の謎も解けるのではと謂われています。いやァ、凄いアプローチですよねえ、僕、人間の叡智に感心しましたし、世界中の未解読文字が分かれば、古代文明の歴史は大きく書き換えられる事でしょう。そして、ドローンを飛ばし、超高性能カメラやレーダーで古代遺跡を発見した例もありました。確かに、ドローンを使えば、人命を損なう事もありませんし、人跡未踏の密林や砂漠、急峻な山々に激流の河川だって、平気の平左ですよね。

でね、ニューズウィーク誌の先週号で大きく特集されていたんですが、「ニューロフィードバック」と謂う、新たな療法が今、全米で注目の的なんだとか。些か眉唾な感もあるのですけれど、此の療法、コンピュータや電極を用い、脳波を自然に調整、脳を訓練する手法なんですって。薬に頼らずとも、ADHDにPTSD、不安や怒りや鬱を改善出来るんだとか。何でも、此処数年で500を超す論文が発表されているとか。研究者は、「後10年もすれば、様々な精神疾患を治療出来る様になる」、そう豪語していました。又、脳の研究も格段に進んでおり、人間の頭の中にある、時間の概念や記憶のメカニズムも、何れ解明出来るそうですよ。いや~、凄い時代になったもんです。尤も、今夏には、遺伝子編集した食品、じゃが芋やトマトに鶏肉、お米や鯛や卵などが、日本のスーパーの店頭に並ぶそうですから、此れから、何が起きても不思議じゃありませんぜ。

閑話休題、此れだけ脳の研究が進んでいると謂うのに、此のヒト達のおつむはどうなっているのか、理解に苦しむんですが、森友問題で、籠池元理事長が、財務省・国土交通省・会計監査院のヒアリングを受けたんですね。そうしましたら、其れらの省庁の官僚、「所用がある」「民間人とは同席出来ないし、籠池側の弁護士は知らない」と全員欠席ですって。多分連中、皆東大を出てると思うんですが、こんな大事な会議のアポイントを全員が忘れるだなんて、どうかしてるぜ!と謂うか、どんな頭の中身なんですかね!?籠池側は、首相夫妻の関与を主張していまして、あのねえ、こんなの、アベが暴走したに決まってますし、其れを隠蔽する為に、官僚達は出席出来なかっただけでしょ!

話は戻るんですが、昨日の会議で僕、女性スタッフ達の元気さと活発さに感心したと書きました。悠久の時を超えた偶然の一致と申しますか、古代エジプトの女性の記事が、ナショナルジオグラフィック誌に掲載されていたんです。古代の石碑を解読した最新の研究で、紀元前18世紀のエジプトの歴史が、詳しく解明されたそうなんですね。恐らく中近東に居たヒクソスと謂う武装集団が、当時の古代エジプトに殺到、首都メンフィスは陥落、エジプト王国は滅亡、国民は皆逃散しました。ところが其処に、テティシェリと謂う女性リーダーが颯爽と登場、国民をまとめ、定住の地を定め、ヒクソス軍に服従しながら、再起のチャンスを虎視眈々と窺っていたそうです。ありとあらゆるチャンスを余さず捉え、1世紀の時を掛け、テティシェリから3代続く女王を経て、見事にヒクソス軍をエジプトから追い出す事に成功、彼女達は皆、神として崇められたとか。

ううん、此処まで現在の日本が壊滅状態ですと、拙ブログでは再三再四述べてますが、従来の自民党の様な、旧態依然とした男尊女卑の利権構造の隠蔽体質では、お先真っ暗ですぜ。だって、赤字国債に原発、少子高齢化に年金、統計の隠蔽に経済格差、アメリカからの自立に拉致被害者の救済、北方領土に韓国との関係悪化、今までの政権では何1つ、解決出来てませんよね。となると、従来とは異なる組閣をするしかありません。

先ず、自民党の政治家は全員退場です。新内閣の少なくとも半分は女性。此れは必ずしも議員である必要はありません。女性実業家だって、女性の大学教授だって、有能ならば性差なんて、何の関係も無いでしょ。そして、高齢化社会なんですから、人生の先輩の知恵も借りるべきで、お歳を召した大臣が居たって良いじゃありませんか、有能ならば。バランスを取る為、若手の起業家も内閣に入れる必要がありますし、LGBTの方や、外人が居ても良いと思います。此の国を立て直すには、其れ位、ドラスティックな改革が必要、僕、そう思えてなりません。そして、新内閣には、医療や介護や福祉に精通した方を是非、入れて欲しいです。歴代の厚労大臣を見ましても、皆さん、優秀なのかもしれませんが、病院や施設での実務経験皆無な人達ばかりですもん。其れでどうして、医療の現場が分かるのか、僕、不思議でなりませんでした。例えば今の厚生労働大臣の根本サン、元々は建設省のOBでして、其れからは経済政策を主に取り組んだ方でして、大変失礼ですけれど、医療では無く、経済産業大臣とか、そちらの方が向いてると思うんですけど…。

とは謂え、例え国がどう傾こうと、僕達民間は自助努力で生き残らねばなりません。幸い当院は、若く優秀なスタッフ達が揃っていますし、よおし、今日も頑張るぞ~!!

☆  thank you , stan ☆

朝夕の冷え込みはまだまだキツいですけれど、皆様、週末は如何お過ごしでしたか!?僕、先週は割とストレスフルだったものですから、昨日はお昼から惰眠を貪りまして、其れにしても良く寝たなァ…。お蔭様で気分爽快、今週も一所懸命頑張るぞ~♡

さて、寝てばかりでは余りに時間が勿体無いですから、僕、映画に行って来ました。「キャプテンマーベル」、全世界を席巻する、マーベル社の作品でして、此のシリーズ、何と今回で21作目となります。僕、此のシリーズは全て、劇場で観ていまして、最初の「アイアンマン」が2008年の公開ですから、もう11年も付き合っている事になります。驚嘆すべき事に此のシリーズ、全く外れがありませんで、全て面白いのですけれど、今回の「キャプテンマーベル」も素晴らしい作品でした。原作は元々アメリカン・コミック、即ち漫画なのですけれど、此れ、1968年に描かれた物なんですね。其れを見事なまでにアップ・トゥ・デイト、リファインしていまして、現代の世相をきちんと捉え、洗練された傑作でした。

何とまァ、殆ど新人と謂っても良い女性監督を大抜擢、主役も脚本も音楽も女性なんです。将に女性賛歌と申しますか、コミカルな演出も冴え、シリアスな社会情勢も把握、巧みな脚本に、爽快感もたっぷり、そしてキャスティングも誠に国際色豊かでした。CGも凄かったなァ…。だって、俳優さんを25歳若返えさせると謂う、最新のデジタル技術を駆使してまして、此れだけでも一見の価値があるかもしれません。未見の方の為に詳しく書けないのが残念でならないんですが、今回のスーパーヒロインのキャプテンマーベルは、宇宙人と人類のハーフと謂う、究極のハイブリッドですもんねえ…。そうそう、猫ちゃんが出て来まして、グースと謂う可愛い子なんですが、彼女にも注目なんですよ、ニャ~♡

マーベル映画の特徴として、性別や肌の色や国籍なぞ何の関係も無く、個人や個性を尊重し、圧政者を嫌い、物事は明るく楽しく行こうぜ、と謂う主張が必ずあるんです。「もう男性主導とか、単一民族とか、古臭い固定観念は捨てようぜ!」と謂う明確なメッセージはひしひしと伝わりました。確かに其の通りと僕、劇場の暗闇の中で、思わず膝を打ちましたもの。

だってね、今、世界の国々で、お笑い芸人が政治家に転身するケースが頻発しています。スロベニアの首相、グアテマラの大統領、アイスランドの首都レイキャビクの市長、イタリアの政党「5つ星運動」の党首、アルメニアの首都エレバンの市長、そしてウクライナの大統領候補、此れらは皆、コメディアンの出身です。此れ、従来の価値観ではとても信じ難い事ですよね。

閑話休題、其れだけ世の中は変わりつつあるんですが、此処大分でも、外国人ばかりのバーがありますし、府内町と謂う処に、「楓」と謂う、中々美味しい焼き鳥屋さんがあるのですけれど、其処の大将はカナダ人の男性ですもんね。別府にはAPUと謂う大学があり、今まで147か国から留学生を受け入れており、毎年3000人の外国人が入学します。ですから、泉都別府は、既に国際都市なんですよね。此処の卒業生達は、日本や自らの母国のみならず、世界中で起業しています。そして僕、数年前の博多出張の際に、取引先の方と、警固と謂う街で飲んだんですが、其処のバーに入りましたら、此処は日本かと目を疑いました。英語に韓国語にスペイン語、中国語にドイツ語にフランス語が行き交い、多くの国々の男女が楽しくお酒を酌み交わしてまして、もう日本は、外国の方と共存共栄するしか道は無いと確信しましたもん。

先日、イギリスにあるストーンヘンジの廻りに建てられた、多くの祭祀場の発掘が行われたと。ストーンヘンジって、旧石器時代に造られましたから、凡そ5000年前の物なんですが、其の祭祀場の跡から、大量の豚の骨が出土したそうです。此の古代の豚の骨を精査した処、イギリスのあるブリトン島全域から連れて来られた事が分かったそうです。即ち、イギリス全土から異なる人種の人達が集い、豚を食べながら大宴会をしていた、と謂う訳なんですね。そんな大昔から、大規模な人的ネットワークがあった訳で、国境や人種で人を差別するのが、如何に愚かな事か、ストーンヘンジが教えてくれた気がします。実際、古代のイギリス人は、漆黒の肌に碧い眼だった事が既に分かっています。

こうして見ますと、トランプ大統領の主張する、メキシコとの国境に建てる長大な壁って、如何に世紀の愚策かと思いませんか!?この手の発想、中国の万里の長城が有名ですよね。でも、此の万里の長城って、世界遺産にはなりましたけれど、本来の目的である、異民族の侵入を防ぐと謂う意味では、全く無意味だったんです。幾度と無く壁は突破されちゃいまして、本当にお金の無駄でした。あのねえ、壁を超える側は、攻撃する日時も決められ、そしてどこか一点だけ攻める、或いは壊して乗り越えれば良い訳です。でも、守る側は、全ての壁を守らねばならず、防ぎようが無いんですよね。だって、万里の長城は凡そ6万㌔ですよ…。因みに、トランプが建てるメキシコの壁も4000㌔はあるそうですが、此処を24時間体制で警備するって、途方も無いお金が掛かり、実現不可能でしょう。其れより、そんなお金があれば、メキシコとアメリカの共存共栄を考えた方が、余程生産的です!

当院は、マーベル社の映画同様、やる気があって人柄が良ければ、職種にもよりますけれど、学歴人種国籍性別年齢、一切不問でありまして、何時だってウェルカムです♡我と思わん方は、ホームページをご覧になって、何時でもご連絡下さいませm(__)m。よおし、何だかやる気が出て来ました、今週も頑張るぞ~!

god of destruction

♪春の夕べの 手枕に しっぽりと降る 軒の雨 濡れてほころぶ 山桜 花が取り持つ 縁かいな♪、そろそろお花見のシーズンですよね❀でも、此処大分は、九州だと謂うのに、今朝なんて気温1度ですよ。う~、ブルブル、風邪を引かない様に気を付けなくちゃ。

其れにしても、九州の寒さ同様、此の国は冷え切ってしまったと申しますか、モラルハザードは、もう如何しようも無いのかと、暗澹たる気持ちになります。だってね、今生天皇陛下に提出した、「昭和天皇実録」に、何と5000か所以上のミスがあったとか。此れ、一般の書店でも入手出来まして、僕、買おうか迷ったんですが、何せ全19巻の大著でしょ、泣く泣く諦めました。其れは兎も角、第一級の歴史的資料であり、天皇皇后両陛下に献上するってのに、そんなミスだらけって、幾ら何でも酷過ぎませんか。

そして、日本政府の傲慢さ、独裁政治はちっとも止まりません。度重なる経済データの改竄、森友も加計も、何時の間にやら有耶無耶で、本当の事を決して謂いませんでしょ。其れを正すのがマスコミの役目と思うのですけれど、先日の国会では、NHKが余りに与党寄りの偏向報道だと問い詰められてましたっけ。昨夜かな、新聞記者や野党議員達が、首相官邸前で、報道の自由を訴える集会を開いてましたもんね。日本国民全員が、本当の事を知りたがっているのに、其れをひたすら隠しますもんね。

そうそう、此れも酷いなァと思ったのが、福島のメルトダウンで故郷を離れた人達って、未だ5万人以上いらっしゃるんですって。本当に可哀相で、心から同情しますし、募金をしなくては。でね、其の人達にアンケートを取った処、「政府は何も意見を聞いてくれない」「自分達の意向は無視されている」が、71㌫にも達したとか。沖縄の県民投票然り、此れ程民意を無視する政権なんて、1日も早く倒すべき、僕、そう信じて止みません。

でね、現政権の経済政策も滅茶苦茶なんですよ。もうねえ、世紀の愚策と思うのですけれど、全国一律で、業種別の最低賃金を定めるんだとか。あのねえ、沖縄の離島の会社員も、都心の一等地の一部上場のサラリーマンも、最低賃金が一緒だなんて、そんな無理無体な事を謂われても…。物価に地代に家賃、何から何まで違うじゃありませんか。其れで僕、思い出したんですが、一昨年だったかな、都内の人形町の居酒屋に入りまして、先ずは生ビールの小と枝豆を美味しく頂き、さてお次は何を頼もうかとメニューを見たら、鰯の塩焼きが980円ですぜ。流石に驚き、偶々お隣の人が鰯の塩焼きを取ってましたから、こっそり見たら、貧相な痩せた鰯が3匹でした。あのねえ、大分の佐伯なら、新鮮で太った鰯の30匹入りが、1000円しませんもの。此れだけの差がある訳で、住宅に至っては、都内でマンションを買うなら、相当な額でしょ。何から何まで大違いな訳で、其れで賃金を一緒にしろって、地方の中小企業は皆、倒産で夜逃げですよ。もう此の国を立て直すには、一度全てを壊し、其処から再生するしか無いのかもしれませんね…。

閑話休題、唐突ですが僕、神話が大好きなんです♡でね、面白い事に気付いたんですが、世界各地の神話には殆ど、破壊神と地母神が登場します。どちらも読んで字の如し、なんですが、破壊の神も、地母の神も、共に女性なんですよね。ヒンズー教のカーリー、彼女は、3つの眼に4つの手に武器を携え、一旦踊り出すと大地が震撼、大地震を巻き起こします。エジプト神話のセクメト、彼女は、ライオンの頭を持ち、頭上には巨大な円盤があり、口から火を噴き、全てを焼き尽くすと謂う、何だかゴジラみたい…。アイルランドのモリガン、彼女はどんな姿にも変身出来、戦いの際には真っ赤な馬に戦車を弾かせ、其れに跨り、2つの槍を振り回し、敵を皆殺しにします。又、彼女と結ばれた男性は、絶大なパワーを得られるのですが、万が一浮気をしたり、別れたりしたら、全身の血を抜かれ、両手両足を斬られ、目を潰されるんだとか。ヒエエ…、いっそ殺して欲しいですよね…。そして、象徴的だなァと感じますのが、古代マヤのイシュ・チェルなんです。彼女を怒らせると、直ぐに大洪水を起こすと謂う、困った神様なんですが、其の一面、出産を司る神でもあるんですね。現代の神話とも謂うべき、世界一売れているマーベル社の映画シリーズでも、今日公開の「キャプテン・マーベル」では、スーパー・ヒロインが地球の危機を救います。

此の国の惨状を招いたのって、議員と官僚の連中、しかも皆、男性でしょ。ならば、破壊神であり地母神である、女性にしか、日本を救えないんじゃないかなァ。ドイツや台湾やスコットランド、イギリス・ノルウェー・ニュージーランドでは既に、女性総理や大統領ですもんね。でね、僕、此の方を、日本初の女性総理にどうかと思うのですけれど、其れは篠原欣子さんと謂う人なんですね。篠原さんは今年で85歳になられるんですが、お写真を拝見しても、とても其のお歳には見えず、お若く溌剌、颯爽とされています。さて、篠原さんは高校卒業後、三菱重工に入社、結婚して退社するも直ぐに離婚、そして、スイス・イギリスに4年間留学、オーストラリアで社長秘書として働きます。帰国後、人材派遣会社テンプスタッフを起業、大変な苦労を重ねながら、一部上場を果たしました。何と、アメリカの経済誌、フォーチュンから、12年連続で「世界最強の女性経営者」に選ばれたと謂う、超一流の経営者なんです。しかもね、ご自身の持つ莫大な資産を、財団に全額寄付したんです。其の財団は、福祉系の資格取得を目指す若者達に奨学金を出すと謂う物でして、うう~ん、篠原さん、経営者としてだけでは無く、人格者でもあるんですねえ。改めて尊敬します。どうでしょう、此の方を総理にして、ダメな男性議員や官僚どもを追放すれば、此の国はもっと住みやすくなるかもしれませんよ!?

さて、此れからお天気は段々と下り坂の様ですが、皆様、素敵な週末をお過ごし下さいませm(__)m。僕、先に触れました、「キャプテン・マーベル」を観に行って来ます。其れでは、来週月曜日まで、暫しの間、ごきげんようさようなら(^.^)/~~~

唇歯輔車

国も、お星様や生き物と同様、寿命があるんだなァと、しみじみ思います。先日、エジプトで、アレクサンドロス大王の時代の、紀元前の巨大な遺跡が発掘されました。北米ではピラミッドが、南米では古代マヤの要塞や、多数の祭礼品が発見されました。何れも、其の地では権勢を揮い、栄華の極致だったんでしょう。でも、夏草や 兵どもが 夢の跡、どの国も、泡沫の幻の様に、忽然と消えてしまった訳です。中国では、殷周秦漢に始まり、群雄達が黄土の地の覇権を争い、幾つの国が生まれ、消えて行った事か…。我が国だって同様でありまして、源平の争いから、北条足利織田豊臣、そして徳川も滅び、現在に至る訳です。我やさき人やさき、何だかメランコリックな気持ちになったんですが、実は昨日、僕の亡父の命日でして、お寺でお経を唱えて頂きました。

さて、断末魔の苦しみと申しますか、イギリスが今、揺れに揺れています。メイ首相の離脱案は、議会で大差で拒否されまして、3月29日がEU離脱の期限なんですが、イギリス側は、土下座してでも延期して貰うしか無いでしょうねェ。だって、もし、合意無き離脱が決まれば、多額な関税が掛かり、経済は壊滅的な打撃でしょう。ですから、ソニーも日産もBMWも、イギリスの工場を閉鎖し、EU圏内に移してますもんね。経済のみならず、人的交流も激減するでしょうし、スコットランド・アイルランド・ウェールズの分離独立と謂う、時限爆弾も抱えています。

此処で少し、歴史のおさらいをしますと、イギリスを造ったのはアングロサクソンと呼ばれる人達でした。実は彼らって、元々はゲルマン人でして、ドイツに居たんですね。ところが、追い出されたのか嫌われたのか、余りに古代で理由は分からないのですけれど、ドイツを出て、ブリテン島に渡るんです。其処には、スコットランドやウェールズやアイルランドの人達、所謂ケルト人が住んでいたんですが、アングロサクソン人が征服すると。此れがイギリスの始まりです。そして、同じ手法を地球上で展開、侵略と策謀を繰り返し、大英帝国は世界中に植民地を持つ訳です。でもねえ、因果応報と申しますか、身から出た錆でありまして、そんな無茶苦茶をしていて、上手く行く筈が無いんですよ。第二次世界大戦後、かっての植民地は皆独立、そして今、スコットランド等も分離独立を虎視眈々と狙ってますから、身ぐるみ剥がれてすってんてん、最悪のシナリオでは、四国程度の面積の、イングランドと謂う形で残りそうです。

でね、最後の大博打と申しますか、凄い事を思い付きまして、僕、呆れるを通り越して、哀れになりました。「アングロソフィア」なる構想が、イギリス政界で巷間囁かれているそうなんですよ。各界の有識者達も其れを訴えているんですが、此の「アングロソフィア」、どういう事かと申しますと、イギリスのかっての植民地、オーストラリアやカナダ、ニュージーランド等の英語圏の国々を統合しようと謂う案だそうです。いや~、はっきり書きます。妄想です。イングランドは、移民反対を掲げ、EU離脱を決めた訳でしょ。カナダもオーストラリアも、移民大国なんですけど…。しかも、統合するったって、余りに距離が離れ過ぎですよ。大体ね、今、かっての植民地だった処は、国名や国旗を変えようと謂うブームが起きてますでしょ。スペインやアメリカの植民地だったフィリピンは、マハルリカに変更すると大統領が発表、何れ国民投票になりそうです。イギリスの植民地だったクック諸島も、ポリネシア文化を象徴する名前に変えるとか。ニュージーランドでは、かってのイギリス統治を思わせる国旗を変更しようと謂う動きが、今尚燻っています。こんな状況下で、かっての植民地の国々が、宗主国のイギリスに背中を向けているのに、愁波を送ったって、上手く行く筈がありませんぜ。何だか、昔の彼女と別れて随分経つのに、今更連絡して来て、「もう1度やり直さないか…」って、こんな情けない男、一番嫌われると思うんですけど…。

人間、窮地に立った時、其の本性が出ますけれど、今のイギリスの姿って、余りに無様で、見てられませんねえ…。赤っ恥でカッコ悪いですが、頭を下げて、EUに戻るのがベストと思いますが、プライドが高過ぎて、其れも無理なんでしょう。たけき者もついには滅びぬ、ひとえに風の前の塵に同じ、僕達は今、日の沈む事が無いと謂われた、世界に冠たる大英帝国が消え行く姿を見ている事になります。

大体ね、移民を全て排除だなんて、此れだけグローバルでボーダーレスの時代に、とても無理でしょうに。イギリスのお偉いさん達、まるで現実が見えてないんですねえ。此れからはハイブリッド、即ち、様々な人種が同じ国の中で、共存共栄して行くしかありません。勿論、様々な問題や摩擦もあるでしょう。だって、どんな仲の良いカップルだって、所詮は他人、大喧嘩する事だってある訳ですから、文化や慣習や言語が異なる異国の人と、最初から仲良くなれる筈がありません。其の溝を、コミュニケーションを重ねながら、徐々に埋めて行くのが大人ってもんでしょ!?

今、日本に居る外国人留学生って、年々歳々増え続け、24万人に達したそうです。其の内6割、15万人が、日本で就職を希望しているんだとか。近年は、ウズベキスタンやネパール、インドネシアやベトナム人大学生も急増しているそうです。特にウズベキスタンなんて、国の高官の殆どが、日本留学経験者だそうですよ。今年の2月、台湾の首都台北で開かれた、日本企業の就活イベントには、400人近い、大学生や院生が集まったとか。僕、其の記事を見ましたけれど、皆さん超一流の大学卒でして、日本語・中国語・英語がペラペラでした。此れはパーソナルな思い出ですけれど、僕の大学院の恩師の先生は、台湾の方でして、随分お世話になったんですが、彼の紹介で、台湾人留学生達とも、お付き合いさせて貰ったんです。皆さん、とても優秀でしたもの。そして去年、ソウルで開かれた日本企業の就職説明会には、2000人を超える大学生が集まったそうです。台北でもソウルでも、食品に観光、鉄鋼に物流、商社にIT、本当に多岐に渡る会社が、優秀な外国人の若者を獲得しようと、躍起になっていました。此れから、少子高齢化で縮むばかりの我が国は、そうした若者達の力がどうしても必要です。日本の若者達は勿論の事、アジア全域の若者達が協力し合い、此の国を再生してくれたら、こんな素晴らしい事はないですよね!
プロフィール

しもごおり

Author:しもごおり
OSHブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR